開店・閉店

閉館する「アニヴェルセル豊洲」、実質50万円のグランドフィナーレプランを提供中

豊洲にある結婚式場「アニヴェルセル豊洲」は2021年3月31日(水)をもって営業を終了します。

閉館の理由は、暫定利用施設としての敷地利用期限を迎えるため。IHIから2021年2月までの期限付きで土地を借り、営業してきました。

2018年作成の都市整備部まちづくり推進課の資料には2021年2月までと記載されていますが、アニヴェルセルは3月31日まで営業するとしているので当記事では長い方の3月を採用しています)

こんな時期なので念のため補足しておくと、アニヴェルセル豊洲が閉館を決めたのは新型コロナの影響ではありませんよ(^_^;) コロナが本格化する前の2020年1月下旬ごろにはすでに閉館する旨を公表しています。

豊洲での挙式が少額で!グランドフィナーレプラン

アニヴェルセル豊洲は2011年に開館。オープン以来5,000組以上のカップルをお祝いしてきた結婚式場で、口コミでの評判も良いことで有名です。

現在は、「グランドフィナーレ」プランを提供中。

グランドフィナーレプランはフルコース料理の無料試食に加え、ドレスやタキシードの衣裳が合計3着まで無料となる特典がついたり、さまざまな特典がありつつも挙式料金は最大123万円オフに。

自己負担50万円程度から式を挙げられるリーズナブルなプランになっているのが魅力的です。

限定20組までとしているのでまだ間に合うのかどうかは不明ですが、この記事を書いている現在もグランドフィナーレプランの予約を実施しているところなので、ぜひアニヴェルセル豊洲までお問い合わせしてみてください(*^^*)

また、豊洲エリア全体に注目してみると、2020年9月には豊洲ぐるり公園の先端部に“天空のチャペル”を備えた新しい結婚式場「ララシャンスガーデン 東京ベイ」が開業予定。

こちらもぜひチェックしてみてください。↓

天空の挙式場「ララシャンスガーデン 東京ベイ」が豊洲に9/25オープン!海のリゾート感たっぷり全19支店で57,000組以上の挙式を手掛けてきたララシャンスグループ。その東京初進出となる結婚式場「ララシャンスガーデン 東京ベイ」が...

 

敷地利用の期限を迎える周辺施設

なお、特別な計画変更がなければ、アニヴェルセル豊洲と同じタイミングで敷地の利用期限を迎える周辺施設も同時期に営業を終えることとなります。

当サイトでは読者のみなさまに誤解を与えぬようできるだけ正式な情報をお伝えしたいと思っていますので、詳細がわかりましたら改めて記事にします。

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事