グルメ

豊洲市場グルメ:飲食店に一般人でも入れるのはいつ?営業日や店舗の場所をMAPで確認

2018年10月11日(木)に築地市場から移転し、開場となった豊洲市場。これまで築地市場の場内で営業していた飲食店や物販店も豊洲市場の敷地内へと移転しました!

豊洲市場の飲食店はいつから一般人も利用できるのか、そもそも飲食店は場内のどの場所にあるのか、知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで、豊洲市場場内の飲食店情報をまとめました!

お店の配置図はツーリズムEXPO Japan 2018で江東区のブースに貼り出して公表していましたよ♪新たにオープンする新店もいくつかあるので、要チェックです(^^)

(開店準備中の飲食店舗)

豊洲市場内の飲食店は10/13から一般人の利用可能

気になる飲食店の利用ですが、一般人が豊洲市場内の飲食店を利用できる時間帯は5時〜17時となります。朝から豊洲市場でおいしいものを食べられます!
(お店の営業時間は各店ごとに異なる)

同じく、豊洲市場のなかの専門店街「豊洲市場内プロショップ 魚がし横丁」も一般利用が可能になりました。気になる方はこちらもチェックしてみてください。

(水産仲卸売場棟の3階からエスカレーターで4階に上がると「魚がし横丁」)

見学可能日や飲食店の営業日、お休みの日についてはこちらを御覧ください。↓

豊洲市場内 飲食店の場所

飲食店は1ヵ所にまとまっているわけではなく、大きくわけて3つ棟(水産仲卸売場棟、管理棟、青果棟)にわかれています

それでは、それぞれの棟をご紹介していきますね!

【水産仲卸売場棟】3階 関連飲食店舗エリア

飲食店がいちばん多いのが6街区にある水産仲卸売場棟の3階です。豊洲市場のマップには「関連飲食店舗」と表記されているエリアです。なお、牛丼の吉野家もこのエリアになります。

※掲載順は時計回り

  • 山はら(寿司)
  • 仲家(和食)
  • 鳥藤(親子丼)
  • ふぢの(中華)
  • 中栄(インドカレー)
  • 米花(うなぎ)
  • 高はし(あんこう)
  • 吉野家(牛丼)
  • 福せん(うなぎ)
  • 小田安(とんかつ)
  • 寿司大(寿司)
  • 禄明軒(洋食)
  • 晶(寿司)
  • 岩佐寿司(寿司)
  • センリ軒(コーヒー喫茶)
  • 岩田(コーヒー喫茶)
  • 鮨文(寿司)
  • 弁富(寿司)
  • 伊勢(寿司)
  • 大江戸(海鮮丼)
  • 磯寿司(寿司)
  • 粋のや(和食)

管理棟 3階

7街区にある管理棟の3階には13店舗の飲食店が店を構えています。入口はゆりかもめ・市場前駅方面。そこから入ると、ズラーッとお店が並んでいます!

  • 丼匠(和食・海鮮丼)
  • トミーナ(ピザ)
  • 八千代(とんかつ)
  • 木村家(コーヒー喫茶)
  • やじ満(中華)
  • 愛養(天ぷら)
  • 茂助(だんご)
  • 銀座鮨正(寿司)
  • 龍寿司(寿司)
  • すし処おかめ(寿司)
  • 神楽寿司(寿司)
  • 市場すし(寿司)
  • すし処やまざき(寿司)

 

青果棟 1階

5街区の青果棟1階は飲食店の数が少ないものの、ゆりかもめ・市場前駅に最も近い位置にありますので足を運びやすいです。ちなみに、青果棟の中にお店があるのではなく、外に面した場所にあります。つまり、直接お店に入ることが可能です。

↓の配置図では上がゆりかもめ側になります。

  • 大和寿司(寿司)
  • 富士見屋(日本そば)
  • 天房(てんぷら和食)

豊洲市場には一般人用の駐輪場・駐車場はありません

豊洲市場には築地市場と同じく、一般人用の駐輪場や駐車場はありません。

業者さんが取引する場なので、当然といえば当然なのですが、もし車で豊洲市場を訪れる場合には近隣のコインパーキングを利用すると良いでしょう。

また、ゆりかもめ(市場前駅)や、都営バスを利用してのアクセスも可能です。

ということで、10月13日(土)からは一般の方も食べられる豊洲市場グルメ。ぜひ、新しくなった各お店をのぞいてみてくださいね!