ニュース

晴海通りの「豊洲三丁目歩道橋」、深夜の通行止めで橋桁が撤去

1971年に晴海通りにかけられ、豊洲2丁目と3丁目を行き来する際に使われてきた豊洲三丁目歩道橋。2021年2月より進められてきた撤去工事は佳境を迎えていました。

そして、2021年3月28日(日)。

夜間の作業により、「豊洲三丁目歩道橋」の橋桁は完全に姿を消したのです。

この日は午前0時より晴海通りで通行止めを実施。クレーンや運搬車両などが集結すると橋桁が外され、クレーンで運搬車両に積まれました。

豊洲三丁目歩道橋撤去工事、1週間の動き

設置から50年も経つ歩道橋がなくなる歴史的な工事とあって、とよすとでは1週間前から現地の様子を写真で記録していました。

撤去工事がどのように進んだかをシンプルに時系列でまとめると以下のとおりです。

撤去工事の推移

3月22日(月)
歩道橋の階段上部の柵が外される

3月23日(火)
アニヴェルセル側(西側)の階段が取れる

3月25日(木)
豊洲キュービックガーデン側(東側)の階段のうち、柵と全段が取れる
中央に支柱が設置される

3月26日(金)
橋桁の中央部分が切断される

3月27日(土)
豊洲キュービックガーデン側(東側)の橋桁が外され、片側車線のみの歩道橋という珍しい姿になる

3月28日(日)
残っていたアニヴェルセル側(西側)の橋桁が外される
橋桁が運搬車両で運ばれる

工事写真を時系列で

3月22日(月)

歩道橋の階段上部の柵が外される

3月23日(火)

アニヴェルセル側(西側)の階段が取れる

3月25日(木)

・豊洲キュービックガーデン側(東側)の階段の柵と全段が取れる
・中央に支柱が設置される

3月26日(金)

橋桁の中央部分が切断される

3月27日(土)

豊洲キュービックガーデン側(東側)の橋桁が外され、片側車線のみの歩道橋という珍しい姿になる

3月28日(日)

・残っていたアニヴェルセル側(西側)の橋桁が外される
・橋桁が運搬車両で運ばれる

 

撤去後には横断歩道を設置へ

筆者が28日(日)の2時に訪れたときには、すでに橋桁が完全になくなっていました。0時に通行止めを実施してから2時間もかからずに橋桁が外されたことになります。

そして、夜が明けてから6時に再び現地に向かうと、そこには見たことのない光景が。

歩道橋がすっかりなくなりました。50年間のお役目ご苦労さまでした。

今後、ここには新たに横断歩道が敷かれます。“コの字”の横断歩道から“ロの字”の横断歩道へと生まれ変わり、安全で利便性の高い横断歩道となるでしょう。

ということで、以上が豊洲三丁目歩道橋が撤去されるまでの1週間でした。

晴海通りの「豊洲三丁目歩道橋」、2021年2月より撤去へ 交差点を改良晴海通りにかかり豊洲2丁目と3丁目を結んでいる「豊洲三丁目歩道橋」がいよいよ撤去されます。 撤去工事は2021年2月〜3月末月の予...

【追記】

その後、横断歩道が1本追加され、2021年6月28日より「ロの字型」の横断歩道が供用開始となりました!

「ロの字型」の横断歩道が完成!晴海通り・旧アニヴェルセル豊洲前、いよいよ通行可能に晴海通りにかかる豊洲三丁目歩道橋が撤去されてからちょうど3ヵ月が経過した2021年6月28日(月)。 歩道橋に代わって新しく設置さ...

いいね!で最新情報Get

関連記事