生活

豊洲公園などの広報誌「パークライフマガジン Vol.3」を作りましたので、ぜひどうぞ!というお知らせ

2021年7月20日より「PARK LIFE MAGAZINE(パークライフマガジン) Vol.3 2021年夏号」の配布が始まっています。

パークライフマガジンは、豊洲公園・豊洲ぐるり公園・豊洲六丁目公園・豊洲六丁目第二公園の4つの公園「江東区 豊洲ふ頭内公園(豊洲ぐるりパーク)」を管理している豊洲パークマネジメントJVが発行する年2回の季刊広報誌。

今回、ご縁あってパークライフマガジン第3号の製作を丸ごと担当しまして、ようやく完成しました。

豊洲公園の管理事務所「豊洲ぐるりパークセンター」にて配布していますので、ぜひお手に取っていただけたら幸いです!

再びの紙媒体は想定外な苦労の連続

豊洲ぐるりパークさんから最初にお話をいただいたのが2021年3月。ちょうど「てくてく散歩マップ」が完成し、皆さんに配布が始まったことを告知したあたりでした。

パークライフマガジンを製作していた前任者がいなくなるので、このままだと第3号が発行できなくなっちゃう!とか、そんな感じの理由がきっかけで、とよすとさんにぜひ!みたいな話だったと記憶しています。

自分のライフプランにおいてまさか情報誌をまるまる作ることになるとは全く想像していませんでした。

新卒で出版社に勤務していたときにAdobe InDesignを使ってはいたものの、独立してからは1度も触れる機会はありませんでしたし、実に9年ぶりにInDesignをMacにインストール。

それに当時はモノクロの原稿だけを担当していたため、カラー原稿の製作知識は皆無。つまり、筆者にとってパークライフマガジンはゼロからのスタートでした。

特集の内容をご紹介

波乱のスタートとまさかの追い打ち

製作が始まった当初は、パークレストラン「ラ・シャンス」や「豊洲ぐるり公園手ぶらBBQ広場」を特集したいという計画でした。

しかし、3回めの緊急事態宣言や蔓延防止措置と重なり、どちらの施設も意外なほど長期休業していたため取材を断念。荒波のなかでの船出となったのです。

企画を変更しながらもどうにか目標としていた期日までにすべての原稿を作り終えることができたのも束の間、製本作業に入ってからまさかの第4回緊急事態宣言に。いや〜、参った参った。もう、どうしようもありません(笑)

夏に涼を楽しめる「じゃぶじゃぶ池」をメインのひとつとして取り上げたものの、緊急事態宣言発出のため残念ながら8月22日まで利用休止。

また、パークレストラン「ラ・シャンス」や「豊洲ぐるり公園手ぶらBBQ広場」も同日まで休業中です。

手に取ると公園の隅まで見てみたくなるかも!?

あとは実際に冊子を御覧いただきたいと思うのですが、各特集を簡単に解説!

夏といえばじゃぶじゃぶ池に加えて、ここ1〜2年に設置された「ミスト」に注目です。ミストはある一定の条件を満たすと自動的に吹き出すって知っていましたか!?最初はその効果を疑っていたのですが、でも近づいてみるとほんのり涼しい。そんなミストを1ページ使ってご紹介しています。

また、豊洲グリーン100プロジェクトなど植物に力を入れている豊洲ぐるりパークさんですから、ぜひとも公園の花を特集したいなと思いまして、2021年の春と夏の花々を写真で紹介している「TOYOSU FLOWER COLLECTION – 2021 SPRING / SUMMER -」もぜひご覧いただきたいです。

豊洲で活発的に活動されてるコミュニティガーデン等の皆さんにご協力いただいた特集も。「あのキレイな花壇はこの団体が作っていたのね!」と、豊洲の街ナカで見かけるさまざまな花壇を知ることができる内容となっていますよ!

そして、このところ問題視されてきた公園の利用マナーや禁止事項について再確認できるページもありますので、ぜひチェックしていただき、みんなで気持ちよく公園を利用してほしいなと思います。夏は花火を楽しむ際の注意点もご確認ください。

パークライフマガジンは管理事務所にて配布中です!

2021年7月24日(土)・25日(日)には毎月恒例の「豊洲スタイルマーケット」が開催されます。時間は11時〜16時です。

ぜひ、豊洲スタイルマーケットに足を運んで、そのついでにパークライフマガジンをお手に取っていただけると嬉しいです!

 

【PARK LIFE MAGAZINE(パークライフマガジン) Vol.3 2021年夏号】
■配布場所:豊洲公園 管理事務所(豊洲ぐるりパークセンター)

いいね!で最新情報Get

関連記事