カフェ

豊洲ベイサイドクロスにブックラウンジ「SPBS TOYOSU」!4つの顔を持つ書店がオープンへ

つい先日、アーバンドック ららぽーと豊洲の紀伊國屋書店が閉店するニュースをお伝えしましたが、2020年春に開業する駅前の商業施設「豊洲ベイサイドクロス」にブックラウンジの「SPBS TOYOSU」がオープンすることが明らかとなりました!

「SPBS TOYOSU」のオープン日は2020年4月24日(金)です。

「SPBS TOYOSU」はどんなショップ?

「SPBS TOYOSU」はSHIBUYA PUBLSHING & BOOKSELLERSが運営する複合書店。

同社の直営店舗としては4店舗目になりますが、豊洲は本屋、カフェ、ワークスペース、スクールといった複数の顔を持つ新店舗なのが特徴です

 

豊洲ベイサイドクロスは“働き方改革”を謳っている商業ビルですし、ワークスペースが非常に気になるところ。

一体どんな内装のブックラウンジになるのでしょうか!

渋谷スクランブルスクエアの書店も手掛けてる

なお、SPBS社は東京・渋谷にオープンしたばかりの渋谷スクランブルスクエアにおいて地上229mの屋上展望台「SHIBUYA SKY」に併設の書籍コーナーをブックディレクションし、また、同ビルの2階で新店舗「+SPBS」も手掛けています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

+SPBS 渋谷スクランブルスクエア店(@plusspbs_scramble)がシェアした投稿

豊洲ベイサイドクロスのオープン日は?

そうそう。豊洲ベイサイドクロスのオープン日は“一応は”まだ発表されていません。

しかし、「SPBS TOYOSU」が4月24日にオープンすると発表したことを受け、少なくとも4月24日もしくはそれ以前にオープンすることが確実となりました。

教えてくださったHitoshi.Tさん、ありがとうございました(*^^*)

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事