ニュース

豊洲市場にシェアサイクルポートができた!あの赤いシェア自転車が豊洲市場で乗車・返却可能

江東区臨海部コミュニティサイクルのシェア自転車が2019年4月3日(水)より、ついに「豊洲市場」でも使えるようになりました!

全国で展開し東京23区内では11区で共通して使えるシェアサイクル(4/3現在、練馬区は共通利用不可)。赤い色をした電動アシスト付き自転車で、ポートに停めてある専用自転車をスマホやSuicaなどのICカードでタッチして借り、また共通のポートではどこででも乗り捨てできます。

豊洲では利用者数が多いことからよく知られているサービスですよね。なお、江東区は江東区臨海部コミュニティサイクルという名前でサービスが提供されています。

シェアサイクルの料金は30分につき150円。そのほか、1日乗り放題で1,500円、また月極のプランもあります。

待望のシェアサイクルポートが豊洲市場に誕生!

そんなシェアサイクルですが2019年4月3日、ついに豊洲市場にポートがオープン!豊洲市場にポートが設置され、シェアサイクルを借りたり、ここに返却できるようになりました。

豊洲市場に新たにオープンしたポートは7街区の一角。管理理施設棟の入口下、ゆりかもめ市場前駅からすぐの場所です。

49台を対象にしたラックが設置。

■H1-22.豊洲市場(7街区):49ラック
■住所:東京都江東区豊洲6-6
■オープン日時:2019年4月3日(水)17:00(予定)

49台とはいえ、おそらく多方面からここへ自転車が集中するでしょうから、実際には100台くらいの自転車が豊洲市場に集まるのではないかと予想。あくまでも予想です(笑)

より自転車で豊洲市場へ行きやすく!

これまで、豊洲市場に最も近いポートは「マギーズ東京」でした。つい先日も利用しましたが、明らかにラックの許容数を超える台数が停められており、この周辺での需要はめちゃくちゃ高いんだろうなと思いました。

きっと、1日に何万人も訪れる豊洲市場はポートの数が1ヵ所だと足りないでしょう。しかしながら、こうして豊洲市場にポートが誕生したのは喜ばしいこと\(^o^)/

ポートがオープンした4月3日(水)の17時すぎに訪れてみると、しっかり稼働していました!

これからはシェアサイクルを使って豊洲市場へ行けますよ!

この情報は@Tubist_Tubbyさんのツイートを見て知りました。ありがとうございます!

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事