生活

【マイナポイント】キャッシュレス決済で25%還元!必要な準備と子どもの分を受け取る方法

2020年9月1日、キャッシュレス決済で付与される新たなポイント還元施策「マイナポイント」が始まります。

実施に先駆けて、早くも7月1日からはマイナポイントの付与に係るキャッシュレス決済サービスの指定予約が可能に!

マイナポイントはマイナンバーカードの普及を促進するキャンペーンのようなものなので、ポイントをゲットするにはマイナンバーカードの所有が絶対条件になっています。

マイナンバーカードの申請方法はこちら

マイナポイントとは?

マイナポイントは経済産業省が9月1日より実施するポイント還元サービスのこと。

マイナンバーカードの所有者に限り、キャッシュレス決済を利用したときに金額の25%がポイントとしてキャッシュバックされます。

買い物金額に応じてだったり、電子マネーのチャージだったり、還元される条件はキャッシュレス決済業者それぞれ異なりますが、だいたいは買い物もしくは電子マネーのチャージでその25%がポイントで還元されます。

マイナポイントの付与は1人5,000円分まで

還元されるマイナポイントの上限は1人あたり5,000ポイントまで。25%の還元率ですから、つまりは20,000円までの買い物やチャージが対象ということになります。

期間は2020年9月〜2021年3月です。

1人1種類のキャッスレス決済のみが対象

マイナポイントでの還元に指定できるキャッシュレス決済は1種類のみ。

例えば、nanacoをよく利用するのであればマイナポイントの対象にnanacoを指定することによって、nanacoのチャージ時にマイナポイントの還元を受けられます。

ここではnanacoの例を挙げましたが、自分でよく利用するキャッシュレス決済サービスを指定すると良いでしょう。

子どものマイナポイントは親が受け取れる

マイナポイントはマイナンバーカードの所有者全員に資格があります。それは子どもも同様です。

マイナポイントが付与されるのは1人あたり最大5,000ポイントまでですから、あなたの家庭が4人家族なら合計で20,000ポイントを獲得できるわけです(もちろん全員分のマイナンバーカードが必要)。

では、クレジットカードを持っていない子どもやQRコード決済ができない未成年の子どもの分はどうしたらいいのでしょうか。

結論から言うと、未成年の子のマイナポイントは保護者(親)が自分名義のキャッシュレス決済サービスで受け取ることが可能です。

ただし、マイナポイントは1人1種類がルール。

保護者が子どものマイナポイントに自分名義のキャッシュレス決済サービスを指定する場合、自分のマイナポイントと子のマイナポイントはそれぞれ異なるキャッシュレス決済サービスを指定する必要がありますのでご注意ください!

【子2人のマイナポイントを妻が獲得したい場合の例】

  • 妻:楽天カード(妻名義)
  • 夫:イオンカード(夫名義)
  • 長男:PayPay(妻名義)
  • 長女:LINE Pay(妻名義)

マイナポイント獲得の準備をしよう!

ここからは実際にマイナポイントの25%還元(最大5,000円分)を受けるために必要な準備を解説していきますね。

1:マイナンバーカードが絶対に必要

まずは、マイナンバーカードを用意しましょう。まだお持ちでない方はオンラインや証明写真機を利用して申請してください。

また、15歳未満の子どものマイナンバーカードを作る場合には、親や法定代理人が代わりに申請すれば作れます。

2:「マイキーID」を取得しよう

マイナンバーカードを用意したら、個人とキャッシュレス決済サービスを紐付けるための「マイキーID」を取得しましょう。

マイキーIDはiPhone・Androidスマホ・PC(カードリーダー必要)ならオンラインで取得可能。また、役所(区役所や豊洲なら豊洲シビックセンター)に用意された専用のPCを使って取得できます。

iPhoneやAndroidスマホでは以下のアプリ「マイナポイント」をダウンロードすることで、「マイキーID」の発行と「マイナポイントの予約(次項3を参照)」が可能になります。

3:キャッシュレス決済サービスを指定予約する

どのキャッシュレス決済で25%還元を受けるかは、「マイナポイントの予約」から指定します。これは7月1日から可能になります。

ここでキャッシュレス決済の指定を行わないと9月から始まるマイナポイントはもらえません。必ず指定しておきましょう。

(対象となるキャッシュレス決済の一例)

 

マイナポイントの予約に必要な「決済サービスID/セキュリティコード」はキャッシュレス決済サービス一覧から確認できます。

4:9月になったらキャッシュレス決済サービスを利用する

25%還元を受けられるマイナポイントが実際にスタートするのは2020年9月1日から。先ほど指定したキャッシュレス決済を利用して、この日以降に買い物やチャージをしてくださいね。

いくら早めに準備しても、8月31日までに利用した分は25%還元の対象になりませんのでご注意を!

絶対に早めに準備しておこう!

しかしながら、給付金や補助金などここ最近の事情でもうおわかりだと思いますが、なんでも早めに申請することが一番です。

9月のスタートを前に2ヵ月も早くマイナポイントの指定(予約)が始まったわけですから、マイナポイントは絶対に今すぐ準備するようにしてください。

今ならマイナンバーカードを申請してもまだ十分に間に合うでしょう。

ということで、25%還元のおトクなマイナポイントの準備は必ずお早めにどうぞ!

QRコードでマイナンバーカードをスマホから作る!申請書ID付き個人番号カード交付申請書で申請する方法も解説確定申告(税金の電子申告)や証券会社の口座を作る際に必要なマイナンバー(個人番号)。 別途申請することで作成できる顔写真入りの「マ...

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事