グルメ

豊洲「福田家」、再開したランチ定食からみえる丁寧な仕事。マグロ刺身とやわらかヒレカツに大満足!

1992年に豊洲駅前で創業した「飲み食い処 福田家」は、鮮度のいい刺身や焼き物など創作料理をいただけるわりには料金がリーズナブルな和食居酒屋。

門前仲町にある福田家の二号店にあたり、ご家族で運営されているんだとか。

特に魚に力を入れていて、豊洲市場より仕入れた新鮮な魚をはじめ、各地から直送の旬な魚を味わえます。また、希少な地酒も取り扱っているためか日本酒ファンの来店も多いようです。

そんな福田家がこの夏より久しぶりにランチ営業を再開したというので、初めて来店。

昔から豊洲に住んでいる方々から評判の良さも聞いていたので、ランチメニューをいただきに行ってきました!



福田家で豊洲の魚と絶品ヒレカツのランチ

魅力的なランチメニューからどれにしようか悩んだ挙げ句、選んだのは「鮪ぶつと一口ヒレカツ定食」(税込950円)。

出てきたお膳を見て、わっ!とテンションが上がりました!

 

まぐろのブツのお刺身がカゴに乗って出てきたのです!

味には関係ないし非常にちょっとしたことかもしれませんが、やっぱり見た目って重要なんだな〜と。第一印象でお客さんを楽しませてくれる気遣い。食べる前から嬉しくなりました♪

ブツ切りの赤身は想像していたよりもはるかに量が多く、筋も気にならない程度だし、鮮度の良さが感じられて美味しい!聞いた話ですが、福田家では生のまぐろしか仕入れないんだとか。

大根のつまとか大葉とか、隣にはシラスとわかめまで添えられていて、これだけでまぐろ定食として成立しそう。

それにもかかわらず、この定食にはヒレカツも付いているのだから驚きます!

一口サイズのヒレカツが2つも!

箸で簡単に切れるほどのやわらかさ。揚げたてのうちにいただきましょう。

うわ、見た目以上にやわからい!いくらでも食べられそうなほど美味しくて、2個なのが惜しいくらい(笑)

ご飯と味噌汁、サラダ、お新香がついて、これで950円(税込)。大満足のランチでした(*^^*)

飲み食い処 福田家 ランチメニュー

【参考】その他のメニュー

落ち着いた雰囲気と豊洲を感じられる店

豊洲駅前に最も近い居酒屋である福田家は、大きな窓側の席から大パノラマが楽しめます!

仕切りのあるテーブル席が多いので、ちょっとした個室のように他人の目を気にせずに済むのが良いですね。

そして、ところどころには豊洲が造船所時代だったころの絵画が飾られていて、つい目が奪われてしまいました(^^)

当時を知る人がここで飲み食いしながら豊洲の昔話をする。ついそんな声が聞こえてきそうなお店の雰囲気がとても素敵です。

ちなみに、福田家のご主人はビルのすぐ裏手に姉妹店として豚かつ屋「とん喜」を2018年にオープン。とん喜の開店準備のときにお邪魔したことがあったのですが、「今まで魚メインにやってきたから豚かつにもチャレンジしてみたかった」と語っていましたよ。

豊洲の新店「とんかつ とん喜」、気軽に入れる小料理屋ムードでやわらかロースカツ定食をいただく豊洲駅前にオープンした豚カツの新店「とんかつ とん喜(とんき)」。一体どんなメニューがあるのか、営業時間や定休日、ランチ営業はどうなのか...

トヨスピアの2階から豊洲の発展を見つめてきた福田家。ランチでも丁寧で美味しい料理をいただけて、また行きたいなと思わせてくれる魅力あるお店です。

【飲み食い処 福田家】
■営業時間:
ランチ 月~金 11:30~14:00
夜の部 月~土 17:00~23:30(L.O.22:45)/日 17:00~23:00(L.O.22:15)
■定休日:なし
■電話番号:03-5560-2731
■住所:東京都江東区豊洲4-1-1 トヨスピア21 2F(MAP

そのほか、豊洲のグルメ情報はこちら!

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事