観光

ホテルマンデー豊洲、2人で5,000円!1泊2日朝食付きの激安料金にビックリして勢いで泊まってきました

東京・豊洲にはいくつかのホテルがあります。「リブマックス豊洲駅前」と「JAL CITY東京 豊洲」などです。どちらもプライベートで宿泊したことがあるのですが、そういえばまだ泊まっていないホテルがひとつありました。

hotel MONday TOYOSU(ホテルマンデー豊洲)」です。

ホテルマンデー豊洲は住所としては東雲に位置するビジネスホテルであるものの、豊洲駅から徒歩10分。橋1つを渡ってすぐの近場ですし、もはや豊洲のホテルと言っても過言ではない立地にあります。

この3つのホテルを比較すると、JAL CITY東京 豊洲は新しくて豪華でおいしいレストランがあるのですが、ホテルマンデー豊洲はJAL CITYにはない大浴場を完備している点が強みです。JALシティ東京 豊洲の宿泊レポートはこちら。

「ホテルJALシティ東京 豊洲」に泊まってみた!豊洲市場や湾岸の景色が美しいPLUSフロアが魅力2019年12月9日オープンした「ホテルJALシティ東京 豊洲」。 場所は豊洲市場やIHIステージアラウンド東京から目と鼻の先の近...

また、どうしても狭さが否めないリブマックス豊洲駅前よりも圧倒的に広い客室としっかりレストランがあるのもホテルマンデー豊洲の良さと言えるでしょう。リブマックス豊洲駅前の宿泊レポートはこちら。

ホテルリブマックス豊洲駅前に泊まってみました!設備やアメニティ、ベッドの寝心地をチェックとよすとのレビューまだかな?という期待を背中に受けながら、ついに先日宿泊してきました!豊洲5丁目にある「HOTEL LiVEMAX(ホテ...

激安で宿泊できるキャンペーンに気づいた

そんなホテルマンデーがTBS番組の「がっちりマンデー」に3月1日付で特集されているのを見て、そういえばまだ泊まったことがなかったのを思い出した筆者。

ふと宿泊料金を調べてみると、なんと、「ホテルマンデー東京西葛西」が開業1周年を記念して、ホテルマンデー豊洲も特別価格のキャンペーンを実施しているじゃないですか!

これがもう、びっくり料金。

下表はキャンペーン期間中の木曜日と土曜日の例です。見やすいように宿泊料金をまとめてみましたが、ホテルマンデー豊洲の1周年記念キャンペーンではこんな衝撃価格で泊まれちゃうんです。(キャンペーンは3月24日まで

3/12(木)部屋料金例 1泊2日朝食付

  1名宿泊 2名宿泊 3名宿泊
スタンダードダブル 5,200円 6,000円
コンパクトツイン 5,920円 6,640円
ベーシックツイン 6,000円 6,000円
スタンダードツイン 7,040円 7,760円 9,879円
トリプルルーム 7,100円 7,900円 8,700円

3/14(土)部屋料金例 1泊2日朝食付

  1名宿泊 2名宿泊 3名宿泊
スタンダードダブル 6,520円 7,640円
コンパクトツイン 7,320円 8,040円
ベーシックツイン 7,400円 7,400円
スタンダードツイン 8,440円 9,160円 11,280円
トリプルルーム 8,640円 9,360円 11,478円

(※1周年記念キャンペーンの対象プランを掲載)

たとえば、木曜日に2名でスタンダードダブルの部屋に宿泊するとたったの税込6,000円!!1名あたり3,000円で泊まれてしまいます。しかも、朝食ビュッフェ付きの料金でこれです。めちゃくちゃ安くないですか!?

なお、キャンペーン料金は3月24日(火)宿泊分まで。

あまりにも驚いて、そのままの勢い翌日に泊まりに行きました(笑)今回ももちろん他のホテルと同様に自腹での宿泊です。せっかくなのでいろいろ目に留まったポイントを指摘しつつ、レポートしたいと思います。

実際に泊まったら、お値段以上のサービスに歓喜!

ホテルに入ってすぐ、右手にある自動チェックイン機へ。自分の名前をカタカナで入力するとカードタイプのルームキーが発行されて、チェックイン処理が完了。

朝食付きだったので、結局はカウンターでスタッフさんから朝食券を貰う必要はあったのですが、手書きでのチェックインが不要のは簡単でいいですね。

おまけで天然水を2本もいただきました。

さらに、たまたま今のタイミングではフロントのカフェがクローズされていたものの、セルフで飲めるフリーのコーヒー(お茶もあり)がいただけたのも嬉しい!

エレベーターに乗って部屋を移動。

ルームキーを見てみると、あれ?最上階のエグゼクティブフロアだということに気づきました。

しかも、最も安いスタンダードダブルの部屋を予約したのに、デラックスツインに無料アップグレードしてくれていたんです。

「Hotel MONday 豊洲」、大浴場や夜景のすばらしい部屋が最高!1Fカフェ・バーは宿泊者以外も利用可JHATはMONdayブランドのホテル第1号「Hotel MONday 豊洲(ホテルマンデー Toyosu)」を2018年10月27日に...

宿泊日の前日に予約したせいかもしれませんが、たまたまエグゼクティブフロアのデラックスツインが空いていてこちらへ通してくれたんでしょう。ホテルあるあるですけど、客室のアップグレードをいただけるとほんと嬉しくなってしまいます(^^)

客室や大浴場の良い点・惜しい点をレビュー

ホテルマンデー豊洲の評価はがっちりマンデーでも表現していたように、“ちょっと良いビジネスホテル”。

旅館やシティホテルのような豪華さ、贅沢さはないものの、よくあるビジネスホテルと比べたら「これはいいな!」と思う点があちこちに見られました。

客室は余裕すら感じる広さ

たとえば、ルートインやスーパーホテルといった大浴場完備をうたうビジネスホテルは客室が狭かったりするんですけど、ホテルマンデー豊洲の客室はけっこう広め!

どんなに小さな部屋でも16㎡はあるようで、他のビジネスホテルのような寝るだけの部屋と比べて断然良いと言えます。

今回泊まったデラックスツインは部屋の広さが19.61㎡あります。160cm幅のベッドが2つ並び、奥にはソファーまで置いているのにこの余裕あるスペース。

備え付けのインテリアを最小限にコンパクト化しているのがホテルマンデーの凄いところで、この壁のなかにさまざまな機能が隠されているんです!

数字上の㎡数は低くても、このようにしてわずかでも客室スペースを広くしようとする努力が見て取れました。

不満を挙げるとすれば、ルームウェアがちょっと小さかったことと、アメニティーが完全に男性向けのみだった点でしょうか。ルームウェアは館内で利用できるので、大浴場へもこれを着て行けます。フロントへ言えばサイズを変えてくれたかもしれませんね。

アメニティーは歯ブラシやひげ剃りといった男性向けのものがあった一方で、メイク落としとか化粧水など女性向けのものはホテルマンデー豊洲にはありませんでした。訪れる際には忘れずにお持ちください。

また、特に不満点ではないんですけど、ツインやダブルの部屋には基本的に浴室はなくシャワールームのみとなっています。トリプル以上の部屋に限り、浴室を完備しています。

まぁ、大浴場がありますし、客室のシャワールームや浴室の出番はそうそうないのかもしれません。

大浴場

深夜1時まで入浴できる大浴場がこちら。十分に広い!(写真はホテル開業時に撮影したもの)

天然温泉ではありませんが、佐賀県・嬉野温泉や和歌山県・白浜温泉といった温泉と同じ温泉成分の一部を有した浴用剤を使用しているようで、効能表も掲載されています。お湯の温度はやや温めで、長く入っていられるタイプの良いお風呂だなと感じました。

洗い場のシャワー数はわりと多いので、他のお客さんが多くいても困ることは少なそうです。脱衣所には鍵付きロッカーやドライヤーはもちろん、ひと通りの設備は整っています。

ホテルマンデー豊洲の朝食ビュッフェとディナーは?

134席を構えるレストランを完備。朝は和食ビュッフェがいただける「MONday Dining&Kitchen」、ディナーはせいろ蒸し料理やしゃぶしゃぶを楽しめるレストラン「門」でいただきます。

今回、せっかくなので朝も夜もホテルマンデー豊洲のレストランを利用してみました!

朝食ビュッフェ

朝食は和食を中心としてビュッフェ。朝10時までいただけるので、寝坊してもダイジョブです(最終入場は9時30分)。

筆者は8時30分ごろに朝食会場を訪れたのですが、9時すぎに来る宿泊者も少なくありませんでしたよ!

料理の種類はとても豊富で、明太子やカレー、うどんだってある。

コーヒーやジュース、お茶などのドリンクも飲み放題です。

料理だけでなく、器にもこだわっているんです。高級感ある器は本物の有田焼、美濃焼、信楽焼。より料理をおいしくいただける工夫が感じられます。

なお、朝食ビュッフェは宿泊者でなくてもOK。大人2,000円・子供1,000円で利用可能です。

夕食は別料金で

ホテルマンデー豊洲は朝食と同じ会場がレストランになっていて、ここでディナーも実施しています。

せいろ料理をはじめ、しゃぶしゃぶ、丼もの、カレーライスなどのメニューだってありますよ!

タレや調味料、薬味など、すべてどれだけ使っても良くて、自分の好みの合わせて自由にチョイスできるのが特長です。

筆者がオーダーしたのは「牛しゃぶ御膳」(2,800円)。柔らかい牛肉を鍋でしゃぶしゃぶしていただきます。ぶりの刺身も美味しくて、大満足のディナーでした!

さらに、ディナーのキャンペーンも実施していて、1人あたり点心2つを貰うか、お会計から10%引きになる特典も!

他のお客さんは同じように御膳をいただいていたり、点心とお酒で楽しいでいる方々も多かったですよ。

気になるコロナ対策は?

時期が時期なのでしっかりお伝えしておこうと思います。新型コロナウイルスの影響が広がる中でどうしても神経質になっちゃいますが、筆者自身もこのタイミングでの宿泊に全く不安がなかったと言えば嘘になります。

事前にホテルマンデー豊洲の公式サイトで対策方法を確認できたのが予約の決め手になりました。

トップページに掲載の内容によると、人が手を触れそうな場所は除菌用シートや除菌用スプレーで拭いて消毒を徹底しているそうです。これら新型コロナ対策の徹底ぶりを確認し、安心して宿泊予約しました。

ホテルマンデー豊洲に行ってみると、ホテルの入口やフロント、エレベーター前、レストラン内など、本当に数多くの場所にアルコール消毒液が設置。宿泊客がいつでも手を消毒できるようしっかり対策していました。また、スタッフはマスクを着けて接客対応しています。

宿泊料金、実はさらに安くなったのです!

筆者が泊まった日の宿泊料金は2名での1泊2日・朝食付きで、税込5,580円

プライベートでよく利用している楽天トラベルから申込みました。

なんと、楽天トラベルで3月15日(日)23時59分まで使える600円OFFクーポンの対象ホテルとなっていて、このクーポンを使ったところ驚きの税込4,980円に!!

2名で4,980円ですから、1人あたりの宿泊料金は2,490円ですよ。。。繰り返しますが、これで朝食ビュッフェも込み。凄すぎます!

クーポンはこちらで配布中
(枚数・期間限定)

このクーポンは枚数も期間も限定になっているのですが、たとえ、クーポンの配布が終了していても、2人で6,000円程度ならぜんぜんおトクですよね。

それでいて、天然水2名分のサービスや、フロントでのコーヒー無料サービスがあったり、夕食時には点心2種類が2名分おまけで貰えたりと、サービスが凄い。

1周年の激安キャンペーンとはいえ、これほどのおトク料金はこちらが心配になるレベルですよ(^_^;)

意外と行かない地元のホテルに、今こそ!

以上で宿泊レポートは終わりです。コインランドリーやレンタサイクル、豊洲駅や豊洲市場へも便利な送迎バスもあります。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

ホテルマンデー豊洲は豊洲の中心から徒歩でぜんぜん行けちゃう距離にありますが、こんな近場でプチ旅行気分を味わえてよかったです!

もしかしたら今は近場のホテルを気軽に試せるチャンスなのかもしれません。ぜひ、おトクなこの機会に泊まりに行ってみてはいかがでしょうか♪

ホテルマンデー豊洲のキャンペーン料金は3月24日(火)宿泊分までです!

(この記事を書いている現在もまだクーポンを配布中

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事