ニュース

豊洲駅前・パチンコ屋隣、築48年のアパート「第2コーポ豊洲」が解体へ

ゆりかもめ豊洲駅からすぐの駅近に建っている築年数48年のアパート「第2コーポ豊洲」が解体されます。

解体工事期間は2021年7月5日〜12月15日の予定。

解体理由は不明ですが、おそらく老朽化かなと思います。

公園とパチンコ屋に挟まれたアパートが解体

第2コーポ豊洲は1973年4月築(築年数48年)の5階建てアパート。

「豊洲五丁目公園」とパチンコ店「マリックス寿」に挟まれた場所に建ち、ゆりかもめ豊洲駅から徒歩2分の好立地。

住所は東京都江東区豊洲5丁目2-12。うるおいの木かげ道路沿いにあります。

解体工事はアクロバットアームズが担当。すでに吹付けアスベストなどの存在も判明しており、12月15日までのすべての解体を終える予定です。

実は奥行きのある面白い形の建物

以前には新聞集配所の「朝日新聞豊洲販売所(ASA豊洲)」が第2コーポ豊洲1階にありましたが、現在は枝川地区へと移転済み。

この場所といえば、第2コーポ豊洲のお隣にはずっと休業中で事実上閉店しているパチンコ店「マリックス寿」がありまして、こちらも今後どうなるのかが気になるところです。

うるおいの木かげ道路側から見た第2コーポ豊洲は、細長い小さなアパートのように見えますが、豊洲五丁目公園側から見てみると実はかなり奥行きがあり、部屋数もそこそこあることがわかりました。

「テトリス」のZ型ブロックのような建物なのが面白いですね

Googleマップだと「浦島観光ホテル第2コーポ豊洲」

余談ですが、Googleマップでこの住所を調べるとなぜか「浦島観光ホテル第2コーポ豊洲」との表記が出ます。ただ、浦島観光ホテルとの関係性は不明。

おそらくマップの表記ミスかなと思います(^_^;)

【6月30日 追記】

どうして浦島観光ホテルの名前が地図に出てくるのか。記事を公開後、古くからこの周辺を知っている方に詳細を教えていただきました!

2003年9月末まで東京・晴海で営業していたホテル「東京ホテル浦島」の社員寮が、ここ豊洲の「第2コーポ豊洲」にあったそうです。

その名残で、Googleマップに「浦島観光ホテル第2コーポ豊洲」と表示が出る、というわけです。ひとつ疑問が晴れてスッキリしました(^^)

さらに余談ですが、「コーポ豊洲」(1977年築(築年数44年)というアパートが豊洲4丁目1-12にあります。しかし、築年数を見ると「コーポ豊洲」は「第2コーポ豊洲」より後に竣工しており、“第1”の方が“第2”よりも新しいことから前後関係が合致せず、関係性はわかりませんでした。

なお、「第2コーポ豊洲」が解体されるとの情報は@wangan_farmerさんのツイートで知りました。ありがとうございました!(^^)

【追記】
解体後には、新しいビルの誕生が決定しました。プロジェクト名は「(仮称)江東区豊洲5丁目計画」です。

豊洲駅前に7階建てビルが建設へ 2022年11月竣工予定、テナントは薬局やクリニック豊洲5丁目の豊洲駅前付近に、7階建ての新築ビルが誕生します。 具体的な場所は、「豊洲五丁目公園」と旧パチンコ店「マリックス寿」の間...

いいね!で最新情報Get

関連記事