カフェ

豊洲で喫煙できる居酒屋・カフェをまとめてみた!喫煙可能な飲食店の条件と罰金

2022年1月1日、東京都江東区ではすべての区立公園が全面禁煙となりました。もう公園でたばこを吸うことはできません。

喫煙者にとっては苦しいかもしれませんが、マナーを守っていただくようお願いしますね。

また、御存知の方も多いかと思いますが、2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律(改正健康増進法)が施行。東京都では東京都受動喫煙防止条例とあわせて、喫煙を可能とする店舗の条件が厳しく定められています。

しかしながら、実はお店側もよくわからずに喫煙OKとしている場合もあるみたい。

豊洲の飲食店を調べてみたところ、限りなくブラックに近いグレーゾーンなお店や、家族経営でないのに店内全席で喫煙可能としてるブラックなお店も確認できました。

家族以外の従業員のいる飲食店は原則喫煙NG

ここで、東京都において喫煙可能な飲食店の条件を再確認しておきましょう。

  1. 2020年3月31日より前に開店したお店であること
  2. 客席面積100㎡以下
  3. 資本金5000万円以下
  4. 個人・家族経営で、他の従業員がいないこと(家族外のアルバイトを採用しているとNG)

4番めの条件があるのは東京都特有。家族以外の従業員の有無でハッキリします。

つまりは、従業員が家族だけしかいない小型店だったら店内での喫煙は可能ということです。逆にいえば、それ以外は基本的に喫煙不可

この規則を破ると、お店側だけでなく喫煙者にも罰金(最大30万円以下の罰金)が課せられます。

喫煙室を設置すると飲食店でも喫煙OKに

一方、上の1〜4の条件をクリアできていない飲食店であっても、別途「喫煙ルーム」などを設置してたばこを吸う人と吸わない人とが完全に距離を取れるよう分煙化すると店内での喫煙を可能にできます。

飲食店の喫煙、禁煙はどうなる? 国と東京都の規制内容まとめ

豊洲でたばこが吸える居酒屋・カフェまとめ

上で挙げたとおり、家族経営の小型店であれば店内全席で喫煙可。また、その他の飲食店でも喫煙ルームを設けるなどして分煙化すれば喫煙可能となります。

そこで、豊洲のお店を調べたところ、以下のお店で喫煙可能なことがわかりました。(NGな確率が高いお店は除外しています)

喫煙可能な居酒屋

喫煙可能なカフェ・ファストフード

情報は随時集めていますので、そのほか喫煙OKな飲食店がありましたらぜひお教えください!

– – –

筆者自身はたばこを吸わない完全なる非喫煙者です。しかしながら、とよすとの読者さんの中には喫煙者は一定数いらっしゃると思いますし、たばこが吸える場所が少なくて困っている方も多いはず。

困っている喫煙者の皆さんに今回の情報が届くと嬉しいです。そして、喫煙NGな場所での喫煙やたばこのポイ捨ては絶対にやめていただくよう重ねてお願いいたします。

4月から豊洲で禁煙になったカフェ、喫煙OKのカフェを独自調査した結果改正された健康増進法と東京都の受動喫煙防止条例が2020年4月1日より全面施行されたことを受け、カフェや飲食店などの一部の既存店では完全...

いいね!で最新情報Get

関連記事