グルメ

豊洲ピッツァバル「GIRASOLE」のメニューまとめ ランチもディナーも店内飲食OK!

ESSE DUE(エッセドゥエ)豊洲店が生まれ変わって新規オープンした、豊洲ピッツァバル「GIRASOLE(ジラソーレ)」。

2022年7月8日にオープンしてからちょっと落ち着いた7月14日に行って、店内でランチをいただいてきました!

薪を使ったこだわりの窯で焼いたピッツァは香ばしくて絶品。

ジラソーレになって何が変わったのか、そして、メニューはどうなのか、調査してきましたのでご紹介します。

GIRASOLEの特徴

それでは、まずはざっとジラソーレの特徴を挙げておきますね。

  • ピッツァセット900円!平日ランチがおトク
  • イートインできる2階席
  • 夜はモバイルオーダーで店内飲みも
  • 7月下旬からはオードブルの受注に対応
  • 定休日は火曜日

※掲載の情報は2022年7月時点のもの

平日は14時までおトクなランチメニュー!

エッセドゥエのころはディナーでのテイクアウト利用が多かった印象ですが、ジラソーレではぜひランチも試してほしいところ!

後述する2階席ではイートインが可能なので、席が空いていればその場で熱々のピッツァセットをいただけますよ。

ジラソーレのランチ

平日のみ実施
11時30分〜14時30分
(ラストオーダー14時)

下記のお好きなピッツァに、ミニサラダ、ドリンクが付いて、お値段はわずか900円とおトク!

テイクアウトの場合、セットはなくピッツァ単品のみで800円です!

たとえば、筆者がイートインでオーダーしたランチセットは、ピッツァ「ファビオ」、サラダ、アイスコーヒーでこんな感じ↓

ファビオはニンニクを効かせたトマトソースベースのピッツァ。

これでもかとツナがたっぷり敷き詰められ、アンチョビとオリーブの塩気がツナの味を引き立てます。

エッセドゥエ時代にはアントニオばかりを食べていた筆者ですが、ジラソーレのランチにアントニオがなかったため、試しにファビオをチョイスしてみたらこれが大正解!めちゃくちゃ美味しいです(*^^*)

最近は世の中のいろいろな物が値上げしているなか、このセットで1,000円を下回るのですからお財布に優しいランチですよ。

ちなみに、土日祝日にはランチメニューはありません。

ランチにもディナーにも使える2階席

ジラソーレの2階に上がると、狭いスペースにイートイン可能な席が最大8席。

テーブルが2つ(席は4つ)、カウンター席が4つあります。奥にはトイレも完備。

平日ランチで訪れたり、16時30分からのディナータイムで友人と飲みながらピッツァを食べたりと、1人や2人など少人数での利用にピッタリです。

イートインを利用したいときには、まず店員さんに「上空いてますか?」と聞いてみましょう!

ディナーはメニューが豊富!モバイルオーダーで注文可

GIRASOLEになってから、新たにモバイルオーダーを導入。

モバイルオーダーが利用可能なのはディナーのみになりますが、イートイン時にQRコードを読み込むと2階席からスマホでオーダーできます。

注目なのは、ディナーメニューの多さ。

このように、ピッツァやお惣菜、アルコールなど、かなり種類が豊富です!

【ディナー】フード

ハーブをきかせた小海老のフリット 500円
イワシのサオール 500円
GIRASOLE流 豚つくね 500円
まずは野菜!?グリーンサラダ 500円
定番 カラアゲ 500円
モッツァレラインカロッツァ 500円
エビとレモンのリゾット 700円
パルミジャーノチーズのリゾット 700円
ハーブ香る ミックスナッツ 500円
ゴルゴンゾーラとアンディーブ 500円
GIRASOLE流 〆の麺 700円
フライドポテト アンチョビマヨネーズ 500円
厚揚げとモッツァレラのオーブン焼き 500円
大麦仕上げ 三元豚の串焼き サルサヴェルデ添え 500円
白トリュフ香るポテトサラダ 500円
ナスのバルサミコマリネ 500円
ツナと人参のサラダ仕立て 500円
モッツァレラと自家製セミドライトマトのカプレーゼ 500円
生ハム 500円

【ディナー】ピッツァ

マルゲリータ(ナポリピッツァの定番) 1,000円
マルゲリータ ドッピォ(チーズ2倍のマルゲリータ) 1,400円
オルトラーナ(野菜たっぷりのピッツァ) 1,500円
アルコバレーノ(アンチョビとリコッタチーズ) 1,400円
ディアボラ(辛口サラミのピッツァ) 1,400円
シチリアーナ(ツナとアンチョビ) 1,300円
バンビーノ(ツナとコーン&生クリーム) 1,300円
カラブレーゼ(サラミと揚げナス) 1,500円
チチネッリ アルガ(しらすと青のり) 1,300円
ボスカイオーラ(自家製ソーセージとキノコ) 1,400円
アントニオ(豚バラ肉と燻製チーズ) 1,500円
マルゲリータ アルフィレット(フレッシュトマトとバジル) 1,300円
クワトロフォルマッジ(濃厚4種類のチーズ) 1,500円
プロシュート エルーコラ(生ハムとルッコラ) 1,700円
マリナーラ(ピッツァの原点) 900円
カプリチョーザ(豚バラ肉とキノコ) 1,500円
チチネッリ(しらすとアンチョビ) 1,300円
ジーノ(自家製ソーセージとナス) 1,500円

【ディナー】ドリンク

ビール(ハートランド330ml) 500円
自家製レモンサワー 500円
角ハイボール 500円
バイスサワー 500円
グラスワイン白(フルーティー) 500円
グラスワイン赤(しっかりめ) 500円
グラスワイン白(さっぱりめ) 500円
グラスワイン赤(軽め) 500円
ボトルワイン 1,500円
コーラ 250円
ジンジャエール 250円
烏龍茶 250円
オレンジジュース 250円
アイスティー 250円
アイスコーヒー 250円

お惣菜やお酒は500円のものがほとんどなので、選びやすいのもポイントのひとつ。

そのほか、「本日のドルチェ」もあります♪

テイクアウトのイメージが強かった同店ですが、その場で食べたり飲んだりできるイートインはなかなか利用しやすいと感じました。

7月下旬からはオードブルの受注に対応

もともとエッセドゥエのときからピッツァやお惣菜に強みのあった同店。ジラソーレは基本的には量り売りをせずにパック売りで1つ500円前後で販売します。

量り売りはどうしても時間がかかってレジで待たされることが多かったですから、パック売りの方が素早く買えるようになったので嬉しいです!

また、テイクアウトで需要の高いオードブルは7月下旬からスタートするとのこと!家族や友人との集まりにはオードブルのような詰め合わせがあると助かりますよね。

焼き窯の魅力に誘われて

ピッツァや惣菜を選んでるときに感じるこのワクワク。それはジラソーレになってからも健在です。

たとえ店に入るときにはすでに頭の中でピッツァが決まっていても、やっぱりどれにしようかと悩んでしまいます。

ピッツァを作っている様子を目の前で見られるのも楽しさのひとつ。

食べに来たのに、帰る頃にはピッツァ職人になりたい!と言い出すお子さんもいるかもしれませんね!(*^^*)

魅力的なお惣菜の詰まったガラスケースと薪の香りのする焼き窯は、視界に入った途端になぜか楽しくなっちゃう。

ひまわりという名のカワイイ店名になってオープンしたジラソーレ。小さなお子さんからお年寄りまで幅広く愛されるお店になることを祈っています♪

【豊洲ピッツァバル GIRASOLE(ジラソーレ)】
■営業時間:11:30〜14:30/16:30〜22:00(L.O.30分前)
※ランチメニューは平日のみ
■定休日:火曜日
■電話番号:03-5534-8502
■住所:東京都江東区豊洲4-7-1 豊洲エム・アイビル(MAP

 

エッセドゥエが閉店して、ジラソーレがオープンした経緯はこちらを御覧ください↓

「エッセドゥエ豊洲店」が閉店へ 店長に理由を聞いてみたら予想外の展開に豊洲の窯焼きピッツァ店「ESSE DUE(エッセドゥエ) 豊洲店」は、2018年7月7日(土)のオープンからもうすぐ4年が経とうとしてい...

いいね!で最新情報Get

関連記事