ニュース

SHARPのマスク、ネットで抽選販売へ!個人で50枚まで、販売数は毎日3,000箱

全国的なマスク不足に対応するため、三重県の工場で不織布マスクの製造を開始したシャープ。

基本的には政府への納入を優先して製造してきましたが、このほど一般消費者向けにインターネットを通じた不織布マスク「MA-1050」の販売を開始しました。

ただ、4月21日(火)より先着で販売を開始するとサーバーがダウンし、エラー。

そこでシャープは4月27日(月)より抽選販売の実施へと舵を切りました。

販売するマスクは50枚1箱で、価格は2,980円(税別)。1箱単位での販売となります。

シャープのマスク購入方法

販売はインターネット(シャープのマスク販売専用サイト「SHARP COCORO LIFE」)のみ。購入できるのは1人につき1箱(50枚)まで。

抽選販売の第1回となる2020年4月27日(火)は23時59分まで受け付け。当選数は3万箱です。結果は29日までにメールで通知。

購入や送料について

  • 無料の会員登録が必須(いつでも退会可能)
  • マスク50枚の価格は2,980円(税別)
  • 送料は全国一律660円(佐川急便)
  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • 注文日の翌営業日に出荷、2〜7日でお届け(海外発送は不可)

購入には会員登録が必須です。

すでに多くのマスクを保有している方は、購入を控えるようにしてください。

シャープ製マスクの特長

基本的には他のマスクと同等の性能があるようです。なお、性能とは関係ありませんが、「SHARP」のロゴが付いています。

  • 液晶パネルも製造可能な、三重県多気工場クリーンルームで製造
  • ウィルス飛沫や微粒子も 99%カット
  • PM2.5や花粉の侵入を防ぐ「99%カットフィルター」を採用
  • 鼻のラインにフィットするノーズフィッター採用
  • マスク正面の右下に「SHARP」のロゴ入り
1日あたりの販売数

■発売当初:3,000箱/日(15万枚/日)
■生産能力増強後:10,000箱/日(50万枚/日)目標

これでマスクの在庫が回復へ

現在、日本で販売されているマスクの8割は中国産と言われています。そのようななか、シャープのマスクは当然ながら日本国内生産。また、シャープが初めて手掛けるマスクということで、モノ珍しさから注目を浴びそうです。

ただ、先にも述べたとおり、本当に必要な方に行き渡るようネット販売を行うわけですから、不必要な方の購入はお控えくださいね。

シャープのマスク販売専用サイト
SHARP COCORO LIFE

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事