イベント

山下智久さんがCM出演の「チームラボ プラネッツ TOKYO DMMcom」、登場シーンとその作品名を調べました

“やまぴー”こと山下智久さんが出演する「teamLab Planets TOKYO DMM.com(チームラボプラネッツ東京ディーエムエムドットコム)」(東京・豊洲)のテレビCM。

内覧会の取材時に北野武さんがCMに出演するのはわかったのですが、やまぴーとローラさんも出演することは知らされていませんでした。やまぴーファンの皆さんはいきなりこのCMの放送・配信が始まり、驚いたことでしょう!むしろ、大歓喜ですよね(^^)

そうなると聖地巡礼といいますか、7月7日にオープンを迎えたチームラボ プラネッツを訪れ、やまぴーと同じ作品を見て、同じアングルで写真や動画を撮影したいと思っているファンも少なくないはず!

 

そこで当サイトでは山下智久さんがCM内で体験している作品はどれなのか、調べてみました。

なお、参考にしたのはteamLab Planetsの公式アカウントがYouTube上で公開しているCM動画(2分18秒のフルバージョン)です。

 

 

チームラボプラネッツについて

teamLab Planets TOKYO DMM.comとは東京都江東区豊洲にオープンしたデジタルアートテーマパークです。チームラボが制作したさまざまなデジタルアートを体で体験できる巨大没入空間。深夜1時まで営業していて、観光からデートまで楽しめる場所です。

【teamLab Planets TOKYO DMM.com】
■営業期間:2018年7月7日〜2020年秋
■営業時間:9:00〜24:00(最終入場23:00)
※2018年8月14日に営業時間を更新しました
■場所:東京都江東区豊洲6-1-16 (最寄り駅:ゆりかもめ・新豊洲駅 徒歩1分)

→ 【内覧レポート】豊洲に誕生!「チームラボプラネッツTOKYO DMM.com」の全作品を紹介します

やまぴーがCMで登場する作品はこれ!

山下智久さんがCM内で体験している作品はこちらの5つです。CM内での登場順に作品名とシーンや特長を挙げておきますね。

※以下、記事内で使用している写真は筆者が撮影したもの、もしくは報道用に配布されているオフィシャル画像です。

坂の上にある光の滝

・・・青白いLEDが照らす通路を裸足で歩くやまぴー。映像では足もとだけしか映っていませんが、北野武さんのカットの後にやまぴーが出てくる場所は位置的に間違いなくこの通路なので、最初の足はやまぴーでしょう。やまぴーが水の流れる上り坂をあがっていくと『坂の上にある光の滝』が目の前に現れます。

(『坂の上にある光の滝』)

 

The Infinite Crystal Univers(ユニバース)

・・・天井からぶら下がる無数のLEDと鏡の床で、全体がキラキラしている作品。やまぴーが「豊洲・・・」というセリフを放つシーンがこの作品です。ここでローラさんと並んで共演していますね。

(『The Infinite Crystal Univers(ユニバース)』)

人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング(IZUMI)

・・・リアルに描かれた鯉がまるで生きてるかのように泳ぎ、光の線になって不思議と動き回る作品。やまぴーが膝までズボンを捲りあげて水の中を歩きます。鯉を手ですくうシーンもここ。

(『人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング(IZUMI)』)

変容する空間、広がる立体的存在(風船)

・・・続いて、巨大なバルーンを右手でパンチするシーンはこの作品。叩いたり強い衝撃を与えると、バルーンは音を発するとともに色を変化させます。

(『変容する空間、広がる立体的存在』)

Floating in the Falling Universe of Flowers(ドーム)

・・・やまぴーが仰向けで寝そべっているのはこの作品。床は鏡になっていて、天井に映し出された映像が反射し、前後左右上下の全視界に映像が見えます。赤い花がまるで宇宙空間の星のように流れる中、やまぴー、ローラさん、北野武さんの3人で歩いているシーンもこの作品です。最後に「豊洲に誕生。チームラボ プラネッツ 東京」のセリフがクールにキマってますね。

(『Floating in the Falling Universe of Flowers(ドーム)』)

現に筆者も体験したのですが、とてもキレイで写真も動画も撮るのが楽しくなる作品ばかりです!!

やまぴーファンの皆さんにとって、この記事が少しでもお役に立てたらたいへん光栄です。これをきっかけに豊洲へ来ていただいて、「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」をぜひ楽しんでくださいね(*^^*) 10月にはすぐ近くに豊洲市場もオープンしますし、見どころの多い豊洲を知ってほしいです!!(豊洲LOVE)

豊洲って実はめっちゃ近いんです!

湾岸エリアにあることから場所が遠いイメージのある豊洲。でも、本当はめっちゃ都心に近いんです。

たとえば、有楽町からは地下鉄・有楽町線でたったの8分。1本で豊洲駅まで行けちゃいます!(4駅めが豊洲)
有楽町といえば東京国際フォーラムとか銀座エリアも有楽町駅すぐですよね。

有楽町駅から「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」のある新豊洲駅までは有楽町線とゆりかもめに乗ることになりますが、乗り換え時間も含めてだいたい15分で行けちゃう近さです。

 

【有楽町駅から新豊洲駅までのルート↓】

7月11日(水)に行われる『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命–』の完成披露試写会がまさに東京国際フォーラムですから、やまぴーファンの皆さんは完成披露試写会のついでにチームラボ プラネッツも楽しむ!ってことも全然可能ですよ\(^o^)/

→ 豊洲駅への行き方 – 有楽町・銀座からたった8分、渋谷から27分

 

チケット情報やアクセス情報、注意事項などはこちら

→  オープン初日!新豊洲「チームラボ プラネッツ TOKYO DMMcom」、初回の行列をレポート

→ 各チケットの違い、会場へのアクセス方法と営業時間・休館日などの情報

→ 基本は裸足!オススメの服装は?濡れる&鏡の作品あり