ニュース

豊洲の公道を自動運転車が走ってる!システムがすべて操作する実証実験、ららぽや駅の走行ルートで

2018年9月14日(金)から豊洲の公道で複数の自動運転車を用いた実証実験がスタートしました。一般の住民が参加し、自動運転技術を体験できる貴重な機会となっています!

この日、午前中に外出していた筆者は、運良く実証実験中の自動運転車に遭遇。

信号待ちしている自動運転車はそのまま左折して、アーバンドックららぽーと豊洲のセンターコート外のタクシー乗り場へと停車しました。

ちょこっと動画でも撮りましたので、どうぞ御覧ください。

係の方に簡単に質問したところ、東京オリンピック・パラリンピックでの導入が見込まれているBRTへの自動運転システム、自動運転モビリティなど、将来的なさまざまな可能性に向けての実証実験だそうです。

システムが運転等すべてを操作する実験

自動運転車の実証実験は豊洲に本社を置くNTTデータなど「豊洲コンセプト委員会」が実施。利便性の高い街への発展を目指し、豊洲に進出する企業で構成されています。参画企業はNTTデータ、IHI、三井不動産、三菱地所です。また、国立大学法人群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センターと大和自動車もメンバーとなっています。

今回の実証実験はレベル0〜5まである自動運転技術水準のレベル4にあたります。具体的にレベル4とは、限定条件においてシステムが運転等すべての操作を行い、ドライバーは全く関与しない状態を差します。そんな高度な実証実験が豊洲で行われているとあって、ついつい鼻息が荒くなってしまいました(笑)

(上部にはカメラとアンテナのようなシステムが)

走行ルートは以下の3つ。

  1. 豊洲駅 〜 アーバンドックららぽーと豊洲
  2. マンション 〜 アーバンドックららぽーと豊洲
  3. マンション 〜 豊洲駅

ここを合計3台の自動運転車が走っていますよ!

車両は本当に自動運転で走行している車です。万が一のために運転席にはドライバーさんがいますが、ハンドルやブレーキには一切触れていないとのこと(自動運転レベル4)。

また、乗客はただ乗るだけでなく、

  • 乗降地点から出発地・目的地を指定可能
  • 配車依頼

などといったことも注文可能で、まるでタクシーを想定したかのような実験となっています。

9月19日・20日にも豊洲の街中を走行!

今回の「豊洲コンセプト委員会」による自動運転車の実証実験はこのあと9月19日(水)・20日(木)も行われます。どうしても乗りたい!と思った方も多いでしょうが、残念ながら乗車申し込みはすでに締め切っているんだとか。。。

いや〜、すごいですね〜(*^^*) 実証実験とはいえ、これが豊洲の公道をふつうに走っているんですから!

NTTデータは2020年までに自動運転バス、自動運転モビリティを用いた新しい移動サービスを提供する考えです。

【オンデマンド移動サービスの実証実験】
期間:2018年9月14日(金)・19日(水)・20日(木)
時間:10時〜13時/14時〜17時
※雨天は中止となる可能性