グルメ

ラーメン「泪橋」が豊洲駅前にオープン!営業時間たった4時間だけの二郎インスパイア系

魚介豚骨でパンチの効いたスープに、脂、もやし、チャーシューが乗ったいわゆる次郎インスパイア系のラーメンを提供するラーメン店「泪橋(ナミダバシ) 豊洲店」がオープンします!

オープン日は2021年8月16日(月)。

場所は、豊洲駅前にある個室居酒屋「豊市」の店舗内。豊市の店舗を間借りして営業する格好です。

【更新】
オープンした「泪橋(ナミダバシ) 豊洲店」に行ってきました!

ラーメン「泪橋 豊洲店」に行列のなか行ってきた!魚介系豚骨で意外にもあっさり味のスープラーメンの「泪橋(ナミダバシ) 豊洲店」が2021年8月16日(月)、豊洲駅前にオープンしました! オープン記念で看板メニューのマ...

ちなみに、すぐ隣には江東区初の「かつや 豊洲店」がオープンしたばかり。

「かつや 豊洲店」、カツ丼・定食・カレーの普段使いしやすい店が豊洲にできた!2021年7月26日(月)、「かつや 豊洲店」がグランドオープンを迎えました! とんかつ、カツ丼、カレー、お弁当などの豊富なメニュ...

ランチのみの営業

泪橋 豊洲店の営業時間は11時〜15時までのたった4時間だけ。定休日はありません。

ランチには行列ができそうなラーメン店になりそうですね。

【※8月17日追加更新】
以下の期間は営業時間を変更となりました。

営業日 営業時間
8月18日(水) 11:00〜16:00
8月19日(木) 11:00〜15:00
8月20日(金) 11:00〜15:00
8月21日(土)
〜9月12日(日)
11:00〜15:00・17:00〜20:00

なお、二郎系といえばニンニクですが、泪橋はニンニクの有り無しが選べます。

他のメニューは、辛マンモスラーメンや特製マンモスラーメンも。肉めし、王さんの餃子、チャーハンのほか、別途料金で麺を糖質オフ麺に変更もできます。

そうそう。東雲にある「バリ男 豊洲店」も美味しくて好きなのですが、泪橋 豊洲店がオープンしたらぜひ味比べしてみたいです!(^^)

「らーめん バリ男 豊洲店」悪魔的なスープとニンニク味変で身体が燃える!量少なめメニューもあり東京・東雲、晴海通りからイオンの向かい側へちょっと入ったところにあるラーメン店「バリ男 豊洲店」。 大量のもやしと背脂が乗り、極太...

3日間はマンモスラーメンが500円に!

泪橋は2009年に東京・新橋にて創業。店主が漫画「あしたのジョー」を愛するあまり、ボクシングの減量中に食べたくなるラーメンをコンセプトにメニューを開発しました。

ただ、街の再開発に伴い新橋店は2013年に閉店しています。現在では川崎市・溝の口や、平塚市にて営業中。

そんな泪橋が豊洲にオープンするとあって、新橋で食べたことのある方はきっと嬉しいことでしょう!

泪橋の看板メニューは「マンモスラーメン」。

8月16日(月)〜18日(水)の3日間はオープン記念で、このマンモスラーメンを500円(通常880円)で食べられます!

【泪橋(ナミダバシ) 豊洲店】
■営業時間:11:00〜15:00
※緊急事態宣言中の営業時間の変更は前述のとおりです

■定休日:なし
■電話番号:03-5534-9722

■住所:東京都江東区豊洲4-1-5 「豊市」内(MAP

いいね!で最新情報Get

関連記事