スイーツ

豊洲市場グルメ:「茂助だんご」待望の和菓子屋でおいしい団子をテイクアウト!お土産にも最適

豊洲市場のオープン以来、嬉しくてすでに何度も買いに行っている「茂助だんご」。イートインコーナーがあるので店内で食べられるほか、持ち帰りも可能です。

メニューはお団子はもちろん、「栗どら」「抹茶蒸しどら」、「草餅」「わらび餅」もおすすめで、お団子やどら焼きの詰め合わせはお土産や贈答用にもぴったり!

これまで豊洲には和菓子屋さんが1軒もなかったため、豊洲市場内にできた茂助だんごは筆者をはじめとする和菓子好きにとってまさに待望のお店なのです!

茂助だんごの場所は豊洲市場・管理施設棟(7街区)の3階。

茂助だんご(Mosuke Dango)

■営業時間:5:00〜15:00
■定休日:日・祝・休市日
■場所:管理施設棟(7街区)3F
■和菓子
■支払い:現金◯/クレジットカード◯/電子マネー×

※取材当時のデータです。クレジットカードはVISA・Master・JCBに対応

迷ったらおすすめメニューのミックス団子を!

茂助だんごには実にたくさんの種類の和菓子が売っていて迷ってしまいますね(*^^*)

そんなときには、醤油団子、あんこ団子(つぶあん)、あんこ団子(こしあん)の3種類が入っているミックスがおすすめ。

茂助だんご ミックス4本」は醤油団子が2本、つぶあん1本、あんこ1本の全4本入りで614円(税別)。今回はテイクアウトして自宅へ持って帰ってきてから食べました!

(茂助だんご ミックス4本)

醤油団子は程よい醤油っぽさを感じられる、甘くないタイプのお団子。いわゆる“みたらし団子”とは違い、とろみのある甘いタレはついていません。

つぶあんは口に入れた後、小豆の香りをしばらく感じられるのが良いですね!余韻を楽しむことができます。

また、こしあんは丁寧に裏ごしされたあんこの滑らかさが心地よく、上品な甘さで幸せな気分にさせてくれますよ。

つぶあん、こしあん、どちらも自家製のあんこでライトな甘さがいいんですよ♪おいしいです。

季節ごとの和菓子も

この記事を書く直近でタイミングが年の瀬ということもあり、茂助だんごの店内にはお正月のおせちにぴったりな「栗きんとん」「豆きんとん」、「鏡餅」や「のし餅」なども販売。

この「のし餅」は1枚を9分割できるよう切り込みが入っているので、あとで食べる際には分けやすいです。

また、年末年始を彩る「上生菓子」も店頭に並んでいました!練り切り、羊羹、雪平で新年や干支を表現。職人の手から生まれる、新年にふさわしい素敵な上生菓子です。

「栗きんとん」は鳴門金時を100%使い、水飴や着色料を一切使用せず、茂助だんごさんのこだわりを強く感じられます。

クレジットカード使用OK

茂助だんごのお団子は高級で、お値段は1本150円以上します。ちょっとお土産に買って帰ろうとするとそれなりの金額になっちゃうんですね。

嬉しいことに、茂助だんごではクレジットカード(VISA/Master)が使えます!手持ちの現金が乏しくても、クレジットカードで支払えるのは安心です。(オープン直後は使えなかったのですが、11月ごろに使用可能になりました)

夏限定!絶品かき氷の販売も

2019年は5月23日よりかき氷の販売がスタートしました!早速レポートしていますので、こちらも要チェック!

豊洲市場グルメ:「茂助だんご」のふわふわ絶品かき氷!ついに豊洲でおいしいかき氷が食べられるようになった豊洲市場にあるイートインが可能な唯一の甘味処「茂助だんご」。明治31年創業で、伝統のあんを使ったお団子はもちろんのこと、お餅やあんみつも...

おいしいお団子や和菓子たちを揃えている茂助だんご。ぜひ足を運んでみてください(*^^*)

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事