観光

【豊洲 千客万来】足湯・日帰り温泉のある万葉倶楽部、フロアマップと写真でご案内します

ページに含まれる広告から収益を得ることがあります

豊洲市場の場外施設として2024年2月1日にグランドオープンする「豊洲 千客万来(とよす せんきゃくばんらい)」に行ってきました。

豊洲 千客万来とは、下記の2つの棟をあわせた施設全体の総称です。

豊洲 千客万来

【温浴棟】「東京豊洲 万葉倶楽部」:
日帰り温泉や無料の足湯、宿泊できるホテル(万葉の湯)

【食楽棟】「豊洲場外 江戸前市場」:
江戸の街並みを再現したエリアで食事・お土産が買える

紆余曲折ありましたが、開場から5年が経過した豊洲市場がこれでようやく完成!

グランドオープンを前に1月30日開催のプレオープン(内覧会)に参加したところ、公式サイトではわからない細かい情報をたくさん把握することができましたので記事にまとめます。

足湯の場所や、館内で食べるところも網羅しています。

この記事では東京豊洲 万葉倶楽部を解説

日帰り温泉や足湯を利用しに訪れる方々がたくさんいらっしゃるだろうとの予想から、まず今回は東京豊洲 万葉倶楽部だけを解説していきますね。

写真をたくさんご覧になりたい場合には、③【各場所を写真たっぷりで紹介】へ飛んでください!

基本情報

日帰り入浴:料金

東京豊洲 万葉倶楽部の日帰り入浴は、大人・子供・幼児・3歳未満の区分で料金が設定されています。

たとえば大人のセット料金は3,850円

3,850円で10:00〜翌3:00まで17時間も滞在できます!

そのほか延長料金や深夜料金、朝風呂料金、貸切風呂はこちらの別記事で解説していますのでご覧ください↓

大人3,850円!万葉倶楽部「豊洲 千客万来」の”日帰り温泉”料金 出店テナントは約70店2024年2月1日、万葉倶楽部は豊洲市場の場外に「豊洲 千客万来(とよす せんきゃくばんらい)」が開業しました! 同施設の中には、...

施設は24時間営業ですが、3:00〜6:00は大浴場の清掃のため大浴場には入れません。

足湯は2つ:場所・利用時間

足湯も楽しみのひとつ。屋上の「展望足湯庭園」と8階の「千客万来足湯庭園」があり、8階の足湯は誰でも無料で利用可能です!カフェ・レストランも併設。

屋上 展望足湯庭園
360度パノラマ

万葉倶楽部の利用客のみ
6:00〜翌3:00
8階 千客万来足湯庭園
東京湾ビュー
無料で誰でも利用可

10:00〜20:00

 

東京豊洲 万葉倶楽部の場所

簡単にいうと「豊洲市場」のすぐ横。

具体的なアクセス方法は、ゆりかもめ・「市場前駅」から徒歩すぐです。

 

 

全体フロアマップ

フロアマップは内覧会資料 Ver.2 2024.01より。

 

逆引きマップ

2種類の足湯は・・・

屋上 万葉倶楽部 展望足湯庭園 360度パノラマ
(万葉倶楽部の利用客のみ)
6:00〜翌3:00
8階 千客万来 展望足湯庭園 東京湾ビュー
(誰でも無料で利用可)
10:00〜20:00

基本情報のところにも掲載しましたが、もう一度載せておきますね。

2つある足湯。どちらも温浴棟の東京豊洲 万葉倶楽部にあるエレベーターで行きます。

360度パノラマの足湯は万葉倶楽部に入浴する客のみが行くことができ、7階で入館したあと9階から階段で屋上へと上がることになります(屋上はタオル無料)。

無料で誰でも利用できる足湯8階です(タオルは有料で提供)。

 

フロントは・・・

7階 フロント・日帰り入浴会計・宿泊ロビー

 

大浴場・更衣室・パウダールームは・・・

6階 男性浴場(露天風呂・内風呂・サウナ2種類)
6階 女性浴場(露天風呂・内風呂・サウナ3種類・ミスト)

大浴場は6階。露天風呂は絶景と言わざるを得ないほどの贅沢な造り。サウナもしっかり完備しています。

洗い場は男湯が30台、女湯が53台もあり、余裕をもって髪や体を洗うことができます。また、使えるシャンプーは4〜5種類あり、異なるメーカーのシャンプーやボディソープが置いてありますので洗い場をよくチェックしてみてください。

更衣室のロッカー数は、数えるのが嫌になるほどの多さ・・・!とても多いです。

 

家族風呂(貸し切り)は・・・

4階 家族風呂
3階 家族風呂

家族風呂は個室タイプになっている時間制の貸切風呂。人数に関わらず1時間4,500円の料金で利用できます。日帰り入浴でも宿泊でも上記の料金で利用可。個室内にはトイレやパウダールームも完備しています。

 

リラックスルーム(無料休憩所)は・・・

5階 憩い処
4階 リラックスルーム 女性専用
3階 リラックスルーム 男女共用(プレミアムルーム内)
3階 リラックスルーム 男女共用
2階 リラックスルーム 男女共用(マンガ1万冊読み放題)

リラックスルームのリクライニングチェアは、国内最大級の数を完備。余程の混雑がない限りは安心して利用できそうです。4階には女性専用のリラックスルーム、また、2階にはマンガ1万冊を好きなだけ読める男女共用のリラックスルームがあります。

 

食べるところは・・・

8階 Cafe six ※無料エリア
8階 スカイダイニング ※無料エリア
5階 憩い処
・オールタイムビュッフェ
・パスタ、ローストビーフなど単品メニュー
・ドリンクバー/アルコール飲み放題
11:30〜22:00
5階 万葉庵
・居酒屋メニュー・丼・カレー・ラーメンなど
11:30〜23:00(L.O.22:00)

Cafe sixとスカイダイニングは万葉倶楽部の温浴棟8階にありますが、万葉倶楽部へのチェックインは不要で無料で入ることができます(飲食料金はもちろんかかります)。

 

岩盤浴エリア「心石庵(ここちあん)」は・・・

7階 3種類の岩盤浴
  • 朱(あか) ※女性専用
  • 碧(あお)
  • 空(そら) ※プレミア会員専用

 

キッズルーム・ゲームコーナーは・・・

7階 キッズルーム
7階 ゲームコーナー

 

駐車場・駐輪場は・・・

1階 東京豊洲 万葉倶楽部 専用駐車場
1階 豊洲 千客万来 駐車場
1階 駐輪場(晴海通り沿い)
1階 駐輪場(旧 江戸前場下町横)

 

たくさんの写真で東京豊洲 万葉倶楽部を案内します

さて、施設全体は規模が大きく、お世辞抜きで充実した施設になっていますよ!

内覧会では開催時間(10時〜18時)を最初から最後まで使い切ってたっぷり取材。

帰宅後1,000枚を超える写真を見たときに死ぬかと思いましたが、一晩かけてようやく整理し終えたので、東京豊洲 万葉倶楽部のようすがわかる写真を厳選して載せておきますね。

2つの「足湯」への行き方

2つの足湯は大浴場と同じく温浴棟「東京豊洲 万葉倶楽部」の建物にあります。まず写真奥にある万葉倶楽部を目指しましょう。
途中には美味しいものや楽しそうなものがいっぱい!
↑の建物内に入って、右手へ進むと万葉倶楽部(万葉の湯)です
↑足湯やフロントへのエレベーターはここです。誰でも無料で利用可な足湯「千客万来足湯庭園」は8階です。

展望足湯庭園
360度パノラマ(万葉倶楽部の利用客のみ)
屋上 6:00〜翌3:00

千客万来足湯庭園
東京湾ビュー(無料で誰でも利用可
8F 10:00〜20:00

 

エレベーターに乗る前に、足湯の混雑状況がリアルタイムわかるのはありがたい。人数までわかる!8階まで上がったのに大混雑で足湯に入れずガッカリ、を未然に防ぐことができますね。
8階の千客万来足湯庭園。誰でも利用可。
自宅からタオルを持参するのがおすすめ。忘れても自販機で有料販売しています。
タオルは200円で販売
8階にはカフェ「cafe six」・レストラン「スカイレストラン」を併設。電源コンセントも完備しているので、ここで充電もできますよ。
カフェでは美味しそうなスイーツもいただけます。
一方で、屋上の「展望足湯庭園」(360度パノラマ足湯)へは、万葉倶楽部の日帰り入浴客もしくは宿泊客だけが行けます。日帰り入浴や宿泊の受付は、7階のフロントで。
ここで靴を脱ぎ、靴用のトートバッグに靴を入れて館内を歩くことになります。
7階→9階へとエレベーターで移動し、屋上へは階段を歩いてあがります。展望足湯庭園(360度パノラマ)の利用時間は6:00〜翌3:00まで!
なんとも贅沢な眺め。
湾岸エリアのあちこちをぐるっと見ることができる足湯はここだけです。
これはずっと見ていられる・・・!
寒くても安心。上着のレンタル無料。
無料でタオルが使えて素晴らしい!
ここに足湯を作ってくれて、本当にありがとうございます!

【7階】フロント・キッズコーナー・ゲームコーナー

さて、シーンをいったん7階のフロント階に戻しますね。大浴場の利用受付をしたら、リストバンド型のICを使って館内での飲食や買い物を決済できます。合計金額を退館時にこちらの精算機で支払って退館です。
日帰り温泉の利用はセット料金のなかに館内着のレンタルが含まれています。浴衣と帯のほか、動きやすい作務衣も。
入館後にラウンジから広がる景色。シャッターを切らずにいられません!
左奥へと進むと、ゲームコーナー。リストバンド型のICでコインを購入し、そのコインでゲームを楽しめます。1コイン=100円。
ここだけで撮れる、東京豊洲 万葉倶楽部のプリント写真マシンも。
ゲームコーナーのさらに奥にあるキッズルーム。す、すげぇ・・・!
子どもたちにとってのパラダイスです!
トランポリンとか絶対に楽しい。
お土産コーナーも7階フロントのフロアにあります。東京ミルクチーズ工場がお出迎え。
岩盤浴エリア「心石庵(ここちあん)」は7階に。3種類の岩盤浴「朱(あか)」※女性専用、「碧(あお)」、空(そら)※プレミア会員専用、がそれぞれあります。
デトックスウォーターや各種飲み物も。
バランスサロン(骨盤ストレッチ)やヨガも。7階だけでもコンテンツ数すごい。
貴重品ロッカーもあるよ。

【6階】大浴場

大浴場で入浴するには、まず着替えないとですね。6階に移動しましょう。下がるだけなので、エレベーターを待つよりも階段で降りた方が早いかな。更衣室は大浴場と同じ6階です。
正面から左が男湯、右が女湯。
ロッカーの数がどこかのサーバールーム並みにすごい。
このロッカーが満杯になることはあるのでしょうか・・・!?そのくらい多いのです!
お風呂に入る前から仰天です。迷子にならないようロッカーナンバーを記したマップがあるほど。
男湯も。(この日は内覧会なので、男湯も女湯も関係なくどちらも自由に見学できました)
女湯のドライヤーはReFa。
careriseのドライヤーもあります。
男湯はNobbyのドライヤーがありました。
女湯は照明つきのミラー。
女湯のアメニティの一例。
男湯のミラーには照明なし。
男湯のアメニティー。
タオルが大量に置かれていて、使い放題。更衣室にはトイレもあります。
先に写真を貼っておきますが、入浴後に飲みたくなる瓶の牛乳やコーヒー牛乳は自販機でしっかり販売(190円)。
女湯の内湯。
女湯の寝湯。ごろんとしながら晴海フラッグを眺められます。
ナノサイズの温かいミストが身体を優しく包み込むナノクラ(ナノミスト&マイクロクラウド)。遊園地にあるジェットコースターのようにこの中に座ります。この細かいミストが出るお風呂は女湯だけ。
そして、露天風呂がこちら!正面はガラスで、天井近くだけが開いているタイプの露天。
もうひとつ。奥へと進むと2つめの露天風呂があります。(正面奥が開いていますが、内覧会のため。通常は閉まっています)
開放感すごい!
正面は晴海フラッグ。
そして、サウナですね!女湯には、塩サウナ、ナノミストサウナ、ドライサウナの3つのサウナが!手前に見えるのは水風呂です。
女湯の塩サウナ。
女湯のナノミストサウナ。
女湯のドライサウナ。
女湯の水風呂。温度計が示している水温は11〜12度くらい。
ごろ寝ができるバスベッド。
ロッカー数もすごかったですが、洗い場もすごい。女湯の洗い場はなんと53台。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープは、なんと5種類もある!洗い場で確認してみてくださいね。minakaは万葉倶楽部オリジナル。
リーブル アロエ。
Kracie。メイク落としも。
コーセー。
POLA。
子ども用の小型湯船や、小さくてかわいい桶とイスもあります。
浴室と同じ室内にトイレがあるのはけっこう珍しいですね。
あかすりも女湯・男湯両方にあります。
シャワーキャップやヘアゴム、歯ブラシが洗い場に置かれているのも実用的ですね。
続いて、男湯を見ていきます。更衣室は男湯とほとんど同じなので省略します。
男湯の内風呂。もしかしたら、男湯の方が外からの日光が入りやすくて明るいかもしれません。手前は高濃度ナノ炭酸泉。
男湯の寝湯。
すっかり夕日が差し込んでくる時間で、こんな感じ。
男湯の洗い場は30台。こちらもさまざまなメーカーのシャンプーなどが用意されていますよ。
男湯の露天風呂へ。横方向への幅の広い露天風呂ですね!対岸から見えないか気になる方もいらっしゃると思いますが、ガラスはすりガラスのようになっていて腰より下はギリギリ見えない(と願っています)。
控えめに言って、東京豊洲 万葉倶楽部は都内で一番の露天風呂なのではないでしょうか。夕陽の時間帯は一段と美しい!
露天風呂は箱根湯本温泉を使用。お湯の温度は40度を差していました。
男湯の露天風呂は、最もレインボーブリッジ側にごろ寝ベッド。一番左は開放感がさらにあって、特等席になるかも。
男湯のドライサウナ。4段もあって横幅もそこそこ広く、20名は利用できそう。
そうそう。毎時00分には自動ロウリュで高温サウナに。
男湯にも塩サウナがあります。
男湯の水風呂。通常の温度とは違うかもしれませんが、この日は13〜14度ほどでした。すぐ外のごろ寝ベッドへとアクセス可能。
無料の飲料水は男湯・女湯どちらにもあります。
子ども用のお風呂用具は男湯にも。
続いて、場所を変えて3階と4階にそれぞれある「家族風呂」をご紹介。今回は4階の401〜404の家族風呂へ。
日帰り入浴でも宿泊での利用でも、別途料金4,500円(1時間)を支払うことで人数に関係なくいずれかの家族風呂(個室)を貸し切って入浴できます。
家族風呂のなかにはトイレや洗面台を完備。
湯船は各部屋で異なります。401(やまぶき)はこんな感じ。
402(あかね)はハート型!?
403(えどむらさき)
404(わかみどり)
もちろん、家族風呂も温泉ですよ!

 

【4階】女性専用リラックスルーム

まずは4階にある女性専用のリラックスルームから。窓はないものの、ゆっくり過ごせそう。
オットマン付きのリクライニングチェアがずらり。
テレビ、読書灯、電源コンセント、USB Type-A、USB Type-Cつき。
湯冷め防止にタオルケットがあるのも嬉しいですね。

 

【3階】リラックスルーム

(窓のあるリラックスルーム)
こちらもリクライニングチェアに、テレビ、電源コンセント、USB Type-A、Type-Cがあります。
また、同じ3階には別にリラックスルームが。
外光が入らないので、夏場は暑くなさそうですね。

 

【2階】マンガ読み放題リラックスルーム

2階にあるリラックスルームは広々していて、さらにマンガが1万冊も!
Webでマンガ本の検索もできます。どのマンガが読めるのかスマホで調べられるのは便利ですね。
こちらもリクライニングチェアに、テレビ、電源コンセント、USB Type-A、Type-C付き。
ぜひ調べてほしい、とご質問をいただいていたので調べてみました。リラックスルームの各テレビはTOKYO MX(091・093)もしっかり映りますよ!

 

【9階】ラグジュアリールーム

カード会員「万葉プレミアム倶楽部」の上級クラスになると入室が可能になるラグジュアリールーム。東京豊洲 万葉倶楽部は9階にあります。
ラグジュアリールーム。奥にはフリーのドリンクも。
ラグジュアリールームから見た景色。
ラグジュアリールームの奥には素敵なバーがあります。
上級会員の方々はここで快適な時間を過ごせそう。
ラグジュアリールームの利用客向けの専用リラックスルームもあります。
専用リラックスルームは隣とカーテンで仕切られていて、よりのびのびとリラックスできます。
あと、「貸し部屋」なるものがありまして、他人の目を気にせず過ごせるお部屋が5部屋ほど。
ラグジュアリーな会議にぴったりな部屋もこのとおり。
一番奥には、ラグジュアリーな鉄板焼きがいただけそうな和食レストランも。

 

いいなと思った居酒屋が2階に

フロントのある2階にこんな感じで雰囲気の良い居酒屋「米三角」さんがありました。
絶品看板メニューと称して、各888円でいただけるメニューたち!
豊富な料理とお酒。
いぶりかっことか、溝付とか、お刺身もいただけます。
六白黒豚のトロトロ煮。
本日のこぼれ海鮮おむすび。え、おむすび・・・!?
あ、絶対に美味しいやつ!
プレミアムなお酒をオーダーすると、数万円する切子で飲めるとのこと!中には9万円を超えるものも。
米三角は2階の最も運河側にあります。万葉倶楽部入口のすぐ隣。

 

すごいぞ!東京豊洲 万葉倶楽部

あちこち全部を載せようと思ったのですが、ここでいろいろな意味で限界。

飲食棟の「豊洲場外 江戸前市場」も見て回っていたので、内覧会の時間を目一杯使っても回りきれませんでした(汗)

ご覧いただきましたとおり、万葉倶楽部だけでもものすごい内容なんですよ。

写真が多すぎて見づらかったらすみません・・・。

でも、ずっと興奮しっぱなしでしたし、この施設の規模感が少しでも伝わりましたら嬉しいです!

豊洲 千客万来は2月1日(木)にグランドオープン。しばらくは混み合うことかと思いますが、ぜひピークを避けて足を運んでみてご自身で体験していただければ!

豊洲 千客万来

【温浴棟】「東京豊洲 万葉倶楽部」:
日帰り温泉や無料の足湯、宿泊できるホテル

【食楽棟】「豊洲場外 江戸前市場」:
江戸の街並みを再現したエリアで食事・お土産が買える

今回ご紹介したのは、豊洲 千客万来のなかの【温浴棟】「東京豊洲 万葉倶楽部」です。

【食楽棟】「豊洲場外 江戸前市場」全ての飲食店・物販店リストはこちら↓

【豊洲 千客万来】出店テナントまとめ 全70店(2024年2月1日オープン)豊洲市場の場外に2024年2月1日にオープンした観光施設「豊洲 千客万来」。 ホテル宿泊や日帰り入浴できる温泉の「東京豊洲 万葉倶...

いいね!で最新情報Get