カフェ

「SPBS TOYOSU」書店とカフェのブックラウンジ!豊洲に初のワーキングスペースが誕生

2020年6月17日、本屋・カフェ・ワーキングスペースが一体となった新業態のブックラウンジ「SPBS TOYOSU」がアーバンドック ららぽーと豊洲3(新館/豊洲ベイサイドクロスタワー)の4階にオープンしました!

SPBSは渋谷や虎ノ門ヒルズにもありますが、カフェを備えた店舗は豊洲が初めて。SPBS TOYOSUは平日なら朝8時から営業しているとあって、朝早くから利用できます。

ということで、SPBS TOYOSUは一体どんなお店なのかを取材してきたのでご紹介したいと思います(^^)

【2021年6月17日更新】取材レポート

ワーキングスペースを強化した「SPBS TOYOSU」が快適です!期間限定“とよすと読者割引”でおトクにアーバンドック ららぽーと豊洲3の4階で書籍&ワーキングスペースを運営している「SPBS TOYOSU」。 コワーキングスペースや...

2021年6月、SPBSは全席有料制となりました。店内カフェはワーキングスペース利用者専用となり、カフェ利用はテラスのみとなりましたのでご注意ください。また、ワーキングスペースの料金が変更に。書籍を求めて訪れた場合にはこれまでどおり無料で入店できます。

SPBS TOYOSUの特長

  • スタッフがセレクトした書籍を店内で読める、そのまま買える
  • 湾岸住民が興味ありそうな都市や街づくりに関する本も!
  • ワーキングエリアでは仕事作業に集中できる
  • テラス席では4階からの眺めが楽しめる
  • 講座やイベントも実施予定

SPBS TOYOSUはららぽーと豊洲3の4階にあり、エレベーターで直接行けるほか、エスカレーターで4階に上がった場合にはメディカルタウンを抜けた先に位置します。

(ららぽーと豊洲3 地上4階フロアマップ)

大きな本棚と面白い本に出会える空間

こちらがSPBS TOYOSUの店内です!

本棚の木の香りと温かみが感じられ、白を基調とした店内は午前中は照明がいらないんじゃないかってくらい自然光が入ってきて明るい!

本と編集のプロであるSPBSのスタッフがセレクトしたさまざまなジャンルの本が並び、ビジネスから趣味まで幅広い本に出会えますよ。

なかなかお目にかかれない個人の制作した雑誌があったり、都市や街づくりをテーマにした書籍を集めたコーナーがあったり、何気にふらふらと見ていたら面白い本を見つけられるかも!

まるでオシャレな図書館のような雰囲気ですが、購入前の本は店内のイスに座って読むのも良し、立ち読みするのも良し。すべての本は販売用の本ですので、気に入ったらぜひ購入しましょう♪

テラス席もある!SPBS TOYOSUはららぽーと豊洲3としては上の階にもかかわらず外のテラスに出られる珍しいショップでもあります。気持ちいい!(テラスへの購入前の本の持ち込みは不可)

豊洲で初!誰でも利用可のワーキングスペース

SPBS TOYOSUの大きな特長が、透明なガラスで仕切られた奥にある有料のワーキングスペースです。

各席には電源コンセントを完備。もちろん、フリーのWi-Fiも利用できます。

絶妙な座り心地のイスは作業中にも疲れづらそうで良い感じ!

働き方が目まぐるしく変わるなか、豊洲には今までコワーキングスペースがなかったんですよ。SPBS TOYOSUのワーキングスペースの誕生はほんと嬉しい!

規模は小さいながらも誰もが気軽に利用でき、集中できる絶好のワーキングスペースとして活躍しそう。待っていた方もきっと多いことでしょう!

利用料金

SPBS TOYOSU ワーキングスペースの利用料金は2021年6月より変更となりました。

1時間1,100円から。1日利用(1DAY)は2,750円です。また、月額16,500円から1ヵ月利用が可能となっています。利用料金は以下のとおり(税込)。

当日利用

1時間利用 1,100円
3時間利用 2,200円
1日利用 ★
2,750円

ワーキングパス(月額)

1ヵ月利用(フルタイム) ★ 24,200円
1ヵ月利用(月〜金のみ) ★
18,700円
1ヵ月利用(土日祝のみ) ★ 8,800円
1ヵ月利用(平日8〜11時のみ) ★ 11,000円

ワーキングパス(回数券)

1日利用パス x 6枚 ★ 13,750円
1日利用パス x 3枚 ★ 7,150円

★:ワーキングパス専用エリアを使用可能

ワーキングスペースの利用者は特典も見逃せません。なんと、カフェの対象ドリンクが最初の1杯に限りいつでも無料に!

また、鍵付きロッカーは月額2,000円で利用可能です。

そのほか、学生なら学生割引で10%オフでワーキングスペースを利用できます。

ワークスペース利用者はカフェも利用可

さて、SPBS TOYOSUはSPBSで初めてカフェを備えた店舗。

オープン当初は誰でもカフェが利用できましたが、2021年6月現在はワークスペース利用者のみがカフェを利用できるようになっています(テイクアウトは誰でも利用可)。

前述のとおり、ワークスペース利用者は最初の1杯が無料で飲めますので、ぜひ活用したいところです。

なんと、SPBS TOYOSUではあの有名な“青い瓶”のコーヒー店出身の方がカフェを担当していて、目の前で丁寧にコーヒーをいれてくれる!

コーヒー豆はノルウェー・オスロを代表するマイクロ・ロースター「FUGLEN」で焙煎された豆を使用。香りがいい〜!!(*^^*)

ラテアートの一部始終を見ていたんですが、その手付きと速度は圧巻です。

カフェメニューのドリンクもフードはスタッフが1から考えたんだとか。

オープンの直前まで選びに選び抜いたパンを使った「本屋のホットドック」はお腹が空いたときにぜひどうぞ♪

こちらはサッと栄養を補給できる自家製バナナジュース!

Mighty Leafの紅茶がいただけるほか、SUSUCREの美味しそうなお菓子やこだわりのジャムも買えるので、チェックしてみてくださいね。

 

さまざまなテーマの講座も実施

SPBS TOYOSUでは本・食・ファッション・ビジネス・デザイン・スポーツなど、さまざまなテーマに沿ったトークイベントやワークショップを開催。

その業界に明るい講師の方から教養を得られる場として利用できます。

オンラインやオフラインで実施するものの、今はこんなご時世ですからオンラインが中心になりそう。実施についてはお店の情報をチェックしてみてください!

https://www.shibuyabooks.co.jp/spbs_toyosu/

(書籍・雑貨を税込3,300円購入でこちらのトートバッグがもらえます!)

居心地の良い空間で本を楽しみ、美味しいコーヒーとともに仕事に集中できるSPBS TOYOSU。ブックラウンジという新しいスタイルは職住のバランスがいい豊洲にはぴったりかもしれませんね!

店長さんは豊洲周辺の情報をよくチェックしていて、今後も手探りで豊洲のみなさんや働く方々に喜んでもらえるようなお店づくりをしていきたいとおっしゃっていたので、見かけたらお話してみるといいかもしれませんよ(^^)

【SPBS TOYOSU】
■営業時間:平日8:00〜21:00/土日祝10:00〜21:00
■定休日:なし(施設に準ずる)
■電話番号:03-6225-0540
■住所:東京都江東区豊洲2-2-1 アーバンドック ららぽーと豊洲3 4F(MAP

新しくなったららぽーと豊洲のお店情報はこちらからどうぞ↓

「ららぽーと豊洲」 新しくなった特徴と新店舗レビューまとめ2020年、アーバンドック ららぽーと豊洲は3つの建物からなる湾岸最大級の商業施設へと生まれ変わりました! ららぽーと...

新店のオープン情報はこちら↓

【豊洲ベイサイドクロス ららぽーと豊洲3】テナント出店数は湾岸最大級の214店舗!グルメ・カフェなど店舗情報とフロアマップアーバンドック ららぽーと豊洲は既存店を大幅リニューアルするとともに、新たに豊洲ベイサイドクロスタワー(新館)の内に「ららぽーと豊洲3」...

いいね!で最新情報Get

関連記事