ニュース

新豊洲にNIKEデザインの「TOKYO SPORT PLAYGROUND」開園へ、入場無料のスケボー場やバスケコート

新豊洲に屋外型スポーツ施設「TOKYO SPORT PLAYGROUND(東京スポーツプレイグランド)」が誕生します!

オープン日は2020年10月10日(土)を予定しているもよう。

TOKYO SPORT PLAYGROUNDは、スケートボード場とバスケットボールコート、ランニングのできるトラックなどを備えたスポーツパーク。入場料はなんと無料です。

ちなみに、プロジェクト段階の名前はユニバーサルスポーツパークとして求人を実施しており、正式名称は「TOKYO SPORT PLAYGROUND」になったようです。

NIKEが施設全体のデザインとスポーツプログラムを担当。

車イスの人でも快適に利用でき、ジェンダーレストイレを採用するなど、すべての人が一緒に使えるデザインが特徴となっています。

施設を運営するのは三井不動産レジデンシャルです。



TOKYO SPORT PLAYGROUND 概要と利用方法

※オープン前の情報です。正式発表時には変更の可能性もあります。

■入場料:無料
■営業時間:平日 15:00〜21:00/祝休日 10:00〜21:00
■住所:東京都江東区豊洲6-4(MAP
※イベント開催による貸切日や年末年始を除く
※いずれも最終受付は20時

場所は東京ガスが所有する新豊洲のあの空き地だったところ。住所は江東区豊洲6-4。「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」のすぐ隣です。

利用するには事前予約を

利用は基本的に事前予約制。NIKEのアプリから事前予約する形です。

また、Webから混雑状況のチェックも可能。スケートボード場とバスケットコートなどの混雑状況をWebサイトで確認し、空いているタイミングを見計らって予約なんてこともできます。

TOKYO SPORT PLAYGROUNDの6エリア

CORTEZ TRACK(コルテッツ トラック)

1周280mのランニングトラック。トラックにはNike Grind(ナイキグラインド)を使用しています。

Nike Grindとは、使われなくなったシューズをリサイクルして生み出した素材で、ナイキはこれまで3000万足以上のシューズをNike Grindにリサイクル。

このTOKYO SPORT PLAYGROUNDでは、サステナブルの観点からランニングトラックをはじめ各エリアにNike Grindを使用しているそうです。

WAFFLE TRAINER SQUARE(ワッフルトレーナースクエア)

遊具を使ってさまざまなスポーツを楽しめるエリア。

ACG ADVENTURE(エーシージー アドベンチャー)

6歳〜12歳の子どもが対象。360°どの方面からもクライミングが可能な、立体ジャングルジムエリア。

AIR RAID COURT(エアーレイドコート)

3×3のバスケットコート。2面利用でフルコートでの試合もできます。

SB DUNK SKATEPLAZA(エスビー ダンク スケートプラザ)

スケートボード専用のスケート場。車イスでも楽しめる回転遊具つき。初心者も安心して楽しめる目的で作られた施設です。

BMXやインラインスケートは利用できません

6 AIR MAX TERRACE(エアマックス テラス)

パーク全体が一望できる、車イスでも乗り入れ可能なテラス。



TOKYO SPORT PLAYGROUNDの設備について

パークの入口にあるのが「CLUBHOUSE(クラブハウス)」です。入園時にここでQRコードで受付を済ませます。

ハウス内には男女別のロッカールームにはシャワーとロッカーを完備。車イスの方も利用できます。

また、コミュニティスペースのほか、ジェンダーやハンティキャップに関わりなく利用できるトイレも備えられています。

無印良品が7月よりスタートさせた「自分で詰める水」の給水器を設置し、誰でも無料でウォーターサーバーを利用可能。

脱プラでペットボトルの持ち込みNG

そのウォーターサーバーですが、TOKYO SPORT PLAYGROUNDは脱プラスチックへの挑戦を掲げているため、パーク内へのペットボトルの持ち込みは禁止

そのかわり、無印良品の「自分で詰める水」を無料で提供しているというわけです。

【TOKYO SPORT PLAYGROUND】
企画・運営:三井不動産レジデンシャル株式会社
デザイン・スポーツプログラム:NIKE
協賛:東京ガス株式会社/東京ガス不動産株式会社
特別協賛:無印良品

https://twitter.com/toyosu_tokyo/status/1308371724094775297

スケボーはTOKYO SPORT PLAYGROUNDで

豊洲ぐるり公園や豊洲の街のなかでは、スケボーが禁止されているのにもかかわらずスケボーしているマナー違反者をよく見かけます。

TOKYO SPORT PLAYGROUNDなら思う存分にスケボーができますので、公園や街ナカではなく、ぜひこちらに足を運んで楽しんでいただくようお願いします。

ここから未来のプロ選手やオリンピック選手が誕生したらなお嬉しいです!

なお、同じ敷地の一部には、WOWOWが運営する「WHO I AM HOUSE Powered by TOKYO GAS」もオープンします。

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事