ニュース

ライフ豊洲店、営業時間は25時まで!イートインコーナーもあり

豊洲4丁目の晴海通り沿いで今まさに建設中のスーパー「ライフ豊洲店(仮)」。

このたび、2022年3月9日に開催された区民環境委員会の報告により、ライフ豊洲店の営業時間や売り場、設備などが明らかになりましたので、まとめておきますね。

なんと、夜は25時(深夜1時)まで営業とわかりビックリ!

フロアについては既報のとおり、地下1階が駐車場、地上1階が駐車場・駐輪場、2階と3階が店舗の売り場となります。

資料からライフ豊洲店の気になる特徴を確認

2022年3月9日に公開された、江東区地域振興部経済課の資料を見ていきましょう。

2022年3月現在、ライフ豊洲店(仮)はまだ「(仮称)豊洲四丁目店舗計画 」という店舗名称になっており、正式名称はまだ不明。記事内で記載のライフ豊洲店はあくまでも仮称ですので予めご了承ください。

それでは、気になった点をいくつかピックアップしますね。

所在地の謎

この資料内容は株式会社ライフコーポレーションの届け出を基に作成されています。

よく見ると、届け出に指定されている「所在地」が不思議です。

(資料4より)

江東区豊洲四丁目3番2 ほか」となっているんです。

豊洲4丁目3番2を調べてみると、ここは都営団地・豊洲アパートの住所です。住人さんがいらっしゃいますし、そもそも実際にライフ豊洲店の建設場所からはかなり離れている所です。

一方、建設場所は「三菱食品 豊洲事務所」があった場所。三菱食品の住所は豊洲4丁目11番7でしたので、ライフ豊洲店の住所も豊洲4丁目11番7となるはずです。

これはどうしてなのかわかりませんが、一応、不思議に思ったので取り上げてみました。

【追記】
記事公開後、詳しい方々(3名も!)からご連絡をいただきまして、「所在地とは登記簿上の土地の場所を示しており、住所は異なるものである」と教えていただきました。

いつもとよすとは読者の皆様に助けられてばかりです。本当にありがとうございます!

豊洲4丁目にスーパー「ライフ」が誕生へ!2022年に豊洲のスーパーは7店に2021年現在、豊洲にはアオキ、サカガミ、文化堂、たつみチェーン、成城石井といった5店舗のスーパーがありますが、2022年夏にスーパーの...

「新設をする日=オープン日」ではない

(資料4より)

もうひとつ不思議なのが「新設をする日」が「令和4年6月26日」という点。

え!ライフ豊洲店が6月26日にオープン!?

そんな建設現場を見てみると、こんな感じです(※2022年3月10日撮影)。

本当に6月のオープンを予定しているのなら、明らかに工事の進捗具合が遅そうに見えますよね。

そこで、念のためこの「新設をする日」がオープン日を意味するのかを、資料元の江東区地域振興部経済課に問い合わせてみました。

すると、「新設をする日とはお店のオープン日のことではございません」(地域振興部経済課)との回答が。

新設をする日とは、あくまでもこの日以降にオープン日を迎えるということのようです。

さらに、大規模小売店舗立地法の定めによると、事業者はオープン日の8ヵ月前までに届け出をする必要があり、「新設をする日」とは一般的に届出日から8ヵ月+1日の日付を指定して届出される場合が多いのだとか。

つまり、実際のオープン日とは異なるわけです。

ちなみに、東京都への届け出があったのは2021年10月25日でした。たしかに、8ヵ月+1日ですね。

逆にいえば、届け出日から8ヵ月以内のオープンはありえないとの見方もできますから、どんなに工事が早く完了しても、2022年6月25日より前には絶対にオープンしません。

建設現場の表示によると、2022年8月まで工事が予定されていますし、ライフ豊洲店のオープンは8月以降とみています。(もちろん早まってくれたら嬉しいです!)

営業時間は9〜25時 豊洲でもっとも遅くまで営業

一方で、営業時間については、一度届け出に記載した営業時間などに変更が生じた場合には変更届を提出する必要があるそうで、昨年10月から現時点までに変更届はなく、今のところこの資料に書かれたとおりの営業時間になるとのこと。

なんと、ライフ豊洲店の営業時間9時〜25時(翌1時)!

豊洲で最も遅い時間帯まで営業するスーパーになります。

有楽町線豊洲駅着の終電で帰ってきても、ギリギリ間に合う時間ですね。

ここから2〜3分のところには24時間営業のイオン東雲店もありますけど、消費者として買い物の選択肢が増えることは嬉しいのではないでしょうか(*^^*)

駐車場スペースは全72台分

駐車場は地下1階に50台、1階に22台。

駐輪場は1階に2箇所あり、127台と14台(予定)。おそらく14台の方はバイクの駐輪場になるのではないでしょうか。

イートインやテラスがある

スーパーの売り場は2階(1,247㎡)と3階(925㎡)の2フロア。

このうち、2階にはイートインコーナーが設置されます!

ライフのお弁当やお惣菜を買って、すぐにこの場で食べられるのは嬉しいですね。フードコートのような施設はここには含まれていないと思います。

さらには、テラスもありますよ!

ライフ豊洲店は使い勝手が良さそうなスーパーに

ということで、2022年夏頃のオープンに向けて着々と工事が進められているライフ豊洲店。周辺にお住まいの方々や通勤で晴海通りを利用している方々にとって、非常に利便性の高いスーパーとなりそうです!

また正式なオープン日が判明しましたらお伝えいたします。今から楽しみですね!

なお、ライフ豊洲店に先駆けて、2022年4月1日には「ダイエー豊洲店」がブランズタワー豊洲の横にオープンします!

ブランズタワー豊洲の「ダイエー豊洲店」は2022年4月1日オープンへ 営業時間は7時〜24時まで豊洲に6つめのスーパー「ダイエー豊洲店」がオープンします。 場所は、2022年3月より入居が始まる新築タワーマンション「ブランズタ...

いいね!で最新情報Get

関連記事