イベント

豊洲「チームラボプラネッツ」が大型リニューアル!新たに花と一体化する庭園エリアを7/2オープン

チームラボプラネッツ Floating Flower Garden

2021年7月で3周年を迎える豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」が大きくリニューアルします!

7月2日(金)より新エリア『Garden Area(ガーデンエリア)』をオープンさせ、新たに2作品を一般公開。

自然とデジタルが融合する新しいアートを体感できる、“水に入るミュージアムと、花と一体化する庭園”へと生まれ変わります!

昼と夜で異なる2つの新作が展示へ

7月2日(金)に誕生する新エリア『Garden Area』は、日中(昼間)と日没後(夜)でまったく違う作品を楽しめるのが特徴。

(Floating Flower Garden)

 

自然光の降り注ぐフロアに13,000本もの欄の花と一体化できる「Floating Flower Garden」と、本物の苔を使った庭園「呼応する生命の小宇宙の苔庭」の2作品を体験できます。

チームラボプラネッツ 呼応する生命の小宇宙の苔庭(呼応する生命の小宇宙の苔庭)

 

それでは、2つの新作をそれぞれ見ていきましょう!

新作品「Floating Flower Garden」

(Floating Flower Garden)

カーテンの中に入ると目の前には13,000本の蘭が!!

どれどれ?と向かって進んでいくと、蘭が上に動いて道を開けてくれる。逆に、自分が進んで行くと花は再び道を塞いでいきます。これが「Floating Flower Garden」です。

マスコミ向け内覧会で作品の説明に応じたチームラボの猪子代表は

「私が花を見ているのか、それとも花が私を見ているのか。」

と表現していました。

(チームラボ猪子代表とFloating Flower Garden)

この膨大な数の蘭は、蘭で有名な神奈川県の「座間洋らんセンター」が協力。

なんと、チームラボプラネッツの作品には切り花ではなく本物の蘭が使われ、今もなおこの空間で生きているんです!

(Floating Flower Garden)

しかも、2019年に誕生したばかりで日本初公開となる非常に珍しい蘭も混ざっているそうで、これから青い蘭も咲いていくのだとか。特に蘭好きの人にとっては、訪れるのが楽しみになりますね!

(Floating Flower Garden)

自然光を取り入れ、天候によってその見え方が変わる蘭たち。夜にはライトアップされ、姿を変えます。

(Floating Flower Garden)

新作品「呼応する生命の小宇宙の苔庭」

続いて、屋内のような屋外のようなとても妙な空間に展示されている「呼応する生命の小宇宙の苔庭」。

本物を苔を使った作品です。

(呼応する生命の小宇宙の苔庭)

京都の庭園まで足を運び、苔マスターと呼ばれる方から苔の知識を得て制作したのだとか。

苔を作品にするのは非常に苦労したそうです。

日光が当たりすぎてはダメで、かといって日光がまったくないのもダメ。そこで、ある角度に太陽があるときだけ日光が苔に届くよう天井を設計しました。

(呼応する生命の小宇宙の苔庭)

実は作品の苔の姿は、苔の塊が自然と広がってできたもの。最初は隙間がたくさんあったのだとか。

そこからグングン広がっていって今の姿に。生命力の強さを感じますね!

(呼応する生命の小宇宙の苔庭)

また、夜には苔たちがなんとも言えない色の光を放ち、幻想的な空間に。昼だけでなく夜も楽しめるというわけです!

銀色の卵は、触れると音が広がり、不思議な感覚を体験できます。

(呼応する生命の小宇宙の苔庭)

 

夜バージョン「呼応する生命の小宇宙の苔庭」

卵型の物体が光り輝くのが、夜の演出。

これに触れると、音とともに一斉に色が変わります!1つの物体に影響されるかのように周りの物体も色が変化。

チームラボの解説によると、名前のない色が出るようにしているが、あえて色数を言うとすると61色ほどあるのだとか。

モデルさんは鮮やかな色に囲まれながら写真を撮っていましたよ!

天井のない屋外の展示なので、大雨のときは観覧中止になることも。

でも、傘の貸し出しもありますから多少濡れても大丈夫。むしろ、雨が降ったときには普段と違う見え方になるし、雨の日ならではの作品に。ボワッと放たれる光が美しいです!

既存のエリアは『Water Area』に

一方、これまでの水に入るエリアはそのままに、エリア名称が『Water Area(ウォーターエリア』となりました。

(Water Areaの「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング」)

館内にはエリア案内板が設置されたので、迷うことなく両エリアへと進めます。

チームラボプラネッツ 展示作品一覧

 ※ 2021年7月2日以降の作品一覧

新設エリア『Garden Area

  1. Floating Flower Garden New!
  2. 呼応する生命の小宇宙の苔庭New!

既存エリア『Water Area』

  1. 坂の上にある光の滝 / Waterfall of Light Particles at the Top of an Incline
  2. The Infinite Crystal Univers(ユニバース)
  3. 人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People – Infinity(IZUMI)
  4. 憑依する炎 / Universe of Fire Particles
  5. 意思を持ち変容する空間、広がる立体的存在 – 平面化する3色と曖昧な9色、自由浮遊 / Expanding Three-Dimensional Existence in Transforming Space – Flattening 3 Colors and 9 Blurred Colors, Free Floating(風船)
  6. Floating in the Falling Universe of Flowers(ドーム)

チームラボプラネッツは2022年末まで

新しい2作品が登場し、また足を運ぶ楽しみができましたね(*^^*)

ちなみに、チームラボプラネッツは2022年12月末までの期間限定の施設です。つまり、残りの会期は1年半ほどしか残っていません。

2つの作品が追加されたのに、入場料金は据え置き!

もし、まだ体験したことがない方はぜひこの機会に足を運んでみてください!

チームラボプラネッツ、変化する新作品「空から降り注ぐ憑依する滝」を公開!施設は2022年末まで延長新豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」は新たな作品『空から降り注ぐ憑依する滝(Universe of Water Part...

【チームラボプラネッツ TOKYO DMM】
■住所:東京都江東区豊洲6-1-16 teamLabPlanets TOKYO
■最寄り駅:ゆりかもめ・新豊洲駅(徒歩1分)

いいね!で最新情報Get

関連記事