カフェ

「ららぽーと豊洲3」オープン初日をぐるっとレポート!一部で混雑も新スポットの誕生は正直うれしい!

2020年6月1日、豊洲ベイサイドクロスタワーのなかに「アーバンドック ららぽーと豊洲3」がグランドオープンしました!

ららぽーと豊洲の新館として誕生したららぽーと豊洲3には全35店舗が営業。うちクリニック系4店舗はすでにオープンしていましたが、6月1日をもってグランドオープンを迎えた形です。

6月1日にオープンした店舗はこのうち8店舗。

  • 有隣堂
  • RINGO
  • おぼんdeごはん
  • だし茶漬け えん
  • 麺や一途 導
  • ノジマ
  • 整体×骨盤 カラダファクトリー
  • 森のキッズeクラブ

新型コロナウイルスの影響を考慮し、それぞれの店舗は徐々にオープンしていくスケジュールになっています。

同時期にリニューアルが進んでいるららぽーと豊洲1・フードコートの情報はこちら↓

生まれ変わった「ららぽーと豊洲」のフードコート!そのリニューアルの特長とはアーバンドック ららぽーと豊洲のフードコートが2020年5月29日の営業再開をきっかけに完全リニューアルし、全区画が利用可能になりました...

ららぽーと豊洲3 オープン初日をレポート!

初日とあって随分と多くの人出があり、賑わいを見せたららぽーと豊洲3。

しなしながら、お目当てのお店がまだオープンしていないことから来店しなかった方も少なくないでしょう。

筆者は午前中から昼過ぎまで滞在。ぐるっと各店舗を巡って見てきましたので、全体をざっくりレポートしたいと思います。

「RINGO」

カスタードクリームアップルパイで人気の「RINGO」はららぽーと豊洲3の地下1階にオープン。

ららぽーと豊洲3は有楽町線・豊洲駅と地下通路にでつながっているのですが、その最も駅に近い場所にあります。

開店から30分後に訪れてみると、長蛇の列!皆さんやっぱりRINGOのカスタードクリームアップルパイを御存知なんですね〜。

ららぽーと豊洲3のオープン初日で、このRINGOでの行列が一番すごかった。

家に帰るタイミングでお土産として買って帰ろうと計画していた筆者は、この行列を見て何よりも先に並ぶことに。約30分並んでようやくゲットできました(^_^;)

まぁ、勢いで並んでしまいましたが、時間帯によってはまったく並ばずに買えることもあると思いますので、皆さんはぜひ混雑具合を見計らって買ってください。

RINGOではオープン記念でマグカップのプレゼントがありました。カスタードクリームアップルパイを4個以上購入すると貰えるというもの。先着900個の限定です。

価格はこんな感じ。※税込

  • 1個 399円
  • 4個 1,512円
  • 8個 3,024円

店内での出来たてを買えるのは嬉しいですね!

1個からでも買えますが、せっかく並んで待ったので4個入を購入。

サクサクのパイに、中にはカスタードクリームがたっぷり!柔らかいリンゴの甘みも美味しくて、もっと食べられそう。あぁ、8個入りを買えば良かった〜。

4個買ったのでおまけのマグカップを1個貰えましたよ。しっかりした造りで、安っぽさがない!お茶も1杯分付属してました(^^)

追記。2日後に再訪したところ、13時ごろの様子はほとんど行列がなく、待ち時間はほぼゼロで購入できるようになっていました(^^)

「有隣堂」

ららぽーと豊洲3で2階の大部分を占めているのが書店の「有隣堂」。本屋のオープンを心待ちにしていた方は多いのではないでしょうか。

すごく大型の書店というわけではないものの、各ジャンルの書籍や雑誌がズラリと並び、品揃えはそこそこ良い。

児童書の数がかなり多いような印象を受けました。

ちょっとしたおしゃれな雑貨なども取り揃えていて、見ていて楽しいです!

 なんと、「豊洲シーフードカレー」や「豊洲はちみつ」も販売しているんです。

もし、他所から豊洲に来た方は買ってみてはいかがでしょうか!

有隣堂カフェ「Story Table」

そして、有隣堂の隣にはカフェ「Story Table(ストーリー・テーブル)」が併設。コーヒーはもちろん、ランチメニューやディナーメニューもいただけますよ!

レジの奥や通路の向かい側にも客席があって、全部で3つのエリアにテーブル席が!

嬉しいことに、壁側のカウンター席には電源コンセントを完備。ここでリモートワークやスマホの充電もバッチリです。

ランチはこんな感じ。 平日の16時〜18時はハッピアワー!

そして、ディナーメニューはこちら。

屋内なのにまるでテラス席のような眺めの良い席でランチ。ジンジャーポークがめっちゃ味が染みてて御飯が進みました!美味しかったです!

感染対策として席を間引いての営業しているため、安心して利用できました(*^^*)

また、違う日には「鯖カレー」(900円)を。

(鯖カレー。写真のドリンクは別途注文)

鯖カレー、一見すると地味なメニューですがとても美味しいですよ!

「ノジマ」

家電量販店の「ノジマ」はららぽーと豊洲3の3階ほぼ全体を使って営業を開始。スマホやPCをはじめ、テレビや掃除機、冷蔵庫など幅広い家電を販売しています。

 オープン記念で最大20%のポイント還元を実施。また、セール品もいくつかありました。

パソコンは残念ながらMacの取り扱いはなし。iPhoneやiPadは取り扱っています。

豊洲周辺の1Gbps対応マンションを掲示しているのはさすが。

「おぼんdeごはん」

本当はここでランチを食べようと思っていたのがららぽーと豊洲3の地下にある「おぼんdeごはん」。

バランスを考えた健康的な定食メニューを出してくれるお店で、種類が豊富だし、体を気にしている人やOLに人気のお店になりそう!

 そば粉を使ったクレープや白玉あんみつなんかもあり、カフェ利用も良さそうです。

「だし茶漬け えん」

お茶漬けの専門店「だし茶漬け えん」はしっかり御飯が食べられるお店。

場所はららぽーと豊洲3の地下です。お茶漬けといえば、日本が誇るファストフードですよね。

おにぎりやお弁当も売っていて、気軽にテイクアウトしやすいのも特長。

ららぽーと豊洲3の地下には居酒屋もあるので、飲んだ後のシメにも良いかも!

「麺や一途 導」

ラーメン店の「麺や一途 導(しるべ)」は提供するメニューがちょっと変わっています。

びっくりしたのがコーンポタージュスープのラーメンとか、クリーミーなカレーのスープでいただくラーメンとか、これまでの常識を覆すたいへんチャレンジングなラーメン店です。

アラカルトで小さなカレー丼や肉丼といったメニューも。ここはぜひ近いうちに試してみたいです!(*^^*)

「整体×骨盤 カラダファクトリー」

全身整体は60分3,980円、整体・骨盤調整コース(もみほぐし付)は40分2,980円で受けられるリーズナブルなサロン。ららぽーと豊洲3の地下にあります。

「森のキッズeクラブ」

子ども向けの英会話学習、そろばん、プログラミング学習を提供する総合教育施設が「森のキッズeクラブ」です。

ららぽーと豊洲3の3階、外から入店する形なのでちょっとわかりづらい場所かもしれません。

ららぽーと豊洲1との連絡通路も完成して、便利になりましたね!2階・3階それぞれに連絡通路がありますよ。

まだまだ多くのお店がオープンを控えてる!

と、オープン初日のもようをざっくりお届けしました。

6月3日にはローヤルガーデンカフェ、鳥開総本家、Soup Stock Tokyoがオープンしますし、4日にはRF1 SALAD MEAL、5日にはスターバックスコーヒーもオープン。

さらに、6日、7日、8日と連続してお店がオープンするスケジュールになっていますので、ちょこちょこららぽーと豊洲3に足を運ぶことになりそう。

お店が一斉にオープンしなかったのはもちろん混雑回避のためでしょうし、バラバラにオープンすることでコンパクトに回りやすいというメリットもありますよね(^^)

筆者の感想としては事前に想像していたよりも混雑はなく、RINGOの行列に並んだとき以外は密になるような機会は少なかったです。

ららぽーと豊洲1・2の方も新店舗がオープンしたり、リニューアルオープンもしているので、ぜひ注目ですよ!

ららぽーと豊洲1・2・3の概要と全レポートまとめはこちらからご覧になれます(*^^*)↓

「ららぽーと豊洲」 新しくなった特長まとめアーバンドック ららぽーと豊洲は3つの建物からなる湾岸最大級の商業施設へと生まれ変わります! ららぽーと豊洲1(本館)...

フロアマップや全店舗一覧はこちらのまとめ記事をどうぞ♪ ↓

【豊洲ベイサイドクロス ららぽーと豊洲3】テナント出店数は湾岸最大級の214店舗!グルメ・カフェなど店舗情報とフロアマップアーバンドック ららぽーと豊洲は既存店を大幅リニューアルするとともに、新たに豊洲ベイサイドクロスタワー(新館)の内に「ららぽーと豊洲3」...

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事