グルメ

ららぽーと豊洲、「築地銀だこ」「レイバン」「Marchè famille」「LaBo」が続々オープン!

店舗の入れ替えを行うため、2019年1月に複数のお店が閉店となった「アーバンドックららぽーと豊洲」。

閉店後の跡地にはどんなお店が誕生するのでしょうか。実はグルメやファッション店など新たなお店のオープンが判明したのでご紹介します!

ららぽに「銀だこ」が!

なんと、3月上旬に「築地銀だこ」がオープンします!

先日は1月27日にスープ専門店「Chowder’s(チャウダーズ)」とオーガニックドーナツ屋さんの「Lil’Donuts Natural(リルドーナツナチュラル)」の合同店舗が閉店しましたが、その跡地にオープンするのがどうやら「築地銀だこ」のようなのです。

築地銀だこを運営するホットランドによると、「築地銀だこ アーバンドッグららぽーと豊洲店」は3月上旬にオープン予定。

最初、「Auntie Anne’s(アンティ・アンズ)」の閉店によって空いたフードコート内のスペースに築地銀だこが出来るのかなと思ったのですが、そういえばAuntie Anne’sの跡地にはスイーツ専門店のLaBo SELECTED BY STRASBOURG」が新オープンすることが決まっているので、築地銀だこはフードコート内ではありません。

そうなると、飲食ができそうなのはチャウダーズとリルドーナツの合同店舗跡地しかないので、この場所で間違いないでしょう。

(チャウダーズとリルドーナツが営業していた場所)

この場所はシーサイドデッキ(中庭)に面していますし、よくイベントが行われているステージにも近いため、出来たてのたこ焼きを食べながら過ごすのにピッタリかもしれませんね(^^)

「レイバン」「Marchè famille」も誕生

また、サングラスでお馴染みのブランドRay-Banからは「レイバンストア」がららぽーと豊洲にオープンします。店舗の場所はおそらく1月14日に閉店した1階の「canal4°c」跡地かなと推測。

さらに、こちらはもうオープン間近なのですが、「Marchè famille(マルシェ・ファミーユ)」が2月6日(水)にオープンします!

フランス語で“家族の市場”を意味するマルシェ・ファミーユは、家族と子どもと成長をコンセプトにした家具・雑貨・玩具を販売するお店。関東初出店となります。場所は3階、もともと似顔絵ショップの「カリカチュア・ジャパンFamily」があった所です。

春に向けて続々と新店がオープン!

このほか、「クロックス」のあったやや広めのテナントにも早いうちに別のショップが誕生するはずです。2月11日に閉店する「Yogibo Store」と入れ替わるお店も気になります。

というわけで、この2月・3月はららぽーと豊洲でたくさんのお店が新しくオープンを迎えるので、要注目ですよ〜!

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事