イベント

燃える炎の新作が豊洲に!「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」が2作品を新たに展示へ

豊洲の水に入るアートミュージアム「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」は2021年4月7日(水)より、炎を描いた2つの作品『空から噴き落ちる、地上に憑依する炎』と『憑依する炎』を新たに展示します!

訪れるたびに今度はもっと良い写真を撮りたい!とあれこれイメージしながら再訪するのですが、今回は新作が2本もあるよということで、ワクワクしながら内覧会に行って参りました。

15%オフの割引チケット情報もあるので、ぜひ最後まで御覧ください。

チームラボプラネッツ、炎の新作2本を展示開始

『空から噴き落ちる、地上に憑依する炎』

こちらが新作1つめの『空から噴き落ちる、地上に憑依する炎』です!

人が作品の根元部分に立ったりすると、黒点が発生します。この黒い点は絶対的な存在なのだとか。

パブリックアートのため、入館の有無に関わらず誰でも鑑賞できるのが大きなポイント。

足元ではこのように人間によって炎が姿を変えます。

人々のふるまいに影響を受けながら、永遠に変化し続ける作品なのです!

ゆりかもめの新豊洲駅から見るとまた違って見えて面白いですよ。

なお、これまで屋外に展示していた『空から降り注ぐ憑依する滝』は『空から噴き落ちる、地上に憑依する炎』と入れ替わるため展示を終了します。

チームラボプラネッツ、変化する新作品「空から降り注ぐ憑依する滝」を公開!施設は2022年末まで延長新豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」は新たな作品『空から降り注ぐ憑依する滝(Universe of Water Part...

『憑依する炎』

はっ!と気付かされたのが、そもそも炎は物質ではないということ。燃焼によって生じる光や熱の現象であり、それを人は形として認識しているに過ぎません。

燃焼するときに起こる気体の分子の動きを分析し、空間上に無数の線で炎を描いたのが2つめの新作『憑依する炎』です。

黒い絶対的な存在によって、炎の形が変化。ずっと見ていても飽きない作品です。

チームラボプラネッツのオープン以来ずっと展示してきた『冷たい生命』は4月5日(月)で展示を終了し、それと入れ替わるように4月7日(水)から『憑依する炎』が展示されます。

何度来てもやっぱり撮影するのが楽しい!

さて、今回も全部の作品をぐるっと1週してきましたが、もう何回も見てきた作品なのに、どうしてこうも毎回楽しめちゃうのか不思議でなりません。

きっと筆者のように写真が好きな人や動画撮影が好きな方は、間違いなく時間を忘れて作品の撮影に没頭できるでしょう。

実際、作品そのものが時間の経過とともに変化しているので、つい何度も何度もシャッターを切ってしまいます。撮影枚数は青天井(笑)

やっぱり最後のドームは大好きな作品です!↓

今なら桜の作品とスイーツが!入館料は15%オフ!

春ということで、桜を使ったオリジナル商品も販売中。

「桜とベリーの抹茶ラテ」と「桜と苺のどら焼き」の2種類は期間限定で販売。価格はどちらも税込500円です。

これらは敷地内のフードスタンド「Everything is in your hand」にて購入できます。

また、2021年4月23日(金)までは15%オフで入場できる割引クーポンを配布中。ぜひ、こちらの案内ページをチェックしてくださいね!

15%オフ&桜の作品とスイーツを楽しもう!豊洲「チームラボ プラネッツ」、3/6に営業再開へ豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」が2021年3月6日(土)から営業を再開することが決定しました! 新型コロナウイ...

【チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com】
■営業時間:
4月1日(木)から4月23日(金)まで:平日10:00〜18:00 土日祝9:00〜19:00
4月24日(土)から5月9日(日)まで:9:00〜19:00
*最終入場は閉館の30分前
■住所:東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO(MAP

いいね!で最新情報Get

関連記事