ニュース

ゆりかもめ、雪の影響による運行の遅延・運休を警告。2/9は朝から夜にかけて大雪に

気象庁は観測史上最大の寒気が上空にある影響により、東京では2月9日の朝から雪が降り、夜には大雪になると予報。東京23区では5cm程度の雪が積もるとみています。

そのようななか、豊洲や豊洲市場前、お台場など東京の湾岸エリアを走る「ゆりかもめ」は8日、早くも運行への影響を発表。

豊洲駅ではこんな注意書きが出ていました。

降雪の状況により、ゆりかもめは列車の遅れや運休となる場合がございます。
最新の運行情報をご確認のうえ、お時間に余裕をもってお出かけくださいますよう、お願いいたします。

思い返せば1年前の2018年1月22日、ゆりかもめは雪で立ち往生し、乗客約100名が歩いて避難したという出来事がありました。

2月9日は土曜日とあって、豊洲市場は通常営業する日。さらには、「豊洲市場おいしい土曜マルシェ」も開催されます。買出人の方や市場の関係者さんは運行情報やお天気のニュースを頻繁にチェックしてください。

なお、豊洲や豊洲市場、お台場へは都営バスの利用も可能です。

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事