ニュース

「SMBC豊洲ビル」豊洲ベイサイドクロスB棟の正式名称が判明!

2020年10月30日、豊洲ベイサイドクロスB棟では工事用の柵が外され、1階の敷地内や2階のペデストリアンデッキを誰でも通行可能になりました!

10月30日現在、一般人のビル内への入館はできません。

また、地下通路はまだシャッターが降りていて、駅改札からの通行はできませんが、いずれ可能になるもようです。

「豊洲ベイサイドクロス B棟(仮)」、竣工式を開催三井不動産が手掛ける豊洲駅前の再開発プロジェクト。 2020年春に竣工した「豊洲ベイサイドクロス」A棟・C棟に続き、ついに最後の「...

B棟は「SMBC豊洲ビル」

加えて、豊洲ベイサイドクロスB棟の正式名称が「SMBC豊洲ビル」であることが判明しました!

これまで、豊洲ベイサイドクロスA棟・C棟は「豊洲ベイサイドクロスタワー」としてすでに2020年春に開業していますが、残る「豊洲ベイサイドクロスB棟」はあくまでも仮称だったのです。

それに、敷地内のあらゆるMAPに記載されているB棟の正式名称はテープで隠されており、基本的には正式名称を知る術はありませんでした。

しかし、本日、ベイサイドクロスのとある場所にある(誰でも見られる)パネルを見てみたら、なんとB棟の名称がそのまま載っているではありませんか!!

このパネルにだけ堂々と「SMBC豊洲ビル」と表記されています(笑)

ちなみに、B棟の壁面上部には「SMBC」のロゴが設置されており、SMBC系の企業が入居することはすでに皆さんご存知のとおりかと思います。

ららぽーととの歩道橋が通行可能に

また、豊洲ベイサイドクロスタワー〜SMBC豊洲ビル=ららぽーと豊洲1を連絡通路的な橋も完成し、本日より通行が可能になりました!

残念ながらららぽーとの建物内に直接入れる通路ではないのですが、道路を安全に渡れますし、ベイサイドクロスからららぽーと1の1階フードコートへのアクセスが向上しました。

夜になると、SMBC豊洲ビルからレインボーブリッジがはっきりと見え、すばらしい景色が楽しめます♪

    
「豊洲ベイサイドクロス」の計画詳細、地元説明会で入手したタワーの配置図と質疑応答商業施設、オフィス、ホテル、エネルギーセンターといった機能を持つ3棟のビルで構成される「豊洲ベイサイドクロス」。いわゆる“(仮称)豊洲2...

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事