グルメ

生まれ変わった「ららぽーと豊洲」のフードコート!そのリニューアルの特長とは

アーバンドック ららぽーと豊洲のフードコートが2020年5月29日の営業再開をきっかけに完全リニューアルし、全区画が利用可能になりました!

ららぽ豊洲のフードコートが便利になった特長4つ

大きく4つの特長があります。

特長
  • エリアが広がり、ソファー席も設置
  • 哺乳瓶用温水マシンの設置
  • 電源コンセント(USB)が利用可能に
  • 全13店舗に増えた

衛生面を考慮して席の間には透明なクリアガードを設置しており、お隣さんを気にせず利用できるので安心です。

それでは、これらの特長を写真でご紹介していきますね。

エリアが広がり、ソファー席も設置

実は2020年の年初からソファー席ができたりすでに一部の改装が行われていたのですが、このように工事の囲いが外れてすべての席が開放。

広々としていますね〜!これまで隣にあったアドベンチャーアイランド(キッズプレイエリア)とPLAZAがなくなり、そのぶんフードコートを拡大しています。

リニューアル前と比べて100席ほど増え、より多くのお客さんが利用できるようになりました。

ソファー席が新たに設置されたことで、ゆったり過ごせます!

哺乳瓶用温水マシンの設置

小さなお子さんのいるファミリーには嬉しい、お子さん連れ優先席ももちろん健在。むしろ、優先エリアは少し広くなっているかもしれません!

そんなお子さま連れ優先席エリアにはなんと哺乳瓶用の温水マシンが設置されています。調乳用の温水として使え、赤ちゃんのミルクを作るのに役立ちます。

(記事公開当初、洗浄マシンと表記していましたが調乳用の温水器でした。訂正してお詫びいたします)

これはリニューアル前もあったのかもしれませんが、乳児を連れてフードコートを訪れた際には非常に助かるかと思います(*^^*)

電源コンセント(USB)が利用可能に

そして、スマホの充電に使えるUSB電源コンセントが設置されました!

USB電源のある場所はフードコートの運河側にある席です。

通常の電源コンセントではないのでパソコンの電源には不向きですが、USBケーブルさえ持っていれば直でつないでスマホを充電できるのは嬉しいですね♪

役立つフードコート完全ガイド

「ゴンチャ」や「柿安 Meat Express」「日本橋 天丼 金子半之助」の3店舗はそれぞれ6月に入ってからオープンとなるものの、ららぽーと豊洲の生まれ変わったフードコートはこれからも利用する機会がたくさんありそう(^^)

なお、このリニューアルをきっかけにお店選びに役立つ“フードコート完全ガイド”を作成しました。

フードコートの全体MAPや全13店舗それぞれのメニューも掲載していますので、ぜひ参考までにご覧いただければと嬉しいです! ↓

ららぽーと豊洲 フードコート完全ガイド [2020年最新版]2020年春に大幅なリニューアルを迎えた「アーバンドック ららぽーと豊洲」のフードコート(マリーナキッチン)。 ラーメンやファスト...

ららぽーと豊洲 まとめ記事に戻るならこちら↓

「ららぽーと豊洲」 新しくなった特長まとめアーバンドック ららぽーと豊洲は3つの建物からなる湾岸最大級の商業施設へと生まれ変わります! ららぽーと豊洲1(本館)...

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事