グルメ

医療現場を応援する「Smile Food Project」、豊洲のCITABRIAからおいしい料理をお届け

連日、感染者数の増加が報道される新型コロナウイルス。その検査や治療にあたっている医療従事者の皆さんには本当に頭が下がります。

そのようななか、2020年4月16日には医療関係者の皆さんにトップシェフたちが美味しい料理を届けて応援しようという「Smile Food Project」が動き出しました。

厳しい医療現場で心身ともに疲弊していく医療現場の方々に、栄養たっぷりの食事を食べてもらいたいとの想いからスタートしたこのプロジェクト。

レストラン「Sincère(シンシア)」のオーナーシェフであり一般社団法人Chefs for the Blueのリードシェフを務める石井真介氏と、豊洲ではCITABRIA BAYPARKでおなじみの高級ケータリングを手掛けるCITABRIA(サイタブリア)の代表取締役である石田聡氏がリーダーとなり、この2社とNKB、ぐるなびを含むプロジェクトチームが発足。

 

食事は1回1日につき200食を上限とし、医療機関においしい食事をお届けします。

公開された動画や写真では、しっかりと豊洲のCITABRIAから料理が運ばれていく様子が映っており、同じ豊洲住民としても何だか嬉しくなってしまいます。こういった活動は本当に素晴らしいです。

それ以上に、やはり医療現場で働く方々へはいくら感謝しても感謝しきれません。

Smile Food Projectではお食事を希望される医療機関を募集しているそうなので、どうぞお申し込みしていただきたいと思います。

また、Smile Food Projectの活動には支援してくれる企業の手が必要です。

多くの業種が厳しい環境にあるなか、少しでも支援できる会社さんはぜひSmile Food Projectを支援していただければと思います。
※個人による支援もスタートしました!

素敵な写真と動画もぜひ見ていただきたいです!

 

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事