東京2020大会

【東京五輪】競技を体験できるイベントがお台場・青海で!「2020 FAN ARENA」「2020 FAN PARK」が限定開催

東京オリンピック・東京パラリンピックの競技を、子供から大人まで体験できる無料の体験型イベント「2020 FAN ARENA」と「2020 FAN PARK」が東京・お台場でスタートしました!

開催期間は2021年8月24日(火)〜9月5日(日)。

東京2020大会ではお台場・青海・有明にかけてのエリアを「東京ウォーターフロントシティー」と名付け、競技会場で観戦できなくてもオリンピック・パラリンピックを楽しんでもらおうと企画。パラリンピックの開幕にあわせて開始したのがこのイベントです。

参加対象は東京都民のみ。新型コロナの感染拡大を防止するため、都民に限定しています。

【東京五輪】お台場にパラリンピックのモニュメントが設置され、ライトアップが始まった!2021年8月24日(火)に開会式が行われ、いよいよ開幕する東京パラリンピック。 開幕を間近に控えた20日(金)、東京パラリンピッ...

参加には事前申し込みが必須

「2020 FAN ARENA」か「2020 FAN PARK」か、もしくは両方参加することも可能。その場合には、それぞれの申込みが必要です。

参加には専用Webサイトより事前申し込みが必須。

申し込みの際には、来場期間を選択することで申し込みを開始できます。

入場の際には、申し込み時にメールで届くバーコードの掲示のほか、住所がわかる身分証明証の持参が必要です。

「FAN ARENA」と「FAN PARK」の違い

「2020 FAN ARENA」と「2020 FAN PARK」は、どちらも競技を無料体験できるのがコンセプトですが、体験できる競技が異なったり、展示や公式ショップの有無などけっこう違うので、時間が許すのであれば両方に参加するのがオススメ。

そもそも、どちらも会場が異なります。

「2020 FAN ARENA」

【2020 FAN ARENA】
■会場:東京ビッグサイト青海展示場内(青海駅前)
■内容:

  • ミライトワ フォトスポット
  • ソメイティ フォトスポット
  • トランポリン体験
  • ボート体験
  • フェンシング体験
  • ラグビー体験
  • 陸上競技体験
  • ゴールボール体験
  • 競技用車いす体験
  • 車いすテニス体験(NEC車いすテニスコート)
  • JADA「Play True Planet : Sport&Art」
  • パラリンピックムーブメントコーナー
  • JOC「JOC シンボルアスリート ファンゾーン」
  • ダイバーシティ&インクルージョンコーナー
  • 休憩所

「2020 FAN PARK」

【2020 FAN PARK】
■会場:青海・セントラル広場(ガンダム像の西側)
■内容:

  • パラリンピック シンボル「スリーアギトズ」
  • 車いすバスケットボース体験
  • ボッチャ体験
  • ベースボール5体験
  • 競技用車いす体験
  • ファンパークビジョン
  • ファンウォール
  • 休憩所
  • 東京2020オフィシャルショップ(最大級)

 

実際に「FAN ARENA」と「FAN PARK」に行って競技を体験してきた!

パラリンピックの開会式当日と同じ8月24日に初日を迎えたイベント「2020 FAN ARENA」と「2020 FAN PARK」。筆者は前日に申し込みを入れて、さっそく行ってみることにしました。

なお、申し込みのときから入場は2時間ごとに区切られており、2時間ごとの入れ替え制になっています。

混雑時には整理券方式がとられ、スムーズに体験できないこともあります。できるだけ時間には余裕をもって来場するようにしましょう!

FAN ARENAはトランポリンが最高!

筆者が先に向かったのは「2020 FAN ARENA」。会場はゆりかもめ・青海駅前の「東京ビッグサイト青海展示場」です。

検温とアルコール消毒を済ませ、申し込み時にメールで送られてきたバーコードをスマホで掲示。身分証明書の運転免許証を見せ、手荷物検査を受けた後に入場します。

初日とあってか、また事前の告知がほとんどなかったせいもあって、ほぼ貸し切り。同じ時間帯の一般参加者の姿は10人程度しか見かけませんでした。

さて、体験できる競技はたくさん用意されていますが、「2020 FAN ARENA」で筆者が体験してみたものをご紹介しますね。

ボート

ボート体験は、水の抵抗を実際に感じられるマシンで。オールの代わりに棒を掴み、全身を使ってボートを漕ぎます!

体験できる距離は350m。これが意外と長い。ようやくコツを掴んできたところで、ラストスパート。

最大4人で同時に体験するのですが、このとき一緒に体験したスタッフさんが手加減してくれて、1着でゴール!すごく体力使いますね。これを競技でいつもやってるアスリートたちを本気で尊敬します!

トランポリン

体験できるトランポリンは実際にオリンピックで使われてたもの。めちゃくちゃ跳ねます!

基本的なジャンプからちょっとした技まで体験!ジャンプして両足を広げたり、空中で膝を抱えたり。お尻をついてそのまま立ち上がる技も。

トランポリンを終えたあと、普通の床でジャンプしてみたら、ぜんぜん飛べない不思議な感触も味わいました(笑)クタクタに疲れたけど、めちゃくちゃ楽しかったです!

ゴールボール

ゴールボールはまったく知らない競技だったのですが、目に障がいのある選手が競う競技。体験では、アイマスクで目隠しして挑みます。

足元には凹凸のあるラインが引いてあり、それを足や手で触れて自分の位置を把握しなければなりません。

また、バスケットボールサイズのボールには鈴が入っていて、目以外の感覚を頼りにボールを投げてゴールを狙います!

これがなかなか難しい。どうにか上手くゴールできたけど、選手たちはこれを回転しながら投げるそうで、実際の競技を見るのが楽しみになりました!

競技用車いす

一見すると地味だけど、かなり意外にも良かったのが競技用車いす体験。

一般的な車いすとの乗り心地を比較できるんですが、競技用はとても軽く、左右の小回りもかなり効くんです!一方で、真っ直ぐ進むにはちょっとコツが必要だったかなぁ。

なかなか競技用の車いすに乗る機会はないと思うので、ぜひこれは試してみてほしい!

そのほかの体験や展示

フェンシングやラグビー、陸上競技も体験可能!

ドーピング禁止を学べるJADA「Play True Planet : Sport&Art」では、自分がスマホで作ったメッセージがリアルタイムで表示され、みんなの声が集まる展示も。

のんびりと休める休憩スポットはかなり広々!会場内は涼しいので、熱中症対策も良し。

多様性の大切さやものごとの平等性を学ばせてくれるコーナーや、オリンピック・パラリンピック競技の解説など、さまざまな展示もあってこちらのコーナーも必見です!

ミライトアやソメイティと写真が撮れるフォトスポットもあるよ!

FAN PARKでボッチャに挑戦!巨大な公式ショップも魅力

会場を変え、10分ほど歩いたところにあるのが「2020 FAN PARK」の会場です。

ガンダム像のあるダイバーシティ東京プラザの西側にあります。ゆりかもめ・東京国際ターミナル駅もしくは台場駅が最寄り。

こちらでも同様に、バーコードや身分証明証を見せ、検温と消毒、荷物チェックを行ってから入場です。

記念撮影に!スリーアギトスがお出迎え

さて、入場してすぐにパラリンピックのシンボル「スリーアギトス」との記念撮影ができる!

ぜひ記念にどうぞ♪

ここ「2020 FAN PARK」でもさまざまな体験ができますよ。

ボッチャ

最近はよく競技名を耳にするようになったボッチャ。本来は車いすで行う競技なんですが、体験ではそのままで。

2チームに分かれ、それぞれ赤と青の玉を投げて、どちらが白い玉の近くに自分の玉を置けるかで競います。

自分の玉で相手の玉をどかしたり、邪魔したり、カーリングに似てるかも!初めてにしては上手くできて、異様に褒められました(笑)

「2020 FAN ARENA」にもあった競技用車いす体験は「2020 FAN PARK」にもありました。

車いすバスケも体験できますよ!

「2020 FAN PARK」にも大きな休憩所があって安心。


本来なら、ここでたくさんの企業イベントやキャンペーン、ステージショーなんかもあったんだろうなぁ〜と思いを馳せながら一休み。

また、オリンピック・パラリンピックの最大級となる公式ショップもあります。

これがめちゃくちゃ大きくて、他のショップでは見たことないTシャツやパーカー、サコッシュなどなど種類が半端なく多いのです!

オンラインでは売り切れたあのスニーカーもあった!

支払いにはVISA系のカードと現金が使えます。

この公式ショップへ入店するには「2020 FAN PARK」への参加申し込みが必要なので、お忘れなく!(「2020 FAN ARENA」側に公式ショップはありません)

控えめに言って、最高に楽しい体験です!

いろいろな競技を体験してみた思ったのは、動ける格好で行けば良かったなと後悔。やはり体験型のイベントなので身体を動かしますし、スポーツウェアや汗を拭くためのタオルがあると良いでしょう。

ヤバイなと思ったのがマスク。この日に限ってウレタン製のピタッとしたマスクを着けて行ってしまったので、汗でマスクがくっつき、とても息苦しかったです。足を運ぶ際には、ピタッとくっつかないマスクでどうぞ!

そして、何よりも実際の競技を体験できたことに感謝。お世辞でもなんでもなくて、本気で楽しかったです!

おかげで、今日から始まるパラリンピックへの関心が高まりましたし、今回体験した競技は実際の試合をこのあと見ることでアスリートたちの凄さをより感じられるんだろうなぁ。

また、会場にいたスタッフさんはほとんどボランティアだと思いますが、みんな明るくて丁寧ですし、笑顔で接してくれるのでこちらまで笑顔になりました!

しっかりグッズを買って、楽しい気分で豊洲へ帰ってきましたよ(*^^*)

東京オリンピック・パラリンピックを体験できるイベント「2020 FAN ARENA」「2020 FAN PARK」は2021年9月5日(日)まで開催しています。

東京都民でかつ貴重なこの機会に競技を体験したい方は、ぜひ事前申込をして足を運んでみてはいかがでしょうか。

「2020 FAN ARENA」「2020 FAN PARK」の公式サイトはこちら

いいね!で最新情報Get

関連記事