交通

豊洲市場へ自転車やシェアサイクルで行くときの注意点。一般用の駐輪場やポートはありません

自動車、バイク、バス、タクシー、電車・ゆりかもめ、自転車・シェアサイクル、徒歩。ご自宅から豊洲市場へ行くときの交通手段は人によっていろいろ異なります

近隣にお住まいでしたら自転車で豊洲市場へ行こうと思っている方も少なくないはず。江東区臨海部コミュニティサイクルをはじめとする便利なシェアサイクルを利用される方もきっといらっしゃるでしょう。

そんな自転車・シェアサイクルで豊洲市場へ向かうときに心配なのが駐輪場の有無です

そこで今回は、豊洲市場には①自転車を停めるための駐輪場があるのか、②シェアサイクルのポート(乗り捨て可能なステーション)があるのか、を解説したいと思います。

豊洲市場に“一般人”用の駐輪場は・・・ない

そうなんです。豊洲市場にはここで働く人や関係者のみが利用できる駐輪場はありますが、観光客など一般人が利用できる駐輪場はありません。

つまり、自転車で豊洲市場へ行くのはオススメではないということです。

また、自動車で来場しようとしている方も気をつけてください。駐輪場がないだけでなく、駐車場もありません。許可車両以外は入場できないのです。

(臨時駐輪場。関係者の駐輪場すら足りていない状況)

え〜、豊洲市場ショボい!と思うのはちょっとお待ち下さい。

そもそも、豊洲市場は東京中央卸売市場です。デパートではありませんし、一般人が好き勝手やれる場所ではないんですね。それでも市場を観たいという声に対応するため、見学者通路を設けたり、場内飲食店の利用を許したりしていますが、そのかわり交通手段は何とかしてね。ということ。

東京中央卸売市場は“市場関係者以外の一般の方はバスやゆりかもめといった公共交通機関を使って来場してください”と、呼びかけています。豊洲市場へのアクセスはバスやゆりかもめが無難で、変に駐輪場や駐車場を探すよりもよっぽど楽に行けますよ。

 

豊洲市場に最も近いシェアサイクルのポートは?

次はシェアサイクルについて。A地点で借りた自転車をB地点で返却できるシェアサイクルはめちゃくちゃ便利ですよね。筆者も頻繁に利用しています。

豊洲駅前のポートでシェアサイクルを借りて、豊洲市場のポートで返却できたら一番良いのですが、2018年10月13日現在、残念ながら豊洲市場にはシェアサイクル用のポートがありません。

いずれは豊洲市場にもポートが設置される可能性は十分に考えられますが、今のところはないんです。(移転延期してたこの2年間、いったい何やってたの。。。)

そこで、せめて豊洲市場の近くにあるポートの場所を解説しておきますね。

それは市場前駅から徒歩3〜4分ほどの「マギーズ東京」と「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」の間にあるポート。ここが2018年10月13日現在で最も豊洲市場に近いポートです!

(「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」)
地図の示している「マギーズ東京」の裏手にポートがあります。

豊洲駅のポートからこのポートまでをシェアサイクルで移動すると、時間にして10分弱。そして、例えば豊洲市場・水産仲卸売場棟へはそこから徒歩10分かからないでしょう。シェアサイクルを使う場合にはぜひこちらのポートへ停めるようにしてください。

 

路上駐輪はダメ!

いくらスマホやPC、インターネットが普及していると言っても、Webの情報を届けられるのには限界があることを筆者は知っています。良いもの・評価できるものよりも、非難やネガティブなものの方が情報として拡散されることも知っています。

また、人の良心はとてもモロいものです。他人がやってるのを見ると、自分もいいやと路上駐輪をしてしまいます。そして、それは感染し拡がっていきます。

悪い風潮は減らないのかもしれない。でも、数の増加をストップさせることはできます。自分がやらなければいいんです。(なんか、こんな記事になるはずじゃなかったのですが堅くなりすぎました。。。)

とにかく他人の迷惑となる路上駐輪は絶対にやめましょう!みんなで豊洲市場を良い市場にしていきたいです(*^^*)