カフェ

リニューアルした豊洲のパン屋「ペル・エ・メル」に行ってきた!新メニューや生まれ変わったカフェの特長

豊洲駅前のカフェを併設したパン屋「Pere et mere(ペル・エ・メル)」が2020年4月17日、大規模な改装を終えリニューアルオープンしました!

内装・外装をガラリと変え、メニューや会計システムも大幅に変更。また、買ったパンをそのままイートインできるカフェコーナーでは客席スペースに手を加え、さまざまなお客さんが利用しやすいカフェへと生まれ変わりましたよ(^^)

なお、リニューアルオープン初日は新型コロナの緊急事態宣言中とあって、あえて大々的なキャンペーンを中止し、混雑を回避しながらのスタート。外では入店制限を行って人数を6人までに絞り、“3密”を避けるなどの感染予防策を講じていました。

ペル・エ・メルとは?

ここで一応、ペル・エ・メルをご存知ない方のために説明をしておきますね。

ペル・エ・メルは豊洲駅前で三栄堂が運営するパン屋さん。

昭和24年(1949年)に創業した三栄堂は当時、豊洲で働く人たちにジャムを塗ったパンなどを販売し、たいへん喜ばれたんだとか。そこからパン屋としてスタート。

その後の三栄堂はケーキ屋さんバーレストランなどを豊洲で運営しているので、知っている方も少なくないでしょう。

そして、2006年に豊洲駅前のタワーマンション「豊洲シエルタワー」の完成とともにその1階にオープンしたのがペル・エ・メルなのです!

ペル・エ・メルのリニューアルポイント6つ

さて、そんなペル・エ・メルが14年ぶりに生まれ変わるとあって、大規模な改装が行われました。リニューアル後の特長は大きく6つ。

ここが変わったペル・エ・メル
  • 新メニュー/豊洲コラボメニューなど新登場
  • 対面式のサンドイッチ手作りコーナー
  • 会計がセルフ式になり、衛生的に
  • ソファー席や電源席の設置
  • カフェコーナーはコーヒーマシンを刷新
  • 日曜日も営業へ

より魅力的になったペル・エ・メルの様子を写真でご紹介していきたいと思います!

売り場のリニューアルを写真でチェック!

まずは入口から。ピンク色だった外壁がブラウンに。パン屋さんらしさが増しましたね!

現在はカフェスペースを閉めているため、テラス席はありません。

続いて店内。売り場面積は広がってないはずなのに、どことなく余裕が生まれた気がします!

パンを並べる棚やケースがスッキリしたのがおわかりでしょうか?

参考までに、リニューアル前の様子がこちら↓

現在はこう↓ とてもスッキリしましたよね!

豊洲市場コラボなど新メニューが加わった!

リニューアルに伴い、新しいメニューもいくつか登場していますよ!

豊洲市場の玉子焼き店“大定”とコラボした新メニューが「大定のだし巻き卵サンド」。だしの効いた玉子焼きを挟んだサンドイッチです。どうです?この分厚い玉子焼き!!

こちらは東雲に本店のある“佃宝”とコラボした「あさりと桜エビのケークサレ」。まるでレーズンのように見えるのがあさりの佃煮!お酒にも合うそうですよ(*^^*)

そして、“豊洲”の焼印が輝かしい「豊洲食パン」。はちみつも入って、しっとりふわふわなちょっと贅沢な食パン。贈り物にもピッタリです!(↓の写真は2斤サイズのもの)

【追記】
食パンがおトクになる前売りチケットを発売したそうなので、早速買ってきました\(^o^)/

改装した「ペル・エ・メル」、食パンの“前売りチケット”がおトク!毎日の食卓が助かります豊洲駅前のパン屋さん「ペル・エ・メル」は2020年4月にリニューアルを迎え、6月1日からはいよいよ店内のカフェやテラス席も利用可能になり...

対面式のサンドイッチコーナー

ピーク時間帯以外で実施するのがこちらの手作りサンドイッチコーナー。客が好きな具をオーダーして、その場でサンドイッチを作ってくれます。

サブウェイを想像してもらえばわかりやすいかな!?実は新型コロナの影響で、リニューアル直後はまだ実施していません。楽しみに待ちましょう!

会計がセルフ式になり衛生に

これまでは店員さんが会計をし、パンをひとつひとつ袋に詰める作業を行っていました。でも、これだとお金を触った後にパンを詰めるので衛生面に欠ける点があったんだとか。

そこで、リニューアル後は新型のレジを導入。お客さんが自分で会計をする格好となりました。これにより、店員は袋詰だけに専念できるのでとても衛生的。

支払いにはこれまで同様に、現金・クレジットカード・交通系IC電子マネーなどが使用可能です。

カフェコーナーをチェック!

個人的にはペル・エ・メルのカフェがめちゃくちゃ進化した点にビックリ!パンを買うだけでなく、今後はカフェを利用する機会が増えそうです♪

まずは、過去のカフェコーナーの様子をご覧ください(↓リニューアル前)

これがリニューアルによって以下のようになったのです!

家族でも1人でも使いやすい席に!

ご覧のとおり、窓際にはソファー席がならび、カフェの中央にはロングテーブルを囲むように席が!

(営業自粛期間に撮影した様子。6月よりカフェが利用可能になります!)

家族や仲間など複数人でカフェを利用するときには窓側のソファーで。1人で利用するときにはロングテーブルや壁際のカウンター席で過ごしやすくなりました!

一見すると、席数が減ったかな?と思ったのですが、実はこの方が無駄な席をなくせて、お客さんの使用率が上がるんだとか。より多くの人が座って食事できるようになったんです!

電源コンセント席が大幅増!

会社外で仕事をする人がだいぶ多くなったとあって、ペル・エ・メルはカフェコーナーに自由に使える電源コンセントを増やしました。

中央のロングテーブル(お腹のあたり)と、壁側のカウンター席に電源コンセントがずらりと!

パソコンやスマホを充電しつつ、ちょっとした仕事をこなすのにちょうどいいですね。

【更新】
6月1日よりイートイン・カフェコーナーが解禁となりました!現在利用できるようになっていますので、ぜひどうぞ〜♪

コーヒーが一新!将来的にはビールに注力も

席だけではありません。カフェのコーヒーマシンを新たに入れ直し、よりパワーアップ。これは実際に飲んでみないとわかりませんが、カフェコーナーが営業をスタートしたらぜひ試してみたい!

メニューはこんな感じです。コーヒーのほか、ティーメニュー、ソフトドリンク、ビールやワインもあります。

そして、近い将来には新たなビールサーバーを導入し、今よりも遅い時間帯まで営業する計画も!

仕事帰りにペル・エ・メルに立ち寄り、ビールを飲みながら残していた仕事を片付ける。なんてシーンもありそうですね(*^^*)

何やら豊洲では新たなビール開発の噂があったり、なかったり!?

日曜日も営業へ!

ここしばらくの間は日曜日を定休日としていたのですが、リニューアル後は日曜日も営業することになりました。良かった〜(*^^*)

それでは、最後に店内やパンの写真をまとめて掲載して終わろうと思います!

新しくなったペル・エ・メル。ぜひ、空いている時間帯に足を運んでみてください!

【Pere et mere(ペル・エ・メル)】
■営業時間:緊急事態宣言期間中 8:00〜18:00
■定休日:なし
■電話:03-3533-9588
■住所:東京都江東区豊洲5-5-1-115(MAP

【保存版】豊洲のパン屋さん全6店!地元住民がオススメのおいしいパンを教えます東京・豊洲で暮らす筆者が行きつけのパン屋さんや、なかなか行かないけどあそこのパンは美味しいんだよ、というのをぜひご紹介したいと思い、まと...

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事