イベント

水着でビショ濡れ!新豊洲「ウゴカス」で120mのハイドロスライダーを先行体験

photo-52

いよいよ新豊洲駅前にオープンする体験型テーマパーク「UGOKAS(ウゴカス)」。2015年7月18日(土)の一般公開に先駆けて、16日(木)にはプレスプレビュー(マスコミ向けお披露目会)と先行体験会が行われました。

UGOKASは120メートルの距離を水しぶきを上げながら滑り降りるある2本の「ハイドロスライダー」や、高さと爽快感を体験できる長さ130メートルを滑空する「ジップライン」など、全部で15のアトラクションが楽しめるこの夏ピッタリのテーマパークです。

豊洲エリアの情報を発信する「とよすと」は今回、UGOKASのプレスプレビューに参加。「ハイドロスライダー」も先行体験してきましたので一連の内容をレポートいたします。

photo-45
マスコミ向け発表会に出席した江東区長 山﨑孝明氏は「江東区で開催してくれることに感謝しております。豊洲は新市場や千客万来施設など新しく開発が進んでいる街。UGOKASのようなイベントをきっかけに多くの人に来てもらい、新しい街として認識してもらいたい。」と期待を寄せていました。

photo-3

また、一般社団法人マザー・ニア代表理事 川上美保氏は「働くお母さんたちの力になりたい。子どもたちと一緒になって楽しめるイベントUGOKASを全力で応援していきたい。」とのこと。

photo-4

会場には江東区議会議員 徳永まさひろ氏も来賓していました。

 

ガールズバンド「ルリアン」がUGOKASをサポート

UGOKASオフィシャルサポーター「Le Lien(ルリアン)」も登場。現役モデルを含む4人組の女子高生バンドで、2015年9月2日発売の『がんばり Doki』でメジャーデビューします。

photo-20

ルリアンのメンバーは写真左からMinami(Key)、Shione(Vo・G)、Hikari(Dr)、Karin(Ba)。プレスプレビューでは『虹色ハイジャンプ』を熱唱。とっても可愛い姿をマスコミ陣に披露してくれました。

photo-8

ライブの後にハイドロスライダーを体験することになっているShioneさんは「120メートルとは聞いていたんですが実際に見てみるとすごく遠くて、大丈夫かな?とちょっと心配です。」と、早くも緊張している様子でした。

photo-11

ちなみに、ルリアンは週に1度UGOKASの会場にてライブを開催するとのことですので、ご来場の際にはぜひ楽しんでみてくださいね。

photo-10

さらに、UGOKAS体操プロジェクトの始動が発表され、新日本プロレスメディカルトレーナーの三澤威氏が登場しました。

photo-13

UGOKAS体操は準備運動、筋力トレーニング、体幹トレーニング、武道やスポーツの型を取り入れた体操を楽しくできるようになっている体操で、「体ウゴカスは頭からフレーズが離れない恐ろしい曲です。」とのこと。UGOKASの会場では毎日14時にUGOKAS体操が実施されます。YouTubeにアップされる動画を含めて5万人の参加を目指します。

ジャージ姿に着替えたルリアンは三澤氏と一緒にUGOKAS体操を披露。

photo-15 photo-16

Karinさんは「すごく楽しい体操なので、小さい子から大人まで楽しめると思います。」とコメントしていました。

photo-17

 

お腹が空いたらフードメニューも!

会場では数々のグルメが味わえるフード店舗もあります。

photo-42

タニタ食堂が500kcal以下のランチボックスやアイスコーヒー、人参のムースケーキを提供。
花畑牧場ではホエー豚丼や北海道産の生乳を使用したかき氷、ジンギスカンが味わえます。
Resort Dinning Juppyではグリーンカレーのほか、話題の牛トロフレーク丼、トルティーヤ、コナビールなどを提供しています。
食べにおいでよ!おいしいよ!では、ホルモンビーフカレーや牛すじ煮込み、自然の甘さのドリンク・デトックスウォーターなどを食すことができます。

photo-27

これらをKarinさんとMinamiさんが試食。おいしそうに召し上がっていました!

photo-32

 

UGOKASの15ものアトラクションを紹介!

ここからはUGOKASのアトラクションをご紹介します。実際にルリアンの4人が各アトラクションを体験。文字通り、体を張ってチャレンジしていましたよ!

photo-47

目玉アトラクションの1つ「ハイドロスライダー」にはShioneさんとHikariさんが挑戦。

photo-51

緊張する表情を見せるHikariさん。

photo-50

でも、一気に滑り降りるときには余裕のピース!とっても気持ちよさそうでした!

photo-53

その奥には高所系アトラクションの「ゼロショック」「ウォールクライマー」「ブレイブジャンプ」が立ち並びます。

photo-57

 

ここではMinamiさんが「ゼロショック」を体験。

photo-63

 

命綱無しで6メートルの高さから飛び降りるという最新の絶叫アトラクションだそうですが、さすがに上から見ると怖いのか、足がすくんでしまうようです(笑)

photo-60

でも、意を決して一気にジャンプ。若さと女の意地を見せてくれましたよ!

photo-62

この高所系のすぐ手前には「水鉄砲エリア」もあります。思いっきり水鉄砲を撃ちまくって楽しみましょう!

そして、こちらも人気が出そうな「ジップライン」。この高さから130メートルの距離をロープにぶら下がりながら滑空していく爽快なアトラクションです。

photo-66

ジップラインにはKarinさんが挑みます!が、ちょっとビビってますね(笑)早くもスリルを味わっている様子です。

photo-67

ヘルメットと安全ベルトを装着して、いざ!

photo-76

もう目も開けていられないみたいです。

photo-78

目を開けていたら、晴海方面の景色が楽しめると思いますので、ぜひ皆さんは目を開けて飛んでくださいね!

photo-79

そのほか、水上を巨大風船で転がったり、歩きまわる「ウォーターバウンダー」は涼しげで暑い日にはピッタリ。

photo-83 photo-82

水上をこいで進む「パドルボート」も。

photo-44 photo-108

「スライダープール」では4つのスライダーを滑ったり、プールで水遊びが楽しめます。

photo-85 photo-100

6万個という凄まじい数のボールで遊べるのが「ボールプール」。

photo-80

お子様も楽しめる「アニマルライド」。

photo-81

 

空中を進んでいく珍しいタイプのアスレチック「エアウォーカー」も面白そうです!

photo-69

さらには、最大7メートルまでジャンプできる「ハイパージャンプ」。

photo-70

このブルーのメッシュ状のエリアは「じゃぶじゃぶ迷路」。その名のとおり迷路になっているのですが、なんと、水が吹き出てくるというアクシデント付き!

photo-103

そのほか、「キッズアートボード」ではお子さんも大人も夢中になって落書きしまくれるエリアもありますよ!

 

シャワーや更衣室も完備!でもちょっと狭い?

UGOKASの会場には更衣室があり、コインロッカー(300円〜500円)、シャワーも完備。ただ、それほど広くなく、個室のシャワーは2つのみです(男性更衣室内で確認。女性側は未確認)。UGOKASは人気なテーマパークとなりそうな予感がしますので、混雑時には着替えやシャワーは苦労しそうな気がします。

photo-46

また、アトラクションによってはサンダル(クロックスタイプを含む)が禁止のアトラクションもあるので、濡れてもいいスニーカーか1,000〜2,000円程度で買えるマリンシューズを履いて行くことをオススメします。

ところどころにある自販機でドリンク類を購入できるほか、ZOJIRUSHI提供のクーラーが設置された休憩のできる「オアシススポット」もあります。

 

超たのしい!この夏、絶対に行った方がいいUGOKAS

なお、筆者も「ハイドロスライダー」を体験してみました。浮き輪に乗って、スタッフさんが押して勢いをつけてくれるのですが、自分で走ってそのまま滑ってもOK。あまりにも気持ちがいいので、何度も楽しんでしまいました!

チケットは価格が少々お高い気がしますが、ものすごく楽しめるテーマパークだと思います。都会でこんな爽快な遊びができるところって珍しいでしょうから、きっと思う存分に夏を満喫できますよ!

ぜひ、遊びに行く際には、マリンシューズとタオル、着替え、日焼け止めをお忘れなく。

photo-90 photo-94

 

最後にフォトギャラリーとして当日撮影した写真を掲載しておきますね。開催概要は文末を御覧ください。

photo-74 photo-36 photo-23 photo-2 photo-54 photo-48 photo-87 photo-88

 

photo-93 photo-98 photo-102 photo-110 photo-92 photo-96

【UGOKAS(ウゴカス)開催概要】
開催期間:2015年7月18日~8月31日
時間:10時〜18時
(ビアガーデンは18時30分〜21時30分・要予約)
場所:東京都江東区豊洲6-4 特設会場(地図
駐車場:コインパーキングが周囲に多数あり
最寄り駅:ゆりかもめ新豊洲駅 徒歩30秒・有楽町線豊洲駅 徒歩15分

当日チケット
入場券:1,500円(小学生以下1,000円)
フリーパス:4,800円(小学生以下3,800円)
フリーパス夕方3時間券:2,800円(小学生以下2,600円)※15時〜18時
※そのほか、アトラクション単品チケットもあり。

前売りチケット
入場券:1,400円(小学生以下900円)
フリーパス:4,400円(小学生以下3,600円)
※前売りチケットはローソンチケットで販売中。

【UGOKAS(ウゴカス) 関連記事】
オープン直前の新豊洲「UGOKAS(ウゴカス)」を写真で解説!更衣室やシャワー、ロッカーもあり
ウォータースライダーだけじゃない!新豊洲「ウゴカス」は空中をすべるジップラインも面白そう!
夏は新豊洲の「ウゴカス」へ!120mのウォータースライダーなど15のアトラクションが体験できるテーマパーク

※当サイトにはメディアにのみ許可された写真が一部含まれています。まとめサイト、他のサイト、ブログに関わらず、当サイトに掲載の写真について転載・盗用を一切認めておりません。

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事