開店・閉店

イオン東雲店、3/6にリニューアル!50席のイートインや対面式お惣菜店を新設

豊洲ベイサイドクロスのオープンにららぽーと豊洲のリニューアル、イオンスタイルの入る有明ガーデンなど、このところ湾岸エリアの新店・改装の話題が尽きません。

そのようななか、「イオン東雲店」が2020年3月6日(金)にリニューアルオープン!

建物全体が大幅な改装に入るとかではありませんが、主に食品売場のある1Fフロアが大きく変わります。

新たにイートインや惣菜販売などが誕生

イオン東雲店のリニューアルでどう変わるのか。ざっくりまとめると、リニューアル後の特長は以下のとおりです。

  • 対面式のお惣菜販売「リワードキッチン」がオープン
  • 50席ものイートインスペース「ここdeデリ」
  • 「TOKYO 2020 オフィシャルグッズショップ」(期間限定)
  • 食品売場の大幅な刷新/商品の場所を移動
  • 「イオンリカー」の売り場面積が縮小
  • イオンリカーだった場所の一部に「caferrant」が移動

パン屋の「麻布十番モンタボー」と並ぶかたちで新オープンするのが「リワードキッチン」。リワードキッチンはお惣菜の量り売りする専門店。これまでもイオン1階のお惣菜コーナーには量り売りを実施していましたが、あくまでもセルフ式でした。お惣菜の販売に注力したリニューアルとなりそうです。

また、麻布十番モンタボーとリワードキッチンのすぐ近くにイートインスペース「ここdeデリ」を新設。席数は50席あり、モンタボーで買ったパンやリワードキッチンのお惣菜をその場で食べられるというわけ。

お酒販売の「イオンリカー」は売り場面積を縮小し、空いたスペースに「caferrant(カフェランテ)」が移動してきました。カフェランテは輸入食品やコーヒー豆などを販売するお店です。

リニューアル後のフロアマップ

(イオン東雲店より)

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事