イベント

桜の季節。豊洲公園でお花見する際に気をつけてほしいゴミのポイ捨て問題

暖かい日が続き、豊洲の街もあちこちで桜が咲いてすっかりお花見シーズンになりましたね!

毎日豊洲を歩いて桜の状態を見ていますが、場所によってはもう満開になっています!一方で、つぼみの多い場所もまだたくさんありますから、おそらく街全体で桜が満開になるのは3月29日あたりかな?なんて予想。

そんななか、公園でレジャーシートを広げ、持ち寄った料理やお酒をいただきながらお花見したいと考える方も多いことでしょう。

楽しくお花見していただくのは構いません。桜の下で賑やかに仲間とワイワイしながら過ごせるのは今だけのお楽しみですし、周りに迷惑をかけない範囲でぜひ楽しんでください!

そう、迷惑をかけない範囲で。

お花見のゴミは持ち帰りましょう!

豊洲のお花見スポットで有名なのは、まず間違いなく「豊洲公園」です。春海橋公園と続く晴海運河沿いの桜はとても美しく、とてもおすすめ。

2019年は豊洲公園内の一部で工事が行われている関係で桜の木は例年より少なくなっています。しかしながら、それでも多くの人がお花見に訪れるでしょう。

やはり、お花見で一番の問題はゴミのポイ捨て

豊洲公園にはゴミ箱が設置されていないため、ゴミは利用者自身で持ち帰るのが鉄則です。近隣マンションの住民さんなら持ち帰るのは容易のはずなので、ぜひお持ち帰りくださいね!

もし、豊洲の会社さんが社員同士でお花見するのであれば、やはりお花見した後にゴミは会社のゴミとしてお持ち帰りいただき、オフィスのゴミとして処理していただきたいです。

そして、ゴミの処理で困るのは、豊洲の住民でも豊洲で働く人でもない豊洲の外からいらっしゃる一般の方々でしょう。

繰り返しますが、豊洲公園にはゴミ箱がありませんし、周辺のゴミ収集所には一般の方は捨てられませんので、お花見で出たゴミは絶対にお持ち帰りくださいね。

ゴミの処理は、お花見を始める前に準備がおすすめ

お花見の開始前からゴミのことを考えて行動しておくと、帰り支度をするときに片付けやすいですよ!

基本的な準備方法ですが、料理や飲み物を買った際に使った買い物袋(ビニール袋や紙袋)をすべてキレイに取っておき、それを最後に片付け用に使うと便利です。

  1. 買ってきた際の買い物袋をお花見終了まで取っておく、もしくはスーパーの買い物袋(ビニール袋)を1人1枚の割合で用意しておく
  2. 空き缶やペットボトルなど資源ゴミを袋に入れる
  3. 料理の皿や割り箸など燃えるゴミを別の袋に入れる
  4. 燃えないゴミを別の袋に入れる
  5. 袋を1人1つずつ持って帰る

10人いれば10枚の袋にこれらのゴミを分けて入れれば、1人あたりの持ち帰るゴミの量はけっして多くないはず。みんなで正しいことをして、カッコ良くお花見しましょう!

それに、最初からゴミの持ち帰りを念頭においてお花見を計画することで、ゴミ処理をもっと楽にできるアイディアも思い浮かぶはず。

その際にぜひ、私達はこんな工夫でお花見のゴミを持ち帰りました!みたいな投稿を写真つきでTwitterやInstagramで紹介していただきたいです(^^) 良いアイディアはみんなで共有したいですし、それで公園のゴミがゼロになるのなら万々歳!

豊洲に限らず、素晴らしいゴミゼロアイディアが日本中に広まったらもっと嬉しい!

実際にポイ捨てされていたゴミたち

ゴミは豊洲公園だけの問題ではありません。

東京オリンピック・パラリンピックで注目される豊洲は年間でたくさんのイベントが開催され、また豊洲市場や豊洲ぐるり公園など多くのスポットのオープンもあり、豊洲を訪れる人の数はここ数年で急激に増加しました。

しかし、それと同時に明らかにポイ捨てされているゴミの量も増えています。

(スタバの袋が泣いてる)

これらの写真は豊洲の住民さんからお寄せいただいた50枚以上の写真の一部と、筆者が実際に撮影した写真です。すべて豊洲にポイ捨てされていたゴミたちです。

フード系のイベントに参加してそのままゴミを置いて帰ったり、公園でピクニックした帰りにポイ捨てしたり、酒盛りを楽しんでその空き缶を放置したまま帰ったり。。。

そういったゴミが写っています。

(テイクアウトして食べてそのままになったファストフードのゴミ。これはお店のゴミ箱に捨てれば良かったのに・・・)

豊洲は運河が目の前を流れ、その運河は東京湾へと続いています。当然、ゴミは海を汚しますし、海へ流れたゴミは魚や鳥が誤って食べてしまいます。

放置されたゴミは誰かが拾わない限り、最終的には風で飛ばされて海へ。

(せっかくここまで袋にまとめたのなら持ち帰って捨ててほしい・・・)

豊洲は水辺に広がる緑と幅の広いキレイな歩道のあって本当に暮らしやすく、小さい子どももペットも驚くほどたくさん住んでいる街です。

それでいてオフィスビルも多くてビジネスに訪れる人もたくさんいますし、観光客もめちゃくちゃいます。こんな場所は東京になかなかありません。

子どもも大人もみんな、この美しくてキレイな公園で楽しくお花見したいんです。

お願いです。豊洲を汚さないで。ゴミは放置せず、必ず持ち帰って捨ててください。

きれいな桜を見て楽しんだら、次の人がまた気持ちよくお花見できるようゴミを持ち帰りましょう!

豊洲でお花見する際のコツ

さてさて。お花見を楽しむのコツはしっかりした準備に限ります。マナーも守ってね♪

料理はぜひ豊洲で現地調達を。アツアツの唐揚げや焼き鳥は「肉のイチムラ」で買って行けます。

また、飲み物はお酒ばかりでなく、温かいお茶もね。温かいお茶は女子に喜ばれますよ♪

周りに迷惑をかけない。公園内や運河の歩道などは火気厳禁。BBQコンロやタバコはやめましょう。

そして、みんなが気持ち良く過ごせるよう、ゴミは捨てずに。

あとは帰る時間までがっつり楽しむ!!

ぜひぜひお願いします(^^)

夜桜もキレイですよ♪

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事