グルメ

旨い肉をリーズナブルに、豊洲「宮地」で熟成肉ステーキの食べ比べランチ。土日もOK!

オフィス街の飲食店ってランチメニューを提供しているのが平日だけだったりしますが、豊洲フォレシア内の飲食店は土日でもランチメニューがいただけるのでけっこう重宝します。
(豊洲の飲食店さん!土日もランチ営業すると住民がもっと利用すると思いますよ!)

先日の日曜日、「超熟成黒毛和牛鉄板焼 宮地」でステーキの鉄板焼きランチをいただいてきました。ランチの時間は11時30分〜15時(ラストオーダー14時)。

宮地は黒毛和牛の熟成肉を扱う鉄板焼き専門店で、銀座に本店を構え、唯一の支店である豊洲店がここ豊洲フォレシアの1階にあります。

ディナーでは1万円前後の価格帯で熟成肉のステーキがいただける高級店なんですけど、ランチならお財布に優しく1,000円台半ばからステーキやハンバーグが食べられる!

しかも、宮地のランチメニューは平日だけでなく土日も提供しているのが嬉しいんです!混雑を避けたかったら、時間をちょっとズラして遅めに行くのがオススメです。

宮地のランチメニュー

さて、平日でも土日でも食べられる魅力的なランチメニューの一覧がこちら。

A5ランクの黒毛和牛赤身、黒毛和牛のサーロイン熟成肉、同じくフィレが看板メニュー(2,200円〜12,800円)。また、1日20食限定の熟成黒毛和牛ハンバーグステーキ(1,500円〜2,200円)があったり、熟成カルビを使用した限定の焼肉丼(1,400円)も!

やはり、熟成肉ともなるとお値段がやや高くなるものの、通常のお肉と熟成肉を両方食べてみて比較すると熟成肉の美味しさがわかるはずです!

そんな食べ比べできるメニューが「オーストラリア産サーロイン&黒毛和牛コンビ」。赤身のサーロインとA5ランク黒毛和牛の熟成肉をちょっとずつ食べられるオススメのランチメニューです。価格は2,500円。

ランチももちろんシェフが目の前で焼いてくれる!

入店するとコの字のカウンターテーブルに通され、まずはお肉を見せてくれます。筆者は「オーストラリア産サーロイン&黒毛和牛コンビ」をオーダーしました。

(鹿児島県産A5ランク黒毛和牛の内ももの熟成肉)
(オーストラリア産のサーロイン)

今回は鹿児島県産黒毛和牛の内ももの熟成肉(50g)と、オーストラリア産のサーロイン(150g)です。合計して200gなので実はまあまあのボリューム。ちなみに、写真には肉が2つずつ並んで写っていますが2人分の量です。

シェフと話しながら焼いている場面を見られて楽しい!写真も思う存分に撮らせれくれます。

半生のレアな状態で作ってもらいました。この一皿が一人前(合計200g)。

ドライエイジングで旨味が凝縮されたお肉は、そのままの状態よりも格段に柔らかく優しい味が口いっぱいに広がります。

ヒマラヤの岩塩でいただくのが個人的に気に入って、ほかの余計なものは付けずに完食。美味しかった〜!

サラダ、白飯、味噌汁が付いて2,500円という価格だったのですが、決して高いとは思いません。

横にいた他のお客さんは目玉焼きを追加したハンバーグステーキを注文していたようで、そちらも美味しそうでしたよ!

そういえば、昔は販売していて「アド街」でも取り上げられたランチメニューの「大人のナポリタン」は現在もう販売してないとのことです。

宮地はPayPayにも対応。美味しくてまた来店したい

豊洲フォレシアのお店は多くがPayPayに対応していて、お財布どころかカードすら持ち歩かなくても支払いが済んじゃうのはほんとありがたいです(^^)

豊洲はPayPayの使えるお店がずいぶん増えました!

東京・豊洲エリアでPayPayが使えるお店は65店(2019年4月時点)スマホの画面やカメラを使うことで飲食や買い物の代金を支払えるQRコード決済サービス「PayPay(ペイペイ)」。 豊洲ではPayP...

美味しくてリーズナブルなランチは週イチくらいで食べたくなった、というのが素直な感想。

宮地のランチ、本当に気に入っちゃいました。現実としては月イチくらいなんだろうけど(笑)

テンション上げたいときに、たまにはちょっと贅沢なランチなんていかがでしょうか!

超熟成黒毛和牛鉄板焼 宮地 豊洲店
■営業時間:ランチ11時30分〜15時/平日ディナー17:30〜22:30(ラストイン21:00)・土日祝ディナー17:30〜22:00(ラストイン20:30)
■定休日:なし
■住所:東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア 1F(MAP

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事