ニュース

有明にスケボー&クライミング&バスケ施設「有明アーバンスポーツパーク(仮称)」が正式決定

東京都は2022年1月21日に公表したTOKYOスポーツレガシービジョンにおいて、都立スポーツ施設の戦略的活用を紹介。

そのなかで、「有明アーバンスポーツパーク(仮称)」の整備を正式に発表しました。

具体的な時期は記載されていないものの、3つのスポーツが楽しめる総合施設を建設します。

場所は、ゆりかもめ「有明テニスの森駅」前。東京2020大会で、スケートボードやBMXの競技が行われた同名の有明アーバンスポーツパークがあったところです。

(東京2020大会時の有明アーバンスポーツパーク)

2020大会ではあくまでも仮設の施設でしたが、スケボー設備は大会後もそのまま残しており、これをレガシーとして「有明アーバンスポーツパーク(仮称)」に活用します。

 

【2022年5月24日更新】

有明アーバンスポーツパーク(仮称)は2025年3月にオープンし、2035年2月までの期間限定営業であることが判明しました。

スケボー施設「有明アーバンスポーツパーク(仮称)」は2025年3月にオープンへ 10年間の期間限定東京都が有明アーバンスポーツパーク(仮称)の整備運営事業実施方針(案)を公表し、そのなかで「有明アーバンスポーツパーク(仮称)」の運営期...

2022年11月には同じく江東区の夢の島公園にスケボーパークが誕生します。

江東区・夢の島のスケボーパーク、建設に向けた調査完了 2022年11月オープンへ江東区は夢の島公園に位置する区の公共施設「夢の島総合運動場」内にスケートボードパークを建設します。オープン予定日は2022年11月13日...

※以下、資料画像は東京都オリンピック・パラリンピック準備局より

有明アーバンスポーツパーク(仮称)の概要

スケボーは初心者エリアのほかに東京2020大会で使った競技施設を活用したパークを整備。また、スポーツクライミング(ボルダリング)のできる屋内ボルダリング棟や、3×3バスケットボールコートが同パーク内に誕生します。

さらには、スポーツとともに地域の賑わい創出に貢献する施設を併設。

同パークは民間企業による運営とする計画で、おそらくスポンサーを募っての運営となるのではないかと予想。この規模のパークを無料で使えるとは考えづらいですし、有料での利用が想像できます。

有明アリーナは8月にオープン

また、「有明アリーナ」は2022年6月に整備が完了し、8月ごろには開業する計画。

開業直後にはオープニングとしてコンサートやスポーツイベントを立て続けに実施するもようで、そのあとも月に5〜6件の音楽イベントを開催する計画です。国際規模のスポーツ大会などもあります。

ちなみに、「東京辰巳アイスアリーナ(仮称)」は2025年の開業を予定。

「東京辰巳アイスアリーナ(仮称)」が2025年度に開業へ カーリングもできる通年型アイスリンク江東区・辰巳エリアに都立初の通年型アイスリンク「東京辰巳アイスアリーナ(仮称)」が誕生します!開業時期は2025年度の予定。 フィ...

ということで、有明には「有明テニスの森」も含めて全部で3つの施設が誕生します。今すぐに思い浮かぶ限りだとスケボーのマナー問題だけが心配ですが、スポーツの色が濃くなる有明の未来がますます楽しみになりました!

東京2020大会時における湾岸エリアの写真まとめ↓

【写真特集】東京2020オリンピック・パラリンピック ずっと残したい湾岸エリアの記録一覧東京オリンピックと東京パラリンピックに関する写真を、テーマごとにフォトギャラリー形式でまとめました。 有明、お台場、青海、豊洲など...

いいね!で最新情報Get

関連記事