交通

ミチノテラス豊洲〜成田空港をつなぐ高速バスに乗ってみた!時刻表と運賃・乗り場まとめ

2022年2月25日(金)、京成グループの千葉内陸バスは東京・豊洲の「ミチノテラス豊洲(メブクス豊洲)」と成田空港間をつなぐ高速バスの運行を開始しました。

豊洲市場のすぐ隣に位置するミチノテラス豊洲は4月の本格開業を予定していて、それに先駆けて高速バスが運行を開始。

オフィスビルの「メブクス豊洲」やホテル「ラビスタ東京ベイ」、そして、豊洲市場へのアクセス向上へもつながる高速バスです。

市場前に「ミチノテラス豊洲」が誕生!オフィス&商業ビルの「メブクス豊洲」との出店テナントは最大14店舗にまたまた豊洲に新スポットがオープン!ゆりかもめ・豊洲市場前に、オフィスビルとホテル、バスターミナルなどで構成される複合施設「ミチノテラス...

運行初日、実際にミチノテラス豊洲から高速バスに乗って成田空港第1ターミナルまで乗車してみました。この記事では、乗車する人に向けてなるべく有益な情報をお伝えしたいと思います。

なお、ミチノテラス豊洲は「東京BRT」の発着やこれから設置する船着き場からの船便も計画しており、新しい都市型の道の駅として整備を進めているところです。

ミチノテラス豊洲〜成田空港の高速バス時刻表・乗り場・運賃

時刻表と乗り場

平日・土日祝日ともに、1日に2便(1往復)が運行。所要時間は約70分です。

それぞれの発着時刻表と乗り場は以下のとおり。

*カッコ内は乗り場番号

ミチノテラス豊洲 発

ミチノテラス豊洲(1番) 12:00 発
成田空港 第3ターミナル 13:02 着
成田空港 第2ターミナル 13:05 着
成田空港 第1ターミナル 13:10 着
(ミチノテラス豊洲の乗り場は、ホテル ラビスタ東京ベイ側)

成田空港 発

成田空港 第3ターミナル(10番) 14:05 発
成田空港 第2ターミナル(7番) 14:10 発
成田空港 第1ターミナル(3番) 14:15 発
ミチノテラス豊洲 15:15 着
(成田空港 第1ターミナルの乗り場は1階・3番乗り場)

ミチノテラス豊洲〜成田空港 運賃は1,800円

運賃は1,800円(子ども900円)。

ミチノテラス豊洲から乗車の際には、現金もしくは交通系ICカードでの支払いとなり、事前の予約はできず、直接乗車するかたちです。

バスに乗るときにICカードでピピッと支払うか、現金の場合には成田空港に到着した際に乗務員さんへ支払います。

成田空港からの乗車にはチケットの購入が必要

(成田空港から乗るときには乗車券が必要)

一方、成田空港から乗車する場合には、事前に空港内のチケットカウンターにて乗車券を購入してから乗車します。

必ず乗車前に乗車券を買っておくのを忘れずに。

たとえば、第1ターミナルから乗車するなら、1階の南ウイングにある「ローコストバス(LCB)」のチケットカウンターで購入します。(リムジンバスのチケットカウンターとは異なります)

(第1ターミナルから乗車する際の、チケットカウンターと乗り場の位置)

2022年2月現在、北ウイングのチケットカウンターはお休み。南ウイングの奥にあるチケットカウンターのみ営業しているので注意してください。

(南ウイングの「ローコストバス」チケットカウンター)

成田空港からは交通系ICカードや現金払いでの直接の乗車はできません。

必ずチケットカウンターで乗車券を買ってから乗るようにしてくださいね。

それと、行き先はミチノテラス豊洲ではあるのものの、チケット表記はなぜか「豊洲市場前」。

確かに、ミチノテラス豊洲とりも豊洲市場前の方がわかりやすいけど、表記は統一してほしいと感じました(^_^;)

車内のようす

実際に乗ってみました。バスのシートは、空港高速バスではよくあるタイプです。

横4席のシートで、リクライニング機能やドリンクカップを備え、全席のサイドにUSB端子(Type-A)を完備。スマホの充電などに利用できます。

また、フリーWi-Fiの利用も可能。メールアドレスかSNSアカウントでの登録を行うことで、インターネットへ無料接続できます。試しに速度を測定してみると、下り25Mbps、上り10Mbpsほどで、移動中にメールや原稿の送受信には十分すぎる速度でした。

最後部にはトイレも。乗車時間は1時間ちょっとではあるものの、途中の渋滞などで到着時刻が遅れることもあるでしょうし、もしものときには助かります。

気になる所要時間は、最も距離のある第1ターミナルまで乗ってもわずか58分で到着しました。豊洲市場から成田空港まで約1時間で行けるのですからすごいですね。

運行計画では70分としていますが、道路が空いていたおかげで予定よりも早く着けたのは嬉しかったです。(もちろん道路の混雑状況に左右されます)

豊洲市場と成田空港を乗り継ぎなしでアクセス可能に

そもそもミチノテラス豊洲はオフィスビル「メブクス豊洲」とホテル「ラビスタ東京ベイ」、交通の結節点である「豊洲MiCHiの駅」と同じ敷地にある、複合施設の総称です。

天然温泉にサウナも!眺望大浴場つきホテル「ラビスタ東京ベイ」、豊洲に2022年4月15日オープンへ共立リゾートの運営するアーバンリゾートホテル「ラビスタ東京ベイ」が豊洲に誕生します。 このたび開業日がついに決定し、2022年4月...

そして、この場所は世界最大の魚市場である「豊洲市場」の真横にあるのが大きなポイントとなります。

この高速バスの運行によって、豊洲市場への観光やビジネスに訪れる人にとって成田空港とのアクセスが非常に楽になるのではないでしょうか。

成田空港第1ターミナルの降車場所は4階の7番。

逆に、第1ターミナルでの乗車場所は1階の3番となりますので、間違えないようにお気をつけください。

あとは、運行本数がもっと増えたり、朝や夜にも運行してくれるとなお嬉しいです。

ミチノテラス豊洲〜成田空港

運行に関する問い合わせ先:
千葉内陸バス株式会社 千代田営業所
TEL 043-423-4573

東雲イオン前からも高速バスあり!豊洲駅のリムジンバスは運休中

ちなみに、今回乗ってみた高速バスとは別にある、「豊洲駅」と成田空港をつなぐリムジンバスは新型コロナの影響で運休中(2022年2月現在)。

豊洲〜成田空港を運行するリムジンバス、早くて電車よりもラク!所要時間はわずか1時間豊洲はどこへ行くにもアクセスが良く、非常に便利な場所です。 他所から豊洲へお越しになる際にはぜひ当サイトの「交通」カテゴリをくまな...

また、少し距離が離れますが「東雲イオン前」で乗降できる高速バス(エアポートバス TYO-NRT)もあり、運賃1,300円で成田空港とのアクセスが可能です。

豊洲・東雲イオンから成田空港への高速バス!料金1,300円豊洲は空港へ行く際に便利なバスがいくつか運行しています。 今回はそのひとつ、片道1,300円(小学生は半額)で成田空港まで行けるバ...

いいね!で最新情報Get

関連記事