グルメ

ららぽーと豊洲のケンタッキーがリニューアル!どこが変わったかをチェック

2019年11月22日(金)、ららぽーと豊洲のフードコート内にある「ケンタッキーフライドチキン アーバンドックららぽーと豊洲店」がリニューアルオープンしました!

この改装期間中、リニューアルして一体どう変わるのか気になって仕方なかったです。

  • 何か新しいサービスが始まったのかな?
  • ついにクラッシャーズ提供店になったのか?
  • まさか、話題のブッフェスタイルで楽しめるKFCレストラン!?

などと妄想は膨らむばかり。

(改装工事中の様子)

そこで22日、リニューアルされたららぽーと豊洲のケンタッキーを訪れ、確認してきました。

外観が変わり、ロゴが白から赤に

結果からいうと、大きな変化はありません。

これまで白っぽさの強かった外観が、木目調のパネルを多く採用し、パッと見た感じでは温かみのあるエコらしさを感じられる外装となりました。

(11月22日にリニューアルオープンしたケンタッキーフライドチキン アーバンドックららぽーと豊洲店)

ロゴの色が変化。KFCのサインがこれまで白だったのに対し、リニューアル後は赤へ変わっています。

さらに、カーネル・サンダースが描かれた看板デザインも新しいものに。ケンタッキーを象徴するチキンバーレルの形をイメージした看板にチェンジしました。

ほんと細かい部分なので、もしかしたら気づかない人も多いかもしれませんね(笑)

メニューは変わらず

メニューはどうかといいますと、まったく変化はありません。

個人的に期待していた「クラッシャーズ」はリニューアル後も提供なし。

イオン東雲店のケンタッキーではクラッシャーズをオーダーできるのですが、ららぽーと豊洲店もぜひ対応してほしかった。。。

ケンタッキー用のゴミ箱が設置された!

これまで、ケンタッキーのトレイ返却口にはゴミ箱がありませんでした。食べ終えた後のゴミをフードコート内に設置された他店と共通のゴミ箱に捨てて、トレイはケンタッキーに返す、といったように客にとってはやや面倒くさい導線になっていたんですね。

リニューアルに伴い、トレイ返却口にゴミ箱を設置。客はトレイを返すついでにチキンの骨やドリンクの飲み残しなどを捨てられるようになりました!

燃えない・燃える・飲残し、とゴミを分別して捨てられます。

ということで、パッと見て感じたリニューアルポイントは以上のとおりです。まぁ改装工事が短期間でしたし、そんなに大きな変化はないのは当たり前かぁ(笑)

なお、クリスマスチキンの予約は12月19日(木)まで。クリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べようと思っているご家庭はお早めにどうぞ!

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事