東京2020大会

東京2020大会オリンピックのチケット、抽選でハズレても一般販売で買える可能性はある!公式な転売も

2019年6月20日より東京2020大会オリンピックのチケットの抽選結果が確認できるようになりました。

しかし、Twitterで当落に関する投稿を見ていると、たくさんチケットを申し込んでいたのに全部のチケットまたはほとんどのチケットが落選したという人がかなり多いようです。

抽選でハズレた場合、東京オリンピックのチケットはもう買えないのでしょうか。キャンセル待ちや追加販売、一般販売を期待している方もいるでしょう。

そこで、2019年秋に始まる一般発売(先着)でチケットが購入できるかどうか調べてみました。

結果として、チケットが抽選でハズレても一般販売で購入できる可能性があることがわかりました!

買われないチケットが必ずある

基本的にはやはり抽選で当選することがもっとも有利。人気の競技はこの抽選枠だけで完売となるでしょう(国外居住者や外国人向けの販売は2020年春に開始)。

しかし、いくら抽選で当たったとはいえ、それだけではチケットを入手できません。

抽選で当選したチケットは2019年7月2日23時39分までに購入手続き(料金の支払い)を済ませる必要があり、この期限までに料金を支払いが行われなかったチケットは当然無効になるのです。

当選が無効になったチケットは一般販売へ

抽選の際にたくさんチケットを申し込みすぎて思いのほか料金がかさみ、なくなくチケットの購入を諦める人もゼロではないはず。

そして、無効となったチケットは一般販売の販売枠へ追加されます

抽選申込でチケットが用意できなかったセッションであっても、チケットが完売していなければ先着順販売で購入いただけます。また、一旦完売したセッションであってもチケットが追加される場合があります。

つまり、抽選で当選したチケットのうち、料金が支払われずキャンセルとなったチケットは一般購入できるよう復活するのです!

公式転売(リセール)でチケットの個人間売買も

東京オリンピックのチケットは申込み後のキャンセルや返金はできません。

そのかわり、万が一観戦に行けなくなった場合などに限り、チケットを「リセール」することが可能です。

リセールは2020年春以降にオープンする東京2020大会の「公式リセールサービス」でのみ行えます。公式チケット販売サイト内の「マイチケット」欄からチケットを出品可能になる予定です。

しかも、リセールの価格はチケットの定価と同額と定められており、チケット価格が不当に高額になるのを防げます。成約手数料は出品者が支払います。よって、買う側は安心して購入できるというわけ(^^)

なお、公式リセールサービス以外の転売は認められていません。

このリセールにつきましては、今後の詳細を待ちましょう!

東京2020大会チケットの一般販売は?

ちなみに、一般販売は先着順での購入となります。

抽選申込での当選も一般販売での先着購入も、もしかしたらチケットを入手できる確率はそう変わらないかもしれません。抽選でハズレてしまっても諦めず、手放されたチケットを一般販売で狙いましょう。

スケジュールによると、チケットの一般販売は2019年秋に始まる計画となっています。

東京2020大会オリンピック公式、ついにチケットを発表!料金・発売日・チケットの違いを調べました東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2018年7月20日、東京2020大会オリンピックの公式チケットについて発売時期・料...

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事