開店・閉店

忍者体験できる!「忍者の里 暁月」が東京・有明ガーデンにオープンを検討、手裏剣投げや刀作り体験も

東京・有明に「忍者の里 暁月(にんじゃのさと あかつき)」をオープンさせる計画が明らかになりました!

場所は商業施設「有明ガーデン」の4階のキッズフロアで、オープン日は2021年4月中旬の予定。

オープンの情報と画像は暁月の公式Twitterほか、YouTubeを参照しました。

※2月21日現在、「忍者の里 暁月」のオープンは正式決定したわけでなく、あくまでも“検討中”の段階とのこと。オープンを告知していた暁月公式Twitterアカウントによる投稿は削除されています。
これにより、弊サイトでは“検討中”のものとして本文全体の表現を変更いたしました。

忍者の里 暁月は忍者を体験できる店

忍者の里 暁月は忍者をコンセプトにした浅草にある体験型飲食店。なかでも、忍者体験では九字護身法・様々な武器の使い方・手裏剣・刀・潜入の修業も楽しめるとあってたいへんな人気です!

2020年9月の4連休には200名を超える参加者が忍者を体験したのだとか!

あの日光江戸村で活躍していたり、劇団員だったり、パフォーマンス集団など、スタッフ全員が殺陣(たて)のプロとあって、本格的な忍者体験が楽しめると“じゃらん子連れ東京エリア”でランキング1位を獲得するほどの人気店に。

そんな忍者の里 暁月が4月中旬に浅草から有明ガーデンへ移転、新たな要素を取り入れてオープンすることになれば、とても期待が高まります!

有明ガーデンの忍者の里 暁月はさまざまな体験が可能になる?

運営会社の暁月によると、現在の浅草店よりも面白くするとし、手裏剣のみの体験や駕籠バス(人力で運ぶ乗り物)、刀作り体験、といった様々なアクティビティも用意するもよう。

また、有明ガーデンのモール棟・屋外にあるステージを使った面白い取り組みにもチャレンジする考えのようで、運営会社は「ワクワクします」とTwitterに投稿していました!

(※2月21日現在、Twitterの該当投稿は削除されています。)

あくまでも上記の一部はまだ決定事項ではなく、こうできたらいいなという構想段階のものですが、きっと楽しいお店になるのではないでしょうか(*^^*)

昨年8月には豊洲の住宅展示場「豊洲まちなみ公園」でもイベントを開催していたんですね!

このところの「鬼滅の刃」の人気もあってか、再び刀や侍、忍者など日本らしい文化が再注目されています。

忍者の里 暁月は、日本伝統と親子の絆、学びと遊びをテーマにしたお店だそうですから、ファミリーや観光客にも喜ばれそうですね!筆者もとてもワクワクします!

有明ガーデン 全205店テナント店舗一覧|丸善や関東最大級のMUJIなど商業施設の出店・フロアMAPまとめ東京都江東区の有明エリアで開発が進められている東京湾岸有明複合開発プロジェクト「有明ガーデン」。2020年6月17日にいよいよオープンし...

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事