東京2020大会

【東京五輪】有明に4つの競技場、いよいよ開幕せまる会場周辺を見てきた

季節はすっかり梅雨。東京オリンピックの開催まで1ヵ月を切りました。

豊洲のお隣に位置する有明には、有明体操競技場や有明アリーナ、有明アーバンスポーツパーク、有明テニスの森といった4つの競技場があります。

会場キャパの50%もしくは1万人を上限に入場者の制限しての開催が決まった東京オリンピックですが、会場の準備は一体どうなっているのでしょうか。

ようやく時間ができた2021年6月24日、ずっと気になっていた有明の競技場を見に行ってきました!

有明エリアの五輪会場と競技

まず、有明の4会場では何の競技が行われるのかまとめましたのでどうぞ♪

有明アリーナ

  • オリ:バレーボール
  • パラ:車いすバスケットボール

有明体操競技場

  • オリ:体操(体操・新体操・トランポリン)
  • パラ:ボッチャ

有明テニスの森

  • オリ:テニス
  • パラ:車いすテニス

有明アーバンスポーツパーク

  • オリ:自転車競技(BMXレーシング)、自転車競技(BMXフリースタイル)、スケートボード(ストリート・パーク)

急ピッチで準備が進む競技場

有明アリーナ

(↑この写真のみ6月10日撮影)

有明体操競技場

有明テニスの森

有明アーバンスポーツパーク

有明の各会場は豊洲から目と鼻の先にあるものの、筆者がなかなか撮影しに行く時間がなかったり、時間がある日にかぎって雨だったり、タイミングがあわずにいました。。。

ようやくこの日は時間があり、しかもわずかに晴れていため、急いで有明に急行!

しかし。。。結局、有明についた途端に天候が急変し、雨にやられる筆者。

晴れてる写真や雨っぽい写真になっているのは上記のようなコロコロ変わる天気だったためです。ほんと、梅雨の季節は難しい(笑)また晴れた日に撮り行きたいなぁ(^_^;)

交通規制に注意!ピンクの車線は通行禁止

ここからは豊洲や有明の会場を取り巻く様子をちょっとずつお届けしますね。

環状2号線では、オリンピック・パラリンピックのために6月23日から交通規制が開始しています(9月12日まで)。このため豊洲市場前や豊洲大橋は通行できません。

また、大会期間中に限り、ピンク色の実線が入った車線は五輪関係車両だけが走行できる専用レーンとなります。一方、ピンクの点線は優先レーンです。

(大会期間中、ピンクの実線は五輪関係車両だけが走行できる)

↓は首都高・豊洲出入口の付近のようす。

そうそう。豊洲の街路灯をぜひ注意深く見てみてください!

豊洲駅前の晴海通りやゆりかもめ沿いの道路、豊洲商店街の街路灯など、多くのところで「TOKYO2020」のロゴが描かれたフラッグが飾られています。

このフラッグは去年も飾られていたのですが、実は最近になってデザインが新しいものに取り替えられました!全部ではないようですけど、よ〜くチェックしてみてください(^^)

飾り付けがけっこう早かったのが豊洲市場。大きく「TOKTO2020」の装飾が。

東京オリンピック・パラリンピックは交通規制や混雑などのマイナス面はありますし、新型コロナリスクも心配です。

でも、やっぱり一生に一度の大きなイベントですから、やるからには嫌な思い出にはしたくないですし、最初から最後までトラブルなく楽しいオリンピック・パラリンピックになればいいなぁ〜と願っています(*^^*)

東京オリンピック・パラリンピックの競技スケジュールはこちらを御覧ください↓

【2021年】東京オリンピック 開会式・閉会式・競技の日程スケジュールをまとめました2021年に開催する東京2020大会では、オリンピックで33競技(339種目)、パラリンピックでは22競技(540種目)がそれぞれ実施さ...

いいね!で最新情報Get

関連記事