東京2020大会

【東京五輪】トライアスロンを上空の移動式カメラが中継、お台場のタワマン屋上に1.2kmのケーブル

東京オリンピックの2競技、トライアスロンオープンウォータースイミングの会場になっているお台場海浜公園には、競技を上空から撮影できる移動式カメラが設置されています。

先日、お台場海浜公園を見に行ったときに気づきました。

調べてみたら非常に面白いことがわかったので、ご紹介しますね。

タワマンから伸びる長さ1.2kmのケーブルにカメラ

上の写真中央に見えるT字型の物体がカメラです。そのカメラが付いているケーブル、なんと長さが約1.2kmもあるとのこと。

さらに驚いたことに、ケーブルの先端はお台場のタワーマンション「トミンタワー台場一番街2号棟」につながっているではありませんか!

32階建てのタワーマンションで、屋上の最高部は高さ約111メートルです。

(トミンタワー台場一番街2号棟屋上につけられたケーブル)

そして、ケーブルがつながっているもう片方は、一見すると「ヒルトン東京お台場」の建物についているのかな?とも見えなくもないですが、これはお台場海浜公園に隣接する「潮風公園」に設置された高さ約60メートルある台座

(もう一方は潮風公園の台座に)

カメラはこの高い位置に張られたケーブルをつたって左右に移動できます。これにより、ドローンのような俯瞰撮影と安定感のある撮影を可能にしたというわけです。

トライアスロンの会場風景

せっかくですので、トライアスロンの会場であるお台場海浜公園や、お台場の沿道、シンボルプロムナード公園の一部などを写真でご紹介しますね。

上空からのカメラは、競技中に選手が何をしているのか、今どこにいるのか、他の選手との距離は?などといった、正面や横からのアングルでは捉えきれない様子を上空から見せてくれることでしょう!

トライアスロンは7月26日(月)・27日(火)・31日(土)の朝より実施、オープンウォータースイミングは8月4日(水)・5日(木)に実施となります!

お台場に設置された聖火台のようすはこちら↓

【東京五輪】聖火が国立競技場からお台場へ 開会式の深夜、移動した聖火をさっそく見てきた2021年7月23日に行われた東京オリンピック開会式。 国立競技場で聖火台に灯された聖火は、その日の深夜にお台場「夢の大橋」に設置...

各競技のスケジュール

【2021年】東京オリンピック&パラリンピック 開会式・閉会式・競技の日程スケジュールをまとめました2021年に開催する東京2020大会では、オリンピックで33競技(339種目)、パラリンピックでは22競技(540種目)がそれぞれ実施さ...

いいね!で最新情報Get

関連記事