東京2020大会

スケボー施設「有明アーバンスポーツパーク(仮称)」は2025年3月にオープンへ 10年間の期間限定

東京都が有明アーバンスポーツパーク(仮称)の整備運営事業実施方針(案)を公表し、そのなかで「有明アーバンスポーツパーク(仮称)」の運営期間が2025年3月〜2035年2月までの10年間を予定していることが判明しました。

同パークは東京2020大会のレガシーとして、有明北地区に整備されることになった複合スポーツ施設。

約14446㎡の「大会レガシーゾーン」と、13132㎡の「多目的ゾーン」、その間にある3607㎡の「広場」で構成されます。

スケートボード施設、屋内ボルダリング棟、3×3バスケットボール施設、管理棟などはすべて大会レガシーゾーンのなかに建設・整備されることとなっています。

(有明アーバンスポーツパーク(仮称)の整備運営事業実施方針(案)より)

有明アーバンスポーツパーク(仮称)の営業スケジュール

続いて、有明アーバンスポーツパーク(仮称)の整備・運営スケジュールが明らかになりましたのでこちらも整理しておきますね。

2023年6月〜2025年3月までに設計・整備工事が行われ、2025年3月にオープン予定。

運営期間は2025年3月〜2035年2月までの10年間です。

2023年6月 設計・整備工事開始
2024年3月 都が大会レガシーゾーンの一部運営開始
2025年3月 整備工事完了
2025年3月 オープン(民間事業者が運営)
2035年2月 営業終了
2035年3月 原状復帰工事開始
2035年9月 さら地に

なお、オープンに先駆けて、2024年3月からは一部エリアについて東京都が先行運営する方針。

この先行運営部分については、あくまでも想像ですが、工事が不要な部分もしくは工事が先に完了した部分をたとえばイベント会場のように使うことを想定しているのではないでしょうか。

10年の営業を終えた後は事業者による原状回復が行われます。さら地にする工事を2035年3月〜9月末まで実施へ。

そして、2035年9月末にはまっさら空き地に戻る予定です。

【東京2020:写真特集3】世界のアスリートが夢を叶えた競技場 70枚オリンピック・パラリンピック競技場 競技場 アクアティクスセンター(辰巳) 東京辰巳国際水泳場(辰巳) ...

 


(↑2020大会時の様子)

(↑2022年5月時点の様子)
(↑2022年5月時点の様子)

 

ちょっと脱線しますが、そういえば、ここがさら地になる2035年ごろと言えば有楽町線の豊洲〜住吉の延伸工事が完了する時期にも近いですよね。

この2035年ごろは豊洲・有明にとって重要なタイミングになる可能性も見えてきました。

【有楽町線延伸】豊洲駅から住吉方面へのトンネルは1番線の上を通る東京メトロ・有楽町線(地下鉄8号線)の延伸が決定したことに伴い、豊洲駅がどうなるのか筆者はとても興味を持っています。 豊洲駅の構造...

パークは有料の施設になる可能性

ちなみに、有明アーバンスポーツパーク(仮称)はこれから募集する民間事業者が運営などにあたります。事業者は設計、改修・建設工事業務、開業準備・運営・維持管理業務のほか、原状回復が求められます。

実施方針(案)にある「事業者の収入」の項目によると、

“事業者は運営業務により得られる収入を収受できる。ただし、利益の一部を都に還元するプロフィットシェア等を導入する。詳細は、募集要項等において示す。”

とありますので、有明アーバンスポーツパーク(仮称)は利用者やスポンサーなどから何らかの形で料金を徴収する施設となるもようです。無料の施設ではない可能性があります。

都民からの意見を募集中(6月13日まで)

なお、東京都は有明アーバンスポーツパーク(仮称)の整備運営事業実施方針を策定するにあたり、意見の募集を開始しました。

意見の募集は2022年6月13日(月)まで。メール、郵送、FAXで受け付けています。

応募方法は下記リンク先を御覧ください。今回ご紹介した実施方針(案)の資料もこちらからご覧になれます。

有明アーバンスポーツパーク(仮称)整備運営事業実施方針(案)の公表と都民意見募集

【参考】有明アーバンスポーツパーク 施設概要

上記はすでに公表済みのイメージより。

  • スケートボード施設(パーク・ストリート)
  • 屋内ボルダリング棟(約 960 ㎡)
  • 3×3 バスケットボール設備
  • 管理棟(約 130 ㎡)
  • 都が整備する工作物
有明にスケボー&クライミング&バスケ施設「有明アーバンスポーツパーク(仮称)」が正式決定東京都は2022年1月21日に公表したTOKYOスポーツレガシービジョンにおいて、都立スポーツ施設の戦略的活用を紹介。 そのなかで...

* * *

そして、江東区内にはもう一つのスケボーパーク(いわゆる“堀米パーク”)が2022年11月にオープン予定。なんと、もう半年後なんですね。

江東区・夢の島のスケボーパーク、建設に向けた調査完了 2022年11月オープンへ江東区は夢の島公園に位置する区の公共施設「夢の島総合運動場」内にスケートボードパークを建設します。オープン予定日は2022年11月。 ...

いいね!で最新情報Get

関連記事