グルメ

“幻の中華”が豊洲で!「本格四川料理 麻辣先生」がオープンへ 豊洲に想いを寄せるオーナーが決意

このところ続々と新店の情報をお届けしていますが、今度は中華です!豊洲に新たな中華料理店「本格四川料理 麻辣先生(マーラーセンセイ)」がオープンします!

オープン時期は2022年2月下旬。ただし、スタッフの募集状況により3月以降にズレる可能性もありそう。

【更新】
3月8日(火)にプレオープンしました!ランチメニューや汁なし担々麺を食べてみた様子はこちら↓

豊洲「麻辣先生」の汁なし坦々麺が絶品すぎ!リーズナブルで美味しい本格四川ランチに大満足本格的な四川料理を提供する「麻辣先生(まーらーせんせい)」が2022年3月8日(火)、ついにオープンしました! オーナーさんから豊...

場所は大豊記の跡地

場所は、豊洲プライムスクエアの2階です。

ずっと休業していた「恵比寿餃子 大豊記」が閉店し、麻辣先生がそのテナント跡地にオープンします!

豊洲プライムスクエアの飲食5店舗が閉店・入れ替わる可能性 居抜きで借り手を募集中豊洲5丁目の晴海通り沿いにあるオフィスビル「豊洲プライムスクエア(旧ヒューリック豊洲プライムスクエア)」。 その2階で営業するサイ...

ちなみに、1階には2022年2月7日(月)に「ドミノ・ピザ」がオープン予定。

豊洲の麻辣先生はこんなお店に

数種類の辣油など手作りにこだわるお店で、日本ではなかなか手に入れることができない高級スパイスや薬膳香辛料などを厳選して直接仕入れ。

茨城県坂東市の農園から直送される安全な無農薬野菜を使い、本場のベテラン中華調理シェフが本格的な四川の味を提供。

すでに、飯田橋、九段下、神楽坂周辺で3店舗を展開している四川料理グループの4店舗めが豊洲ということになります。

  • 【九段下】純中国伝統料理四川料理 芊品香(センピンシャン)
  • 【飯田橋】純伝統四川家庭料理 芊品香別館 芊品香別館(センピンシャベッカン)
  • 【神楽坂】正統派四川料理 天香宴(テンシャンエン)
  • 【豊洲】本格四川料理 麻辣先生(マーラーセンセイ)

「芊品香」は中国の幻の味をいただける世界一の中華と紹介されたり、行列ができる人気店として知られ、以前はテレビ取材拒否だった店。

豊洲の麻辣先生は、その幻の美味しい四川料理を気軽にいただけるお店になるようです!

(石焼麻婆豆腐)

人気メニューは名物の石焼麻婆豆腐、やみつき四川よだれ鶏、本場四川汁なし坦々麺など。

豊洲の麻辣先生では、既存店の人気メニューを出しながら、新メニューをたくさん提供する予定とのこと!楽しみです(*^^*)

豊洲が好きで出店を決めたオーナーさん

オーナーの範 徳龍(ハン トクリュウ)さんに聞いたところ、店名を麻辣先生にした理由は2つあるとのこと。

一つめは、日本人のお客様に本格四川料理のおいしさと魅力をお届けしたいという想いから。

そもそも麻辣とは、中国の山椒である花椒(ホァジャオ)由来の舌がしびれる辛さ「麻(マー)」と、唐辛子のヒリヒリする辛さ「辣(ラー)」が合わさった言葉。つまり「辛い」をそのまま店名にしたわけですね。

もう一つは、中国語には「先生」は「〜さん」という意味があり、豊洲周辺の地元の方に親しんでもらえるお店を作りたいという想いからこう名付けたのだとか。

お店の呼び方は、マーラーせんせいでも、友達っぽくマーラーさんでも良いかもしれませんね!

範さんは数年前からよくビーバーホームで買い物したり、お子さんを連れて遊びに行ったりと、プライベートで豊洲へは頻繁に足を運んでいたのだとか。そして、豊洲を気に入り、いつかお店を出したいなと豊洲に想いを寄せていたんだそうです。

そのようななか豊洲プライムスクエアに空きテナントが出たことを知り、コロナ禍の厳しい状況ではあるものの豊洲への想いが勝り、出店を決意。

ぜひ良いお店になって、豊洲や湾岸エリアの皆さんに愛されるお店になるといいなぁ!

(四川汁なし坦々麺)

新たな中華料理店のオープンが楽しみ

さて、店舗の状況はといいますと、この記事を書いているタイミングではすでに新しい厨房機器を導入しており、2月初週には看板を取り付けるスケジュール。

うまくいけば2月下旬にはオープンできそうですが、ホールスタッフが集まらなければ少し遅れる可能性もあるとのことです。

(閉店した「恵比寿餃子 大豊記」の跡地に出店)

またきちんとしたオープン日が決まりましたら追記したいと思いますので、続報をお待ち下さい♪

【本格四川料理 麻辣先生(まーらーせんせい)】
■住所:東京都江東区豊洲5-6-36 豊洲プライムスクエア2階(MAP

いいね!で最新情報Get

関連記事