東京2020大会

東京2020大会オリンピック公式、ついにチケットを発表!料金・発売時期・チケットの違いを調べました

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2018年7月20日、東京2020大会オリンピックの公式チケットについて発売時期・料金・チケットの種類を発表しました。
(パラリンピックのチケットは2018年8月に公表)

また、2019年1月30日にはさらなる詳細料金を発表。今まで不明だった種目のチケット料金も判明したほか、いくつかの種目については最低価格の値下げも行われ、昨年7月発表時の料金と比べてより購入しやすくなりました。

なお、チケットの販売はオンラインや特定の販売所で行われます。東京2020大会はVISAがスポンサーのため、チケットの支払いにはクレジットカードも使用可能です。

東京五輪チケット料金は幅広い!飲食サービスつきも

東京オリンピック開会式・閉会式のチケットは12,000円〜300,000円。競技の観戦チケットは2,500円〜130,000円とけっこう幅があります。

歴史的な大会ですし、現地でリアルに観たいな〜と思っている人は今からチケット料金を調べておきましょう。

 

例えば、サッカーは2,500円~67,500円。 卓球は3,500円~36,000円。という具合に、チケット料金は種目や席のグレードによってずいぶん違いがあります。ちなみ、一番高額なチケットは3,000円~130,000円の陸上競技(トラック&フィールド) のチケットです。130,000円って一体どんな席なんでしょうね!

各競技ごとのチケット料金は本文の最後に表にしてまとめましたので、ぜひこちらも御覧ください。

さらに、飲食サービスなど不可価値のあるチケットも用意するそうですよ!

そのほか、お子さんやご年配の方、障がい者、グループなど、開閉会式とすべての競技において2,020円からのグループ向け特別価格チケットを販売予定になっています。

チケットの発売時期

気になる東京オリンピック・パラリンピックのチケットの一般発売日(日本国内)は以下のとおりです。

オリンピック
公式チケット販売サイト:2019年4月以降に抽選/6月中旬以降に当選発表(2019年秋以降に先着販売を開始予定)
チケット販売所:2020年春以降に窓口にて販売

パラリンピック
公式チケット販売サイト:2019年夏
チケット販売所:2020年

東京オリンピック・パラリンピックを観戦するチケットは国内販売分を東京2020組織委員会が直接販売します。東京2020大会公式チケット販売サイトで2019年春以降に発売。販売サイトのオープンも同時期です。

また、チケット販売所を通じた販売は2020年に開始します。東京2020組織委員会が指定するチケット販売事業者による販売も予定。



チケットの種類は?スマホ用QRチケットもあり!

東京オリンピックのチケットはよくある紙のチケットのほか、自宅で自分でプリントアウトして使用する「プリント@ホーム」もあります。また、スマホや携帯電話の画面に表示するQRコードの「モバイルチケット」も選べます。

紙のチケット」・・・配送やチケット販売所で受け取る紙のチケット
プリント@ホーム」・・・自宅のプリンターで印刷して発行するチケット
モバイルチケット」・・・スマホ・携帯電話用のQRチケット

東京2020大会公式チケット販売サイトでチケットを購入するためには、TOKYO 2020 IDの登録が必要になります。

→ 「TOKYO 2020 ID」、もう登録した?東京五輪チケットを買うために必要なアカウント

開会式・閉会式・各競技のチケット料金

東京オリンピックの各チケット料金は以下の通り。

競技、種別等 価格
開会式 12,000円~300,000円
閉会式 12,000円~220,000円
水泳(競泳) 5,800円~108,000円
水泳(飛込) 3,500円~30,500円
水泳(アーティスティックスイミング) 4,000円~45,000円
水泳(水球) 3,000円~18,000円
水泳(マラソンスイミング) 3,500円~5,500円
アーチェリー 3,000円~7,000円
陸上競技(トラック&フィールド) 3,000円~130,000円
陸上競技(マラソン) 2,500円~6,000円
陸上競技(競歩) チケット販売なし
バドミントン 4,000円~45,000円
野球 4,000円~67,500円
ソフトボール 2,500円~25,500円
バスケットボール(3X3) 3,000円~18,000円
バスケットボール(バスケットボール) 3,000円~108,000円
ボクシング 3,500円~45,000円
(調整中)
カヌー(スラローム) 3,000円~10,000円
カヌー(スプリント) 3,000円~9,500円
自転車競技(BMXフリースタイル) 2,500円~10,000円
自転車競技(BMXレーシング) 3,000円~12,500円
自転車競技(マウンテンバイク) 5,000円
自転車競技(ロード(ロードレース・ゴール、個人タイムトライアル)) 3,500円~5,500円
自転車競技(トラック) 4,000円~14,500円
馬術(馬場馬術、総合馬術、障害馬術) 3,000円~16,000円
フェンシング 3,000円~11,500円
サッカー 2,500円~67,500円
ゴルフ 7,000円~10,000円
体操(体操競技) 4,000円~72,000円
体操(新体操) 4,000円~36,000円
体操(トランポリン) 5,500円~16,000円
ハンドボール 3,500円~20,000円
ホッケー 2,500円~10,000円
柔道 4,000円~54,000円
空手(形、組手) 3,500円~12,800円
近代五種 2,500円~4,000円
ボート 3,000円~9,500円
ラグビー 2,500円~25,500円
セーリング 3,000円~5,500円
射撃(ライフル、クレー) 2,500円~5,500円
スケートボード(パーク、ストリート) 4,000円~11,500円
スポーツクライミング 3,000円~12,500円
サーフィン 3,000円
卓球 3,500円~36,000円
テコンドー 3,000円~9,500円
テニス 3,000円~54,000円
トライアスロン 4,000円~8,000円
バレーボール(ビーチバレーボール) 3,500円~45,000円
バレーボール(バレーボール) 4,000円~54,000円
ウエイトリフティング 2,500円~12,800円
レスリング(フリースタイル、グレコローマン) 4,000円~45,000円

 

注意!五輪で使えるクレカはVISAだけ!

チケットのオンライン購入にはクレジットカードが使えますが、使えるのはVISAだけ。これはVISAが公式スポンサーになっているためです。

これはチケットだけにとどまらず、東京オリンピック・パラリンピックのすべての会場やグッズショップ、飲食ブースも同様。かならずVISAカードを携帯するようにしてください。

東京オリンピック・パラリンピックで使えるクレジットカードはVISAのみ。
たとえば、VISAで最も一般的なの三井住友VISAカードなどがあります。

 

開会式や競技の日程スケジュールは?

チケットを買う前に、はたしてその日は自分が観戦可能な日なのか気になりますよね。。。

サッカーや陸上など、各競技の実施日程スケジュールを確認したい方はこちらの日程まとめも御覧ください。

ボランティア情報・競技会場情報

さらに、東京オリンピック・パラリンピックのボランティアを希望される方はボランティア情報も確認しておくようにしましょう。

オリンピックの会場は有明や辰巳など、江東区でたくさん予定されています。ぜひ、会場情報もチェックしてみてくださいね。

→ 2020年の東京オリンピック・パラリンピック、江東区で予定されている会場

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事