東京2020大会

【東京五輪】お台場・聖火台の場所と、今しか撮れない点灯前のようすを写真で残す

2021年7月23日に行われる東京オリンピックの開会式を前に、お台場に設置された聖火台を見てきました。

聖火がついた聖火台はとても楽しみですが、ここに火が灯る前の状態は開会式の前しか見られません。

そこで、サクッと夕景をバッグに撮影してきました。

【東京五輪】金メダルやトーチも無料展示!「オリンピック AGORA」を見てきたら五輪がより楽しみになったいよいよ東京オリンピックが2021年7月23日(金・祝)に開幕します。 一部の競技は早いもので21日(水)には実施されるとあって、...

お台場・聖火台の設置場所はここ

場所は「夢の大橋」。シンボルプロムナード公園の位置し、有明エリアとお台場エリアをつなぐ歩行者専用の橋です。

(こちらは昼間に撮ってきた様子)

最寄り駅は、ゆりかもめ・東京ビッグサイト駅、もしくはりんかい線・国際展示場駅。どちらも徒歩10分ほどのところにあります。

(こちらは昼間に撮ってきた様子)

「東京ベイコート倶楽部」のすぐ横、と言った方がわかる方にはわかるかもしれません。

聖火が灯る前の聖火台

ほどよく距離が空いたところに柵があり、これ以上は近づけない仕様になっていますが、高さは腰ほどですので撮影に支障はありません。

周りはこんな感じの照明がずらりと並んでいます。

バックには、お台場のマンションやフジテレビ、パレットタウン大観覧車などが見えますね。

ちょっと近づくとこんな感じ↓

離れるとこんな感じです↓

7月23日20時から開始の開会式にて聖火が灯りますが、お台場に聖火が届くのはそれ以降の時間になります。

お台場に聖火が灯る時間は何時になるのか、具体的には明らかにされていません。

【追記】開会式の後、聖火がお台場へと移されました!

7月23日、開会式を終えたその日の深夜に、国立競技場からお台場・夢の大橋へと聖火が移動。

早速、撮影してきました。こちらをどうぞ↓

【東京五輪】聖火が国立競技場からお台場へ 開会式の深夜、移動した聖火をさっそく見てきた2021年7月23日に行われた東京オリンピック開会式。 国立競技場で聖火台に灯された聖火は、その日の深夜にお台場「夢の大橋」に設置...

【追記】お台場の聖火 昼間の様子はこちら

7月24日、国立競技場からお台場・夢の大橋に移された聖火をふたたび撮影してきました。

カッコよすぎます。たくさんの写真と、混雑具合のレポートはこちら↓

【東京五輪】お台場・有明をつなぐ「夢の大橋」へ移転した聖火、マスコミが期待するほど密になっていない事実聖火台に関する記事はこれで3本目になります。 東京オリンピック開会式が行われた2012年7月23日、国立競技場の聖火台に大坂なおみ...

そのほか、東京五輪関連の夕景・夜景写真

こちらの五輪関連記事もどうぞ↓

【東京五輪】お台場・有明をつなぐ「夢の大橋」へ移転した聖火、マスコミが期待するほど密になっていない事実聖火台に関する記事はこれで3本目になります。 東京オリンピック開会式が行われた2012年7月23日、国立競技場の聖火台に大坂なおみ...
【2021年】東京オリンピック 開会式・閉会式・競技の日程スケジュールをまとめました2021年に開催する東京2020大会では、オリンピックで33競技(339種目)、パラリンピックでは22競技(540種目)がそれぞれ実施さ...
【東京五輪】開会まで1週間、湾岸エリアで今見ておきたい風景と撮影スポット晴れた日を見つけては湾岸エリアを駆けめぐり、東京オリンピック関連スポットを撮りに出掛けている今日このごろ。 せっかく出掛けても途中...

いいね!で最新情報Get

関連記事