観光

豊洲で今すぐ見られる早咲きの桜スポット 6選+1

2022年、東京での桜の開花日は3月21日(月・祝)あたりだそうで、この記事を書いている日(3月14日)から約1週間後にはきっとさまざまな場所で桜を楽しめることでしょう。

ソメイヨシノをはじめ、オオシマザクラやカンザクラ、カンビザクラなど豊洲には桜の種類がたくさん!

実をいうと、豊洲ではすでに桜が咲いているスポットがいくつもあるんです!

それも1ヵ所や2ヵ所じゃありません。

そこで、今回は2022年3月14日現在で早咲きの桜が楽しめる豊洲のスポットをご紹介します。

豊洲の早咲き桜スポット

  1. グランアルト豊洲横
  2. 新豊洲さくら広場
  3. 豊洲6丁目第二公園
  4. メブクス豊洲
  5. 朝凪橋
  6. 春海橋公園
  7. ゆりかもめ 新豊洲駅前

グランアルト豊洲横

ここはもう豊洲に住んでいる人なら御存知の方も多いでしょう!

豊洲5丁目のマンション「グランアルト豊洲」横の歩行者通路に咲いている桜たちです。

3月上旬、一般的なソメイヨシノのつぼみがまだまだ小さい時期にここは見頃を迎え、他の桜が満開になったころにはすっかり葉桜になってるくらい本当に早い桜。

スマホを掲げて撮影している方々もけっこう多くいらっしゃいました!

新豊洲さくら広場

木の背丈は小さいながらも、名前のとおり桜並木になっているのがここ。

「東京ガス豊洲スマートエネルギーセンター」から「新豊洲ブリリアランニングスタジアム」まで、細い桜がずらりと並んでいます。きっと十数年後には立派な桜並木に育つことでしょう。

そんななか、なぜか一番運河側にある桜だけが早々に咲いているんです!

他の木はまだ開花する気配がなく、この1本だけが満開。

どうしてなのかわかりませんが、不思議ですね(*^^*) サイタブリアやマギーズ東京などに足を運んだ際にはぜひチェックしてみて!

豊洲6丁目第二公園

いよいよ入居が始まったブランズタワー豊洲と芝浦工業大学附属中学高等学校の間にある豊洲6丁目第二公園。

ここにも桜の木がいくつかありまして、そのうちの数本は開花時期の早いカンヒザクラ。

まるで赤ワインのような濃いピンク色と、鐘のようなスマートな形をした花が特徴です。

もしかしたら桜と気が付かずに素通りしていた方も多いのではないでしょうか!

メブクス豊洲

豊洲市場のすぐ近くに誕生したオフィスビルのメブクス豊洲。

敷地に植樹されたカンザクラは、今年で2回めの春を迎えました。

3月14日現在、メブクス豊洲で桜が咲いているのはここだけ。

オフィス勤務の方々でしょうか。早く咲いた花を見つけると、すかさずカメラを向けていらっしゃいました。

朝凪橋

豊洲と枝川を結ぶ朝凪橋。その豊洲側、マンション「東京フロントコート」の角にある桜の木が1本だけかなり早くから花をつけます。

撮影時にはすでに半分ほど葉が出ていたので、もっと早めに写真を撮りにくれば良かったな〜と後悔。

春海橋公園

豊洲で早咲きの桜といえばここ。豊洲公園に隣接した春海橋公園です。

ここの桜は10月ごろからチラチラ咲いて、花を付けます。

けっして派手ではないけど、心が癒やされるんですよね。

長い期間楽しめる桜のスポットです。いつ咲いて、いつ花が落ちるのか、年間を通じてチェックしてみてください!

TEPCO豊洲

ゆりかもめ新豊洲駅側のTEPCO豊洲前にある桜。

比較的早めに咲く桜でして、例年ならソメイヨシノよりも先に咲くのですが、2022年はちょっと遅いみたい。

↓は過去に撮影したときの写真

ということで、今回これは外しておいて、おまけの+1としておきますね。

今すぐに、今だけ楽しめる、早咲きの桜

以上が豊洲で見られる早咲きの桜たち6選+1です。

これからどんどん豊洲の桜が開花していきますが、今回は今すぐに楽しめる桜を今回ご紹介しました!

たくさんある豊洲の桜スポットをぜひ楽しんでくださいね♪

そして、近日中(明日?明後日かな?)にとよすとから読者の皆さまに桜にちなんだプレゼントをお届けしますので、そちらもお楽しみに!!

過去の桜写真もどうぞ♪

【2021年版】豊洲の桜、3日間かけて満開スポットを巡ったら37箇所になった2021年の春は2020年と同様の最速ペースで桜が開花し、3月22日(月)には東京で満開に。それにあわせるように豊洲エリアの桜も至るとこ...

いいね!で最新情報Get

関連記事