観光

豊洲チームラボプラネッツの新作「空から降り注ぐ憑依する滝」の見どころは頭上よりも足元かもしれない

豊洲の人気観光スポットである「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」が2020年7月16日より一般公開する新作品『空から降り注ぐ憑依する滝』。

パブリックアートとして屋外の入口すぐに展示され、入場チケットを持っていない人でも自由に鑑賞できるのが特徴のひとつです。

今回もチームラボプラネッツさんにお声掛けいただき、一般公開の前日となる7月15日に開催されたお披露目イベントに行ってきましたので、ひと足先に体験した感想をお届けしたいと思います!

これが新しい作品『空から降り注ぐ憑依する滝』です!

それはまるで空から流れ出ている滝のよう。

とても美しいです!

人が近づいたり、(滝壺の)上に立つと、作品が表情を変えます。

(チームラボ株式会社 猪子代表)

ついつい滝の上の方を眺めてしまいますけど、筆者が皆さんに注目してほしいのは逆で、足元です。

1歩ほど後ろへ下がって見てください。

落ちてきた滝の水が滝壺でじわ〜っと広がっていく様子はいつまで見ていても飽きません。

静かでもどこか力強さを感じる水の流れ。落下後に新たな命を吹き込まれたようです。

ぜひ、この動画を御覧ください↓

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

とよすと(@toyosu_tokyo)がシェアした投稿

他のマスコミがいなくなってから、しばらく見とれていました。ずっと見ていると宇宙のようにも見えてきます。

コロナが心配な人でも安心して鑑賞できる屋外型パブリックアート

チームラボプラネッツ施設内は新型コロナウイルス対策をこれでもかという高いレベルで実施しており、さまざまな作品を安全に鑑賞することができます。

しかしながら、どうしても心配でまだ施設内は遠慮しておこうという人も少なくないでしょう。

7月16日から一般公開となる『空から降り注ぐ憑依する滝』はコロナ禍におけるチームラボプラネッツからのプレゼント。このように屋外で誰でも自由に鑑賞できますし、ぜひ足を運んでみてほしいです(^^)

館内の作品も改めて紹介します

最後に、そのほかの作品も楽しんできましたので写真でご紹介!(もう何度も見に行っているチームラボプラネッツですが相変わらず楽しめちゃう筆者)

夏の季節限定で『人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity -』はひまわり仕様に!水面の鯉に触れると、ひまわりに変化しますよ。

【チームラボプラネッツ TOKYO DMM】
■会期: 2018年7月7日 – 2022年末
■開館時間: 平日 10:00 – 19:00、土日祝 9:00 – 19:00
※最終入場は閉館の30分前
■休館日: 2020年7月8日(水)
■住所: 東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO

チケット料金:
大人(18歳以上) 3,200円
大学生・専門学生 2,500円
中学生・高校生 2,000円
小人(4歳 – 12歳) 800円
シニア(65歳以上) 2,400円
障がい者割引 1,600円

チームラボプラネッツの新型コロナ対策 取材レポートはこちら↓

夜まで拭きまくる豊洲「チームラボプラネッツ」のコロナ対策、密を防ぎ除菌を徹底する館内をじっくり取材してきた!新豊洲駅前にあり、人気のデジタルアート・ミュージアム「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」。 新型コロナウイルス感染症の拡大...

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事