ニュース

解体を終えたCAFE;HAUS跡地、隣ではアニヴェルセル豊洲の解体が始まってる

2021年3月末をもって営業を終えた豊洲のカフェ&レストラン「CAFE;HAUS(カフェハウス)」。

2019年にお伝えしましたように、東京2020大会の期間中にスロバキア共和国のオリンピックハウス(ナショナルハウス)として利用されることが決まっていました。

豊洲「CAFE;HAUS」がオリンピックハウスに決定!スロバキアの選手・関係者の拠点に2020年東京オリンピックの開催まで1年を切り、いよいよこの湾岸エリアでたくさんの競技が行われる日が近づいてきましたね! そのよう...

本来ここで代表選手や関係者が交流したり、観光・文化の発信拠点、会見やミーティングを行う場として使われるはずでしたが、大会の開催延期で白紙に。

店舗の姿が消えたCAFE;HAUS

CAFE;HAUSは2021年3月にIHIとの契約期間を終え、2021年のオリンピック・パラリンピック開催を待たずして店舗は営業を終了。

6月9日の様子がこちらの写真のとおりです。

すっかり、さら地になりました。

店内でランチやディナーをいただいたり、屋外でBBQをやったり、イベントにも参加しました。振り返ればたくさんの思い出が蘇ります。

(営業していたころの様子↓)

なくなるときは、あっという間ですね。

閉店日が3/28に早まった「CAFE;HAUS」、最後の感謝祭SPECIAL THANKS FESTIVALに行ってきた2010年のオープンから11年間この豊洲で営業してきたレストラン・カフェ「CAFE;HAUS」が2021年3月28日(日)をもって閉店と...

手前は「バディスポーツクラブ豊洲 / TOYO TIRES TOYOSU DOME」のあった場所。

こちらはCAFE;HAUSよりも先に解体され、巨大なスペースが出現していました。

バディ豊洲・TOYO TIRES TOYOSU DOME、早くも3月29日より解体へ「バディスポーツ幼稚園豊洲/バディスポーツクラブ豊洲」およびフットサルコートなどとして利用されてきた「TOYO TIRES TOYOSU...

そして、一番北に位置する「アニヴェルセル豊洲」もついに解体へ。

アニヴェルセル豊洲は2021年4月3日の感謝デーを最後に閉館。

外壁が覆われているところですが、敷地内の一部はショベルカーですでに剥がされています。

アニヴェルセル豊洲が最後のイベントを4/3(土)開催へ 夜にインスタLIVEも実施周辺地区の再開発のために営業を終える結婚式場の「アニヴェルセル豊洲」。その最後のイベントが2021年4月3日(土)に開催されます! ...

2025年に2棟の商業ビルが誕生へ

晴海通りから全体を眺めると、非常に広い土地が空くのだなと改めて感じます。

同敷地には、2025年竣工を目標にIHIと三菱地所が2棟のビルを建設。飲食店の入る商業スペースのほか、オフィスやインキュベーション施設などが予定されています。

「(仮称)豊洲4-2街区開発計画」についてはこちらを御覧ください。

2025年、ららぽーと豊洲の隣に三菱地所がビル2棟を建設へ!オフィス・屋根のある広場・商業施設等が誕生IHIと三菱地所は2021年3月19日、豊洲2丁目のアニヴェルセル豊洲やCAFE;HAUSなどの位置する4-2街区において、「(仮称)豊...

 

いいね!で最新情報Get

関連記事